カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

ラグビー

ラグビー・ワールドカップ2019ベスト・ゲーム10

日本で開催された第9回ラグビー・ワールドカップが幕を閉じた。 台風のため3試合が中止になったのはマイナス点だが、それでも45試合で約170万人の観衆を集め、99.3%のチケットが売れたうえに、ファンゾーンには史上最多となる約113万7千人も…

「笑わない男」稲垣啓太と倉持明日香、そして小橋建太との三角関係!?

熱愛報道があった稲垣啓太と倉持明日香。その間に小橋建太が割って入った!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

驚くほど地味だった!?第1回ラグビー・ワールドカップ

11月2日(土)、第9回ラグビー・ワールドカップ日本大会の決勝が横浜国際総合競技場で行われ、南アフリカ(スプリングボクス)がイングランドを32-12で破り、ニュージーランド(オールブラックス)に並ぶ3度目の優勝を果たした。 日本で、これほど…

日本戦以外でも盛り上がるラグビー・ワールドカップと、昭和プロレス

ラグビー・ワールドカップでは、日本戦以外でも高視聴率をマークし、会場も満員の盛況だった。日本人選手がいなくても盛り上がるのは、昭和プロレスのファンが最初だったかも知れない。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に…

ブレイブ・ブロッサムズと龍原砲

ラグビー・ワールドカップで素晴らしい感動を与えてくれた日本代表。その精神は、龍原砲に通ずるものがあった。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラグビーにおける、レフリーの歴史

元々ラグビーには、レフリーがいなかった!?ラグビーと似た競技がプロレスである。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラグビー・ワールドカップとプロレス

ラグビー・ワールドカップにおけるファン・サービス。これがプロレスにも反映されるか? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ワールドカップが花園にやってきた!

10月3日(木)、東大阪市花園ラグビー場でラグビー・ワールドカップのフィジー×ジョージアが行われた。 本当に花園で、W杯の試合が行われるとは、感慨深いものがある。 もっとも、花園でW杯の試合が行われるのはこの日が初めてではなく、既に2試合が行わ…

ラグビーと三沢光晴

ワールドカップで沸き返る日本列島。日本代表と三沢光晴に共通点があった!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

明治大の重戦車FW、「前へ」最後の世代・鈴木KENSO

明治大ラグビー黄金時代の最終世代・鈴木健三。卒業後は「前へ」突き進み、プロレスラーとなってKENSOに変身した。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

巨漢ながら俊足のロック、グレート草津

グレート草津は昭和30年代最強を誇った八幡製鐵のLO。現在だったら世界最高峰のWTBだった!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラガーマン:阿修羅・原

阿修羅・原はどんなラガーマンだったのか?ラグビーの解説付き! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

クリケットの国でベースボール

今年(2019年)6月29、30日の2日間、メジャー・リーグ・ベースボール(MLB)がイギリスのロンドンに遠征して、ニューヨーク・ヤンキース×ボストン・レッドソックスの2連戦が行われた。 イギリスはもちろん、ヨーロッパでMLBの公式戦が行わ…

RIZINの生放送で、ダウン・シーンがCMに潰された!

RWC日本×カナダの中継で、日本代表の劇的なトライ・シーンがカットされたことがあった。 プロレス界の隠語「石炭をくべる」とは? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。も…

花園の採点

今年(2019年)の秋、日本でラグビー・ワールドカップ(RWC)が開催される。 その会場の一つとなっているのが、高校ラガーマンの聖地と言われる東大阪市花園ラグビー場だ。 花園ラグビー場はRWCに向けて大幅なリニューアルを行い、それが完成した…

新生・花園ラグビー場の杮落とし

10月26日、東大阪市花園ラグビー場に行った。 来年(2019年)に花園がラグビーのワールドカップの会場となるため、新装されたのである。 この日が、その杮落としとなった。 行われる試合は、日本代表XV×世界選抜。 ワールドカップでベスト8を目指す…

ラガーマンから国際プロレスのエース?グレート草津

バックドロップ事件から11年後、健闘を称え合うルー・テーズとグレート草津ニコニコ動画キャプチャー画像より http://www.nicovideo.jp/watch/sm28647916 伝説のラガーマン、巨漢ロックからプロレスラーに転じたグレート草津。 国際プロレスのエースと期待…

ラグビーマガジンとラグビー・リーグ

現在発売中のラグビーマガジン6月号、104ページに僕が書いた文章が載っています。 例によって、ラグビー・リーグに関する記事と写真です。 写真も例によって、プレイ・ザ・ボールの場面ですね。 その写真を使わないと、1枚の写真ではラグビー・リーグと…

阿修羅・原が亡くなってもう3年……

3年前の2015年4月28日、阿修羅・原が亡くなりました。当時、ラグビーマガジンに追悼記事を書いたが、ラグマガに『天龍源一郎』の名前が載ったのは、あのときが最初で最後だろうなあ……。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めます…

ラグビー・リーグが大阪にやって来た!

3月25日、大阪府枚方市の大阪国際大学・枚方キャンパスでラグビー・リーグの試合が行われた。 関西雷×ウエストミックスの試合である。 関西でリーグの試合が行われるのは年に1回程度。 締め切りが迫っていた原稿そっちのけで、この機会を逃すまいと出か…

大阪出身のプロレスラーはなぜ少ない!?

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

ウェブ・エリス・カップ

2019年に日本で第9回ラグビー・ワールドカップが開催される。 現在、その優勝トロフィーが日本中を巡回しており、10月12日にJRの大阪駅、14日には大阪府吹田市の万博記念競技場にやって来た。 ラグビーの場合、ワールドカップの優勝トロフィー…

ラグビーマガジンにラグビー・リーグが載った!②

ラグビーマガジン 2017年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 発売日: 2017/07/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ラグビーマガジン(ベースボール・マガジン社)の2017年9月号の105ページに、筆者が書いた記事…

2017ラグビー・リーグ関西ディビジョンR1@大阪国際大学・枚方キャンパス

6月18日、大阪府枚方市にある大阪国際大学・枚方キャンパスで、ラグビー・リーグのJRLナショナル・カップ2017関西ディビジョン第1ラウンドが行われた。 ラグビー・リーグというのは、五郎丸歩らがプレーしている15人制やオリンピック種目になっ…

なぜオフサイドではないのか?

ヨーロッパで行われているラグビーのシックス・ネーションズ(6ヵ国対抗)のイングランド×イタリアで、物議を醸すプレーがあった。 イタリアの戦法がオフサイドではないか?と議論を呼んだのである。 www.youtube.com 上の映像を見ると、タックルが成立した…

華麗なるステップで駆け抜けた人生⑦~引退、そして代表監督へ

前回からの続き。 8連覇ならず 1995年度のシーズン前、平尾は同志社大学の同期で、ライバルであるサントリー(現:サントリー・サンゴリアス)の土田雅人に相談を受けていた。 震災直後に、土田は平尾に会うためにわざわざ東京から大阪にやって来たのだ…

華麗なるステップで駆け抜けた人生⑥~7連覇と暗黒時代

前回からの続き。 ミラクル・トライとキャプテン交代 1991年に行われた第2回ワールドカップから半年前に時計の針を戻す。 同年の1月8日、神戸製鋼(現:神戸製鋼コベルコ・スティーラーズ)は全国社会人大会決勝で三洋電機(現:パナソニック・ワイル…

アドバンテージ・オーバー

週刊ベースボールの1月30日号「ルール教室」のコーナーで、こんな質問が載っていた。 二死一、二塁で、投手がセットポジションから静止せずに投球したため球審がボークを宣告、しかし打者はその球を打って外野を抜ける長打となった。 打者走者は二塁に達…

華麗なるステップで駆け抜けた人生⑤~宿沢ジャパン平尾組の栄光

前回からの続き。 どん底のジャパン 「スコットランドには、勝てると思います」 日本代表の監督に就任したばかりの宿沢は、記者会見でそう言い放った。 1989年5月28日に予定されていたスコットランド戦、その抱負を訊かれた時の言葉である。 これはト…

ラグビーの背番号が持ち番号制に!?

スポーツの世界において、背番号は重要な意味を持つ。 背番号とはその選手にとって、名前そのものであり貌でもあるからだ。 プロ野球で背番号3といえば長嶋茂雄、背番号1は王貞治を思い浮かべる人は多いと思う。 この両番号は、読売ジャイアンツの永久欠番…