カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

ラグビー

新生・花園ラグビー場の杮落とし

10月26日、東大阪市花園ラグビー場に行った。 来年(2019年)に花園がラグビーのワールドカップの会場となるため、新装されたのである。 この日が、その杮落としとなった。 行われる試合は、日本代表XV×世界選抜。 ワールドカップでベスト8を目指す…

ラガーマンから国際プロレスのエース?グレート草津

バックドロップ事件から11年後、健闘を称え合うルー・テーズとグレート草津ニコニコ動画キャプチャー画像より http://www.nicovideo.jp/watch/sm28647916 伝説のラガーマン、巨漢ロックからプロレスラーに転じたグレート草津。 国際プロレスのエースと期待…

ラグビーマガジンとラグビー・リーグ

現在発売中のラグビーマガジン6月号、104ページに僕が書いた文章が載っています。 例によって、ラグビー・リーグに関する記事と写真です。 写真も例によって、プレイ・ザ・ボールの場面ですね。 その写真を使わないと、1枚の写真ではラグビー・リーグと…

阿修羅・原が亡くなってもう3年……

3年前の2015年4月28日、阿修羅・原が亡くなりました。当時、ラグビーマガジンに追悼記事を書いたが、ラグマガに『天龍源一郎』の名前が載ったのは、あのときが最初で最後だろうなあ……。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めます…

ラグビー・リーグが大阪にやって来た!

3月25日、大阪府枚方市の大阪国際大学・枚方キャンパスでラグビー・リーグの試合が行われた。 関西雷×ウエストミックスの試合である。 関西でリーグの試合が行われるのは年に1回程度。 締め切りが迫っていた原稿そっちのけで、この機会を逃すまいと出か…

大阪出身のプロレスラーはなぜ少ない!?

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

ウェブ・エリス・カップ

2019年に日本で第9回ラグビー・ワールドカップが開催される。 現在、その優勝トロフィーが日本中を巡回しており、10月12日にJRの大阪駅、14日には大阪府吹田市の万博記念競技場にやって来た。 ラグビーの場合、ワールドカップの優勝トロフィー…

ラグビーマガジンにラグビー・リーグが載った!②

ラグビーマガジン 2017年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 発売日: 2017/07/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ラグビーマガジン(ベースボール・マガジン社)の2017年9月号の105ページに、筆者が書いた記事…

2017ラグビー・リーグ関西ディビジョンR1@大阪国際大学・枚方キャンパス

6月18日、大阪府枚方市にある大阪国際大学・枚方キャンパスで、ラグビー・リーグのJRLナショナル・カップ2017関西ディビジョン第1ラウンドが行われた。 ラグビー・リーグというのは、五郎丸歩らがプレーしている15人制やオリンピック種目になっ…

なぜオフサイドではないのか?

ヨーロッパで行われているラグビーのシックス・ネーションズ(6ヵ国対抗)のイングランド×イタリアで、物議を醸すプレーがあった。 イタリアの戦法がオフサイドではないか?と議論を呼んだのである。 www.youtube.com 上の映像を見ると、タックルが成立した…

華麗なるステップで駆け抜けた人生⑦~引退、そして代表監督へ

前回からの続き。 8連覇ならず 1995年度のシーズン前、平尾は同志社大学の同期で、ライバルであるサントリー(現:サントリー・サンゴリアス)の土田雅人に相談を受けていた。 震災直後に、土田は平尾に会うためにわざわざ東京から大阪にやって来たのだ…

華麗なるステップで駆け抜けた人生⑥~7連覇と暗黒時代

前回からの続き。 ミラクル・トライとキャプテン交代 1991年に行われた第2回ワールドカップから半年前に時計の針を戻す。 同年の1月8日、神戸製鋼(現:神戸製鋼コベルコ・スティーラーズ)は全国社会人大会決勝で三洋電機(現:パナソニック・ワイル…

アドバンテージ・オーバー

週刊ベースボールの1月30日号「ルール教室」のコーナーで、こんな質問が載っていた。 二死一、二塁で、投手がセットポジションから静止せずに投球したため球審がボークを宣告、しかし打者はその球を打って外野を抜ける長打となった。 打者走者は二塁に達…

華麗なるステップで駆け抜けた人生⑤~宿沢ジャパン平尾組の栄光

前回からの続き。 どん底のジャパン 「スコットランドには、勝てると思います」 日本代表の監督に就任したばかりの宿沢は、記者会見でそう言い放った。 1989年5月28日に予定されていたスコットランド戦、その抱負を訊かれた時の言葉である。 これはト…

ラグビーの背番号が持ち番号制に!?

スポーツの世界において、背番号は重要な意味を持つ。 背番号とはその選手にとって、名前そのものであり貌でもあるからだ。 プロ野球で背番号3といえば長嶋茂雄、背番号1は王貞治を思い浮かべる人は多いと思う。 この両番号は、読売ジャイアンツの永久欠番…

2つのオフサイド

先日、朝日新聞にラグビーのルールに関する記事が書かれていた。 その記事を引用してみる。 (前略)味方がキックした瞬間に、その選手のいる位置が「オフサイドライン」になる。そのラインより前にいる選手が、捕球した相手にタックルするなど、プレーに関…

華麗なるステップで駆け抜けた人生④~常勝軍団への軌跡

前回からの続き。 万年優勝候補 イギリスから日本に帰国した平尾は、社会人の有力チームである神戸製鋼(現:神戸製鋼コベルコスティーラーズ)に入社した。 神鋼は、平尾が同志社大を卒業した翌年度(1985年度)の全国社会人大会準決勝で、8連覇を目指…

大学スポーツの歴史と地域格差

日本のスポーツは明治時代、欧米から輸入されて学生を中心に発展してきた。 いわば、日本のスポーツは学生(大学)が支えて来たわけだが、多くの学生スポーツは関東の大学が中心で、地域格差を生んできた感は否めない。 たとえば、現在最も人気がある大学ス…

華麗なるステップで駆け抜けた人生③~イギリスで受けたカルチャー・ショック

前回からの続き。 イギリスへ旅立つ 同志社大学を卒業した平尾誠二は、就職せずにイギリスへ旅立った。 大学時代に三連覇を経験し、日本代表としても充分な実績を挙げていた平尾なら、日本の企業から引く手あまたのはずだが、平尾はそれらを蹴ってしまった。…

華麗なるステップで駆け抜けた人生②~自由なラグビーとの遭遇

前回からの続き。 オモロないラグビー 京都市立伏見工業高校(現在は京都工学院に統合)を主将として全国優勝に導いた平尾誠二は1981年、鳴り物入りで関西の名門・同志社大学に入学した。 大学ラグビーは東高西低のイメージが強いが、当時の同大はその年…

華麗なるステップで駆け抜けた人生①~楕円球との出逢い

2016年10月20日、ミスター・ラグビーとも称された平尾誠二さんが53歳という若さで逝去されました。 故人の死を悼み、追悼記事を連載します。 (文中敬称略) 引っ込み思案だった子供の頃 平尾誠二は1963年1月21日、京都市で生まれた。 子供…

平尾誠二さん死去……

数年前に、こんな記事を書きました↓ http://menzine.jp/trivia/hiraoseiji0624/ あまりにも早すぎる死でした。 謹んで、ご冥福をお祈りします。

テストマッチとは?

日本時間の6月12日、カナダのバンクーバーでラグビーのカナダ×日本が行われ、日本代表が26-22で勝利した。 昨年(2015年)のワールドカップ以来、日本でも急速にラグビーに対する認識が高まったのは周知のとおり。 だが、まだ一般には浸透してい…

ラグビーマガジンにラグビー・リーグが載った!

ラグビーマガジン(ベースボール・マガジン社)の2016年6月号の98ページに、筆者が撮影した写真が掲載された。 ラグビーマガジン 2016年 06 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社 発売日: 2016/04/25 メディア: 雑誌 この商品を含む…

ラグビー・リーグin大体大

3月13日、大阪府南部の熊取町にある大阪体育大学で、ラグビー・リーグの試合が行われた。 大体大といえばラグビーの名門で、全国大学選手権でベスト4経験がある強豪校だ。 「ヘラクレス軍団」と呼ばれ、鍛え上げられた強力フォワード(FW)が自慢で、…

ラグビー今昔物語

2月27日は日本ラグビー界にとって画期的な日となった。 東京・秩父宮ラグビー場でスーパーラグビーの公式戦、サンウルブズ×ライオンズが行われたのである。 スーパーラグビーといえば南半球のSANZAR主催の、ニュージーランド、オーストラリア、南ア…

ラグビーとアメリカン・フットボール

先日、『「猫だまし」が何故いけないのか』という記事を書いたが、少なからず反響があったようだ。 ある人からは、こんな意見を戴いた。 『とりあえず「相撲の文化」として「横綱の猫だましがなぜ許されないか」は分かった。でも、筆者の「スポーツ」の定義…

醜態を晒した日本ラグビー協会

いったい何なんだ?この光景は!? テレビ画面を見て、そう思った。 ラグビー・トップリーグ開幕戦でのことである。 今年(2015年)にイングランドで行われたラグビー・ワールドカップで日本代表は、優勝候補の南アフリカ(スプリングボクス・今W杯では…

「ビデオが間違っている!」

イングランドで行われている第8回ラグビー・ワールドカップ(RWC)もいよいよ佳境に入って来た。 ベスト4が出揃い、オーストラリア(ワラビーズ)、南アフリカ(スプリングボクス)、ニュージーランド(オールブラックス)、アルゼンチン(ロス・プーマ…

ナショナリズム

イングランドで行われているラグビー・ワールドカップで、日本代表は優勝候補の南アフリカ(スプリングボクス)を34-32で破り、世界を驚愕させた。 なにしろ日本代表はこれまで、ワールドカップで1勝21敗2分という惨憺たる成績だったからである。 …