カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

グローバル・レスリング連盟と日本列島プロレス連盟って何?

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

井上尚弥に惨敗の日本プロレスリング連盟

週刊ファイトにコラムを書きました。 無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

見よ 空高く 輝く光

奈良県北中部に位置する宗教都市・天理市。 言うまでもなく、天理教の総本山だ。 敷地内には野球・ラグビー・柔道・フィールドホッケーなどで有名な天理高校および天理大学がある。 しかし、天理市は単なる宗教都市ではない。 グルメ・シティとしても名を馳…

プロレスラーの社会人教育

週刊ファイトにコラムを書きました。 無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

甲子園歴史館

遅ればせながら、今年(2024年)の3月20日に阪神甲子園球場に行ってきた。 コロナ以来、甲子園に来るのは久しぶりである。 この日は第96回選抜高等学校野球大会の一回戦が行われていた。 本当に久しぶりの甲子園。 いつものように阪神電鉄本線の大…

桜と言えば大和高田

ネタランではすっかりお馴染みになった、奈良県大和高田市を流れる高田川の千本桜。 昨年に引き続き、今年も行ってまいりました。 今年は開花が遅かったのですが、それが却って幸いし、日曜日の4月7日にちょうど満開を迎えたのです。 ちょっと曇りがちだっ…

無意味な日本プロレスリング連盟

週刊ファイトにコラムを書きました。 無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

死亡事故が続くプロレス界

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

テレビに映りました

テレビの生中継に映りました。 3月13日の水曜日、この日は定期検診で仕事は休んだけど、関西テレビ『よーいドン』と『ららぽーと堺』のコラボ企画があったので、病院へ行く前にららぽーと堺へ行ったら、ちょうど生中継が始まって、『オカヤスイーツ』こと…

「精神と時の部屋」は実在する!?

今年(2024年)の3月1日、漫画家の鳥山明さんが68歳という若さで亡くなった。 鳥山先生の代表作と言えば「Dr.スランプ」そして「ドラゴンボール」である。 どちらも奇想天外な漫画だが、「ドラゴンボール」には「精神と時の部屋」という摩訶不思議な…

鳥山明さんとスタン・ハンセン

週刊ファイトにコラムを書きました。 無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

プロ野球とプロレスが歩んだ道

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

大和民俗公園の梅林

ここ数日は、2月とは思えないほどの暖かさとなっていますが、奈良県北西部の大和郡山市にある奈良県立大和民俗公園の梅が見頃を迎えています。 大和民俗公園はアジサイで有名な矢田寺の近くにあり、公園内には梅林や菖蒲園など植物の他に、民俗博物館や民家…

棚橋弘至の俳句と消しゴムはんこ

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

松ちゃん問題、NHKと吉本興業

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

新快速で大阪から敦賀へ

今年(2024年)の3月16日、北陸新幹線が延伸してくる福井県の敦賀駅。 JR西日本の北陸本線および小浜線に属する駅だ。 福井県なので当然のことながら北陸地方なのだが、大阪はおろか兵庫県最西端の上郡駅から特別料金不要の新快速に乗ると直通で敦…

オカダ・カズチカが海外流出

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

災害で始まった2024年

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

棚橋弘至、新日本プロレス社長就任

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

週刊ベースボール2023_年間ボ共ベストナイン

週刊ベースボール(ベースボール・マガジン社)の名物コーナーであるボールパーク共和国(通称:ボ共)。 読者投稿による野球ネタのお笑いコーナーです。 不肖・私こと安威川敏樹が、2023年度のボ共ベストナインに選ばれました!(週刊ベースボール20…

日本プロレスリング連盟

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

2つの日本選手権 at 京セラドーム大阪

故・山際淳司さんの著書に「最後の夏」(マガジンハウス、角川文庫版では「男たちのゲームセット」)という作品がある。 今から50年前の1973年のプロ野球(NPB)セントラル・リーグ、前人未到の9連覇を狙う読売ジャイアンツと、それを阻止せんとす…

プロレス大賞はレコード大賞!?

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

パワハラ天国ニッポン

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

一休寺の紅葉とアントニオ猪木

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

ファンの暴動

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

ワールドメイプルパーク「奈良カエデの郷『ひらら』」

秋と言えば紅葉です(秋桜もありますが)。 紅葉の代名詞的な木と言えば楓(カエデ)。 そんなカエデを堪能できるスポットが奈良県宇陀市にあります。 それが、ワールドメイプルパーク「奈良カエデの郷『ひらら』」です。 『ひらら』には、世界格国から集め…

コスモスに君と

奈良県橿原市にある、日本最古の条坊制を敷いた都・藤原京。 その規模は、後に遷都した平城京や平安京を上回ると言われています。 現在では藤原宮跡として整備されました。 この季節の藤原宮跡は、秋桜(コスモス)が見頃。 そんな小春日和の、というよりInd…

こちらがホントの「アントニオ猪木をさがして」映画評

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

アントン映画

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net