カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

週刊ファイト

大巨人コンビ

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

時代を映し出す、プロレス団体名の変遷

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

2023年のプロレス

2023年、プロレス界は正念場を迎える↓ miruhon.net

夏井先生、毒舌で那須川天心を完全KO!

那須川天心が「プレバト!!」に登場!夏井先生の毒舌の餌食になる!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

健介とデルフィンの高校時代

週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

日本人はプロレスがお好き?

なぜかプロレスが大好きな日本人。その秘密に迫る。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の…

アントニオ猪木「列伝」

週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

僕にとってのアントニオ猪木

週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

マット界をダメにした奴ら~全日本プロレス

「マット界をダメにした奴ら」第23回は全日本プロレス。今年の10月に50周年を迎える老舗団体。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕…

「探偵!ナイトスクープ」でのプロレス感動秘話!

「探偵!ナイトスクープ」で実現!? 病気でプロレスラーになる夢を断念した青年が、元同僚のSB KENToと対決! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

那須川天心が無人島から脱出!?

那須川天心がTBS系「アイ・アム・冒険少年」に出演。 脱出島に挑む。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

スタン・ハンセン、山本由伸ばりの快速球!?

京セラドーム大阪でのオリックス・バファローズvs.福岡ソフトバンク ホークスの天王山、“不沈艦”スタン・ハンセンが特別始球式に登場! さらに、絶好調のソフトバンク打線を完封!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓…

街かど★トレジャーに大阪プロレス

読売テレビのニュース番組「ten.」の人気コーナー「街かど★トレジャー」に大阪プロレスが登場!大阪プロレスが自ら番組に応募するという、素人並みの行動(^^;) 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも読めます↓ miruhon.net

マット界をダメにした奴ら~日本プロレス

「マット界をダメにした奴ら」第22回は日本プロレス。力道山が設立した、事実上の日本最古のプロレス団体。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるの…

マット界をダメにした奴ら~新間寿

「マット界をダメにした奴ら」第20回は新間寿。プロレス黄金時代を動かした、過激な仕掛け人。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご…

マット界をダメにした奴ら~坂口征二

「マット界をダメにした奴ら」第19回は坂口征二。坂口征二ほど、評判のいい人物はプロレス界では珍しい。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのな…

暗殺

青柳政司館長が亡くなり、安倍晋三元首相が暗殺された。プロレス界と暗殺の関係は? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

マット界をダメにした奴ら~武藤敬司

「マット界をダメにした奴ら」第18回は武藤敬司。先日、来年の春までに引退すると表明した。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一…

マット界をダメにした奴ら~三沢光晴

「マット界をダメにした奴ら」第17回は三沢光晴。三沢が亡くなったのは13年前のちょうど今頃だった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら…

マット界をダメにした奴ら~スタン・ハンセン

「マット界をダメにした奴ら」第16回はスタン・ハンセン。「世界の不沈艦」はアメリカでも有名だったのか? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるの…

マット界をダメにした奴ら~ラッシャー木村

「マット界をダメにした奴ら」第15回はラッシャー木村。金網の鬼からマイクの鬼へ。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報くださ…

マット界をダメにした奴ら~高田延彦

「マット界をダメにした奴ら」第13回は高田延彦。「最強沼」はあまりにも深く、沈んでしまえば二度と抜け出すことはできなかった……。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。…

マット界をダメにした奴ら~佐山聡

▲これは第一次UWF時代のザ・タイガー 「マット界をダメにした奴ら」第12回は佐山聡。言わずと知れた、初代タイガーマスクです。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし…

マット界をダメにした奴ら~大仁田厚

「マット界をダメにした奴ら」第11回は大仁田厚。まさしく「マット界をダメにした奴」の真打ち! 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕に…

マット界をダメにした奴ら~新日本プロレス

「マット界をダメにした奴ら」記念すべき第10回は、今日この日に記念すべき50周年を迎えた新日本プロレス。「マット界をダメにした奴ら」に登場するのは、個人だけではありません。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料…

マット界をダメにした奴ら~前田日明

「マット界をダメにした奴ら」第9回は前田日明。前田の興したUWFは、まさしくバブルだった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご…

マット界をダメにした奴ら~天龍源一郎

「マット界をダメにした奴ら」第8回は天龍源一郎。天龍にとって最大の失敗は、やはりあの“事件”だった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら…

マット界をダメにした奴ら~ストロング小林

「マット界をダメにした奴ら」第7回は、先日亡くなったストロング小林。国際プロレスのエースながら、新日本プロレスに移籍して不遇の時代を送った。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登…

マット界をダメにした奴ら~藤波辰爾

「マット界をダメにした奴ら」第5回は藤波辰爾。職業訓練学校から一般企業に就職した常識人。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一…

マット界をダメにした奴ら~ジャンボ鶴田

「マット界をダメにした奴ら」第4回はジャンボ鶴田。バケモノは死ぬまで覚醒しなかった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報く…