カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

消えた球団(10)~東京オリオンズ

東京オリオンズ

<ゴールドスター(1946年)~金星スターズ(1947年-1948年)~大映スターズ(1949年-1956年)~大映ユニオンズ高橋ユニオンズを吸収合併:1957年)~毎日大映オリオンズ毎日オリオンズと合併:1958年-1963年)~>

毎日オリオンズ(1950年-1957年)~毎日大映オリオンズ大映ユニオンズと合併1958年-1963年)~東京オリオンズ(1964年-1968年)~ロッテ・オリオンズ(1969年-1991年)~千葉ロッテ・マリーンズ(1992年 -)~ 現在

日本一:4回(1950年、1974年、2005年、2010年)

リーグ優勝:5回(1950年、1960年、1970年、1974年、2005年)

 

日本プロ野球(NPB)にかつて東京オリオンズという球団があったことを知る人は少なくなった。

東京オリオンズとは、現在の千葉ロッテ・マリーンズの前身球団であり、正確に言えば「消えた球団」ではない。

しかし、このシリーズにはどうしても外せない球団だ。

オリオンズ~マリーンズの系譜には、4つの時代があると考えられる。

球団創立当初の毎日新聞社が親会社だった毎日オリオンズ時代、大映株式会社が経営に参加した毎日大映オリオンズ(略称:大毎オリオンズ)および東京オリオンズ時代、大映が経営から撤退しジプシー球団を経て仙台から川崎を本拠地としたロッテ・オリオンズ時代、そして千葉に移転した現在の千葉ロッテ・マリーンズ時代だ。

このうち、今回取り上げるのは大映が球団経営をしていた時代である。

もっと言えば、永田雅一がオーナーを務めていた時代だ。

 

NPBの長い歴史には「名物オーナー」と呼ばれる人達がいた。

最近でよく知られているのは、読売ジャイアンツのオーナーだった「ナベツネ」こと渡邉恒雄だろう。

だが永田雅一こそ、渡邉恒雄をも上回るNPB史上最高の名物オーナーと言えるかも知れない。

永田雅一がオーナーを務めていた頃のオリオンズは「永田オリオンズ」と言ってもいいほどの球団だった。

 

映画会社である大映株式会社の社長だった永田雅一プロ野球界に足を踏み入れようとしたのは、戦後間もない1948年(昭和23年)ことである。

元々野球好きだったことに加え、当時はGHQにチャンバラ映画が禁止されていたので、映画規制を緩和するにはプロ野球団のオーナーになってGHQに取り入るのが最善の道だと考えたのだ。

 ちょうどこの頃、中日ドラゴンズでは球団代表だった赤嶺昌志を排斥し、それに反発した赤嶺派の選手達が同球団を退団。

その選手達を受け入れた永田雅一大映球団を設立、日本野球連盟(現在の日本野球機構=NPBの前身)に加盟を申請するが、選手を引き抜いたことが問題になり却下された。

 

この時、前年の1947年(昭和22年)に発足したものの僅か1年で事実上、休止状態にあった国民野球連盟(国民リーグ)に所属していた大塚アスレチックスのオーナー・大塚幸之助から、大映球団の国民リーグ入りを打診されていた。

しかし永田雅一国民リーグに希望を持てず、逆に大塚幸之助に対して日本野球連盟入りを勧める。

永田雅一にしてみれば、ここで日本野球連盟に恩を売っておけば、大映球団の加盟がスムーズに行えると計算したのである。

実際、日本野球連盟の会長だった鈴木龍二は、大塚幸之助に金星スターズの買収を勧めた。

こうして大塚幸之助は金星スターズ大塚アスレチックスと合併させるとともに同球団のオーナーとなり、永田雅一との関係を深める。

そして永田雅一東急フライヤーズ(現:北海道日本ハム・ファイターズ)に経営参加し、球団名も東急と大映を合わせた急映フライヤーズと命名。

翌1949年(昭和24年)に永田雅一急映フライヤーズの経営から手を引き(球団名は東急フライヤーズに戻る)、金星スターズを買収して大映スターズと改名した。

永田雅一は念願だった、日本野球連盟所属のプロ球団オーナーとなったのである。

 

そして翌年の1950年(昭和25年)、プロ野球は前年の8球団から15球団に増えてセントラル・リーグパシフィック・リーグの2リーグに分裂、大映スターズパ・リーグに所属することになった。

この時のパ・リーグには、毎日新聞社がオーナー企業となった毎日オリオンズが新球団として参加、新聞の宣伝を活かしてセ・リーグ読売ジャイアンツと並ぶパ・リーグの盟主として期待されたのである。

毎日オリオンズは期待に応え、セ・リーグの大阪タイガース(現:阪神タイガース)から主力選手を多数引き抜き、初代パ・リーグ覇者になるとともに、日本シリーズ(当時は日本ワールド・シリーズと呼称)ではセ・リーグの覇者である松竹ロビンスを4勝2敗で破り、2リーグ分裂後の初代日本一となった。

 

だが、前年の8球団から一気に倍近い15球団となったため、経営難に喘ぐ球団が相次いだ。

特にパ・リーグは7球団で奇数のため、試合日程が組みにくいというハンディがあったのである。

一方のセ・リーグは、設立当初は8球団だったものの、さっさと合併を繰り返し、3年後の1953年(昭和28年)には現在と同じ6球団に落ち着いて安定経営を図った。

 

だがパ・リーグは、セ・リーグとは逆の道を採った。

つまり、1954年(昭和29年)から球団を増やして8球団制にしたのである。

この時、8球団制を提唱したのは他ならぬ永田雅一だった。

 

当時の日本映画界は日の出の勢い、大映の他にも松竹や東映東映フライヤーズ)も球団経営に参加し、戦前からの新聞業界や鉄道業界と並んでプロ野球の中心的存在になった。

テレビのない時代、映画は娯楽の王様であり、映画ニュースは当時唯一の映像による情報ツールだったのである。

当時の永田雅一の辞書には「攻め」の二文字しかなかった。

パ・リーグ総裁に就任した永田雅一は、戦前はプロ野球経営に携わったことのある「日本のビール王」こと高橋龍太郎を口説き落として高橋ユニオンズを結成させた。

しかし、高橋ユニオンズは弱小の上に経営難が重なり、永田雅一は僅か3年で高橋ユニオンズに見切りをつけ、今度は自分の球団である大映スターズと合併させる。

朝令暮改とはこのことで、永田雅一の変わり身の早さに高橋龍太郎は呆れたが、1957年(昭和32年)には合併球団の大映ユニオンズを発足させた。

「ユニオンズ」の名前を残したのは、永田雅一高橋龍太郎に対するせめてもの恩義だろう。

高橋龍太郎にとっては、振り回され続けた永田雅一に対して怨念しか残ってなかっただろうが。

 

こうしてパ・リーグは7球団に戻ったが、なんとしても偶数にしたい永田雅一はまたもや自分の球団である大映ユニオンズ毎日オリオンズを合併させ、1958年(昭和33年)に毎日大映オリオンズ大毎オリオンズ)が誕生、パ・リーグセ・リーグと同じ6球団制になったのである。

初代日本一となった毎日オリオンズも、その後は凋落の一途を辿り、経営難に陥っていた。

読売ジャイアンツと同じく新聞社を親会社にしながら「パ・リーグの巨人」にはなれなかったのである。

 

現在の千葉ロッテ・マリーンズから見れば大映ユニオンズは傍系球団に過ぎず、前身球団となっているのは毎日オリオンズであり、球団名も「毎日」が先に来て「オリオンズ」の名前は残ったが、実際にオーナーとなったのは永田雅一だった。

何しろ略称は「大毎」と「大」を先にしたのは永田雅一の発案であり、「この球団の主導権を握っているのは大映だ」と言わんばかりである。

事実、毎日新聞はもはや球団経営を続ける気にはならなかったのだ。

 

いずれにしても、パ・リーグを8球団制にしたのも6球団制にしたのも、全て永田雅一が押し進めたものだった。

話は前後するが、永田雅一は1954年(昭和29年)に「全球団が真剣に取り組むために、勝率3割5分に満たない球団には500万円(現在の価値で4億円ぐらいか)の制裁金を科すべきだ」と提唱したものの、当の大映スターズが勝率3割5分を割ったため、制裁金第1号となってしまったのである。

このパ・リーグを巻き込んだ永田雅一のワンマンぶりに、いつしか人は「永田ラッパ」と呼ぶようになった。

 

そんな「永田ラッパ」に至福の時が訪れた。

1960年(昭和35年)、大毎オリオンズは遂にパ・リーグ制覇を成し遂げるのである。

オリオンズにとっては初年度以来10年ぶりのことだったが、永田雅一にとってはオーナーになって初優勝だった。

しかし、至福の時もここまでである。

日本シリーズの相手はセ・リーグのお荷物球団だった大洋ホエールズ(現:横浜DeNAベイスターズ)で、シリーズ前の予想はミサイル打線大毎オリオンズが圧倒的有利だったが、フタを開けてみれば全て1点差ゲームで大毎オリオンズの4連敗だった。

0勝4敗の惨めな敗戦に「永田ラッパ」は自軍の監督・西本幸雄に向けられた。

第2戦のスクイズ失敗に永田雅一は激怒し、試合後に電話で西本監督に、

「ウチはミサイル打線やのに、なんでスクイズなんかさすんや!」

と怒鳴った。

しかし、西本監督も「ミサイル打線の調子が最悪だったんです」と自説を曲げなかったため、遂に永田雅一「バカヤロー!」と言い放ってしまったのである。

戦後、首相の吉田茂は「バカヤロー!」と言ったために衆議院を解散したが、今度は「バカヤロー!」と言われた西本監督が辞任した。

この年を最後に、毎日新聞は完全に経営から撤退するが、その一因として毎日新聞社の球団幹部が西本監督を庇ったからだとも言われている。

 

「毎日」の名前は残ったものの大映の一社経営となり、文字通りのワンマン・オーナーとなった永田雅一は、ますますラッパを高らかに吹き鳴らした。

1962年(昭和37年)、それまで本拠地はレンタル球場の後楽園球場を使用していたが、東京の下町である南千住に東京スタジアムを建設、新しい本拠地となった。

メジャー・リーグ(MLB)のサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地だったキャンドルスティック・パークをモデルにした東京スタジアムは、照明の明るさで後楽園球場を上回るため「光の球場」と呼ばれ、さらにMLBの球場のように内野にも芝生を敷き詰めた豪華な球場だったのである。

二層式のスタンドにゴンドラ席、当時としては珍しい身体障害者に配慮したバリアフリー構造、さらに選手のロッカールームも広々としているという、まさしくメジャー仕様の球場だった。

ただ、土地の少ない下町に建設された球場だけに広さはメジャー級とはいかず、左・右中間の膨らみが全くなかったため投手泣かせの狭い球場だったが、永田雅一は開場の日にパ・リーグ全6球団を集めて華々しく開場式を行い、ファンに向かって「みなさん、パ・リーグを愛してください!」と言い放ったのである。

人々はこのデラックスな球場を見ようと3万5千人の超満員で溢れ、しかもスタンドに入り切れないファンで球場の外には長蛇の列ができた。

もっともこれは、「開場式に閑古鳥が鳴いたらみっともない」と近隣住民に無料券をバラ撒いたからだったが……。

 

また、永田雅一東京スタジアムを野球のみにとどまらず、映画館やデパートなどを併設する一大レジャー施設にするという、まさしく現代を先取りした構想を持っていた。

それだけでなく、球場の下に地下鉄を引っ張って来ようとまで考えていたのである。

「球団と球場の一体化」永田雅一の理想であり、MLB球団に通ずるものだった。

しかも、この豪華な球場を永田雅一は私財を投げ打って建設したのである。

ちなみに、球場の副社長に就任したのは、あの大塚アスレチックスのオーナーだった大塚幸之助だ。

 

永田雅一にはもう一つの理想があった。

それはMLB球団のように「チーム名から企業名を外す」というものである。

企業がプロ球団を持っているのは、本当のプロとは言えない、というのが永田雅一の持論だった。

つまり、企業がオーナーだと赤字を親会社が簡単に補填できるので球団経営に本気で取り組むことができず、MLBのように個人がオーナーになるべきだと考えていたのである。

そして1964年(昭和39年)、チーム名を毎日大映オリオンズから東京オリオンズに変更した。

MLB球団のように、都市名をチーム名に冠したのである。

何かと読売ジャイアンツに対抗している永田雅一「巨人ですら”東京”とは名乗ってないだろう。我がオリオンズこそが真の東京の球団だ」と息巻いた。

東京を冠したチーム名に自前球場の建設と、あらゆる面で読売ジャイアンツを上回ろうとしたのである。

読売ジャイアンツは創成期こそ「東京巨人軍」と名乗っていたものの現在では企業名を冠したチーム名だし、本拠地も後楽園球場をレンタルしているに過ぎない。

 

永田雅一はチーム作りにもラッパを吹き鳴らした。

大物選手のトレードが珍しかった時代に、自軍の四番打者である山内一弘と、阪神タイガースのエースだった小山正明を交換するという「世紀の大型トレード」を敢行。

また、陸上短距離走のオリンピック選手で100m10秒1という当時の日本記録保持者だった島秀雄を代走要員として入団させた。

もっとも、野球はド素人だった飯島はリードやスライディングなどの技術がなかったため、簡単に盗塁を決めることはできなかったが。

さらに、大映の大スター俳優と同姓同名という理由で長谷川一夫という選手を入団させたりしたのである。

 

だが、高らかに鳴り響く「永田ラッパ」と反比例するように、日本映画は斜陽産業となっていく。

本格的なテレビ時代が到来したため、親会社である大映本体の経営は悪化するばかりだった。

そして球団の戦績および経営は、映画の営業成績と比例して落ちていく……。

「光の球場」が自慢の照明に映し出される姿は、ガラガラのスタンドだった。

 

あくまで強気だった永田雅一も、映画不振・球団経営・球場維持費の三重苦に喘ぎ、1969年(昭和44年)に遂には菓子メーカーのロッテに命名権を売却、チーム名をロッテ・オリオンズに変更した。

今でいうネーミングライツだが、かつて永田雅一はこの手法を別の球団に勧めたことがある。

あの、永田雅一が強引に作らせた高橋ユニオンズだ。

高橋ユニオンズは初年度から経営難に苦しんだため、永田雅一トンボ鉛筆を紹介してチーム名に冠するようにアドバイスし、1年間だけトンボ・ユニオンズと改名したのである。

だが、今度は永田自身がその憂き目に遭ってしまった。

「チーム名には都市名を」という永田雅一の理想は、僅か5年で頓挫したのである。

 

しかし、ロッテからのスポンサー料は入ってきても、大映本社の経営状態は坂道を転げ落ちるように悪化していった。

だが、満身創痍の永田雅一に神様が最高のプレゼントを与える。

改名した翌1970年(昭和45年)、ロッテ・オリオンズは10年ぶりにリーグ優勝を果たすのだ。

優勝が決まった瞬間、グラウンドになだれ込んだ東京スタジアムのファンたちは、監督や選手達よりもまず、永田雅一を真っ先に胴上げしたのである。

ファンは、永田雅一が誰よりもオリオンズを愛していることを知っていたのだ。

それはまさしく、永田雅一にとって人生最高の瞬間だったのである。

東京スタジアムの宙に舞う永田雅一の目から、涙が止めどなく溢れた。

だが、その幸せが長くは続かないことは、永田本人が一番よくわかっていたのである。

 

日本シリーズは憎っくき読売ジャイアンツに1勝4敗で敗れ、年が明けた1971年(昭和46年)1月25日、永田雅一はオーナ職を辞し、経営権は完全にロッテの手に渡ったのだ。

その年の12月23日、刀折れ矢尽きた永田雅一大映本社を建て直すことももできず、あえなく倒産。

それは、永田ラッパ時代の終焉だった。

 

それでも、永田雅一にはまだ問題が残っていた。

残った東京スタジアムをどうするかである。

累積赤字が膨らんだ東京スタジアムを、永田本人も大映本社も、どうすることもできない。

やむなく東京スタジアムの経営権は国際興業の社主である小佐野賢治に渡った。

ロッキード事件で「記憶にございません」を連呼した、あの小佐野賢治である。

しかし、このままレンタル球場として存続させても採算は取れないので、ロッテに対して東京スタジアムを買い取るように要請した。

だが、ロッテ側は新たなお荷物を抱えることになるので、この申し出を拒否。

主を失った東京スタジアムは、閉鎖以外の道を閉ざされたのである。

永田ラッパの象徴的な存在であり「光の球場」と謳われた東京スタジアムは、僅か11年の命だった。

1972年(昭和47年)のシーズンを最後に東京スタジアムは事実上の閉鎖、本拠地を失ったロッテ・オリオンズは「ジプシー球団」と呼ばれるようになるのである。

ロッテ・オリオンズが宮城県仙台市宮城球場(現:楽天koboスタジアム宮城)を暫定的な本拠地とするのは1974年(昭和49年)のことだ。

暫定本拠地という措置をとること自体、永田雅一の理想に反することである。

 

ちなみに、この年のロッテ・オリオンズはリーグ優勝を果たすものの、日本シリーズは東京の後楽園球場を使用するという、仙台市民を裏切る行為をした。

日本シリーズでは中日ドラゴンズを4勝2敗で破り、日本一になって優勝パレードを行ったのも東京のロッテ本社前であり、とても仙台市民に愛されようとしているとは思えない。

 

それでも永田雅一は、大映本社の倒産以来姿を消していたにもかかわらず、日本シリーズには駆けつけて、さらに自身がオーナーの時に果たせなかった日本一が決まった時は涙を流して喜んだという。

トコトンまでにオリオンズを愛し抜いたオーナーだった。

 

東京スタジアムの跡地は現在、荒川総合スポーツセンターとなっている

f:id:aigawa2007:20140729004709j:plain

 

 

消えた球団シリーズ