ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

侍ライナーズ

今日はまた、近鉄花園ラグビー場に行ってきた。
トップウエストの優勝決定戦、ワールドファイティングブル×近鉄ライナーズの試合である。
この試合の勝者がトップチャレンジに進出し、トップイーストトップキュウシュウの優勝チームとリーグ戦を行い、2位以内に入るとトップリーグに自動昇格する。
たとえ3位でも、トップリーグの12位との入れ替え戦に勝つと、トップリーグ昇格だ。
だが、今日の試合に負けると各地区の2位同士の巴戦となり、1位チームのみがトップリーグ11位との入れ替え戦という、厳しい道を歩むことになる。


今日は例によってラグビー専門SNSの方々約10名と共に花園のメインスタンドに陣取った。
その中の約2名が近鉄ファンということで、我々も必然的に近鉄応援団と化した。


前日からの雨は上がったものの肌寒い中試合が始まったが、勝てば天国負ければ地獄の試合だけに、試合は熱くヒートアップした。
リーグ戦ではワールドが勝っているものの、近鉄が前半、風下ながら有利に試合を進めるが、ワールドが初トライを挙げると一気にワールドペースとなった。
前半はワールドがリードで折り返した後半、ワールドが終盤までリードを保ったが、近鉄が自陣からのチャージで一気に攻め込み、同点のトライ&コンバージョンを奪った。
20−20。
ノーサイド寸前、近鉄は敵陣に攻め込み、相手の反則を誘ってPGのチャンスを得た。
このゴールが決まれば、勝利はほぼ決定だ。
逆に外れて引き分ければ、リーグ戦1位のワールドがトップチャレンジ進出となってしまう。


運命のPGは……。
ゴールを逸れた……。


とまるでユーミンの「ノーサイド」の歌のようだったが、今日はこれでノーサイドとはならなかった。
ロスタイムは1分と表示され、近鉄はさらに攻め込んだ。
そしてまたもやワールドが反則をしてしまい、さっきよりもイージーな位置で近鉄がPGを得た。
近鉄のSO重光がゴールを狙う。
繰り返すが、このゴールが決まれば、勝利はほぼ決定だ。
逆に外れて引き分ければ、リーグ戦1位のワールドがトップチャレンジ進出となってしまう。


運命のPGは……。
ゴールが決まった!!!


その瞬間にノーサイドの笛!
近鉄トップウエストで優勝して、トップチャレンジ出場権を得た!
我々はもちろん、近鉄ライナーズの選手たちも喜びを爆発させた。
23−20の、薄氷を踏む勝利だった。
昨年度の近鉄は、トップリーグに上がれる寸前に、ノーサイド間際でことごとく逆転負けをしていただけに、今回のトップウエスト優勝は喜びもひとしおだろう。


試合終了後、我々は千日前の洋風居酒屋に移動し、勝利の美酒に酔った。
別に近鉄ライナーズに肩入れしているわけではないのだが、前回の帝京大といい、身内に思い入れがある人がいると、つい応援したくなってしまう。
そこに、近鉄ライナーズのチームドクターがやってきた。
ドクターとは、この前の関西オフでもご一緒した人である。


千日前をあとにし、人数は5名と減ったが、法善寺横丁にあるドクター御用達の貝専門の店に移動した。
定員8名という超狭い店だったが(当然、我々以外にも客はいる)、日本酒に合う貝料理を次々と出され、舌鼓を打った。
さらに、ドクターからラグビー選手の貴重な裏話を聞くこともできた。


そして、貝料理専門店を出た後は、ドクターの案内により、近鉄ライナーズの選手たちが集まっているというミナミのパブに行った。
行ってみると、店では大男たちが店でドンチャン騒ぎをしていた。
当然のことながら、今夜はライナーズの貸切らしい。
そこには、今日の試合に出ていたFBの四宮がいた。
また、今日の試合には出ていなかったものの、元ジャパンのPR浜辺がいた。
浜辺はなぜか、裸になっていた。
さらに、ライターの火であぶられていた。
なにかヘンな趣味でもあるのだろうか。


そしてなによりも、今日の試合でフル出場したジャパンが誇るLOバツベイがいた!
図々しくも一緒に写真を撮ってくれと頼み、侍バツベイは快く応じてくれた。
それが上の写真である。
僕を見たことがある人は、僕との比較で侍バツベイの体格が実感できるだろう。
とにかく、侍バツベイはデカかった。
だが、やはりもう少し体を絞るべきだろう。


来シーズン、もし近鉄ライナーズトップリーグに昇格できれば、台風の目といえる存在になるうるか?