カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

サヨナラバス専用道~幻の五新線(五條新町編)

f:id:aigawa2007:20141015142940j:plain

先日「サヨナラバス専用道」という記事を書いた。

詳しくは前回の記事を読んでいただくとして、簡単におさらいすると、かつて奈良県中西部にある五條市から、太平洋に面する和歌山県南端部の新宮市まで鉄道で結ぶ長距離路線「五新線」を敷設する計画があったものの、資金難などの問題もあって頓挫、国鉄(現:JR)和歌山線五条駅付近から西吉野村(現在は五條市)の城戸(じょうど)まで約12kmのバス専用道に切り替えられた、というものだ。

そのバス路線も、今年(2014年)の9月30日をもって終了した。

 

だが、バス専用道はもちろん五新線跡も、現在もまだ残されたままである。

今回は、五条駅付近の五新線跡を探索した。

1980年代に工事がストップした路線が、未だに所々残っているのだ。

 

青い線が先日廃線となったバス専用道赤い破線が今回訪ねた五新線跡

f:id:aigawa2007:20141023200737j:plain

 

五條市に着き、JR和歌山線五条駅周辺を散歩。

ちなみに和歌山線とは、奈良県王寺駅から和歌山駅に至る、全線が単線の完全なローカル線である。

一応電化はされているものの、電車はほとんどが2両編成、しかも無人駅が圧倒的に多い(五条駅は有人駅)。

f:id:aigawa2007:20141015134714j:plain

f:id:aigawa2007:20141015141949j:plain

 

検察庁の近くに行くと、思わぬものを発見した。

なんと蒸気機関車が展示されていたのである。

f:id:aigawa2007:20141015132250j:plain

 

五條市史跡公園に展示されていたのは「金剛・ハロー号」という蒸気機関車だ。

正式には「8620形 78675号」と呼び、愛称の由来は、北にそびえ立つ金剛山と、「86形」を「ハロー」と語呂合わせしているのである。

明治時代に鉄道が輸入されて以来、日本国中を走る蒸気機関車といえばイギリス製がほとんどだったが、この「金剛・ハロー号」こそが日本初の国産蒸気機関車だ。

1925年(大正14年)に製作され、和歌山線はもちろん姫新線芸備線を中心に、日本中を走り回っていたという。

 

予期せぬ掘り出し物に遭遇して、意気揚々と散策すると、和歌山線と五新線の分岐点らしき場所に遭遇した。

道の形からいって、どうやらここで和歌山線から五新線が分岐する予定だったらしい。

f:id:aigawa2007:20141015134042j:plain

f:id:aigawa2007:20141015134129j:plain

 

五新線跡に敷かれたと思われるアスファルトの道路を歩いていくと、細い舗装された道路にぶつかった。

ここを左に曲がると国道24号線だが、右に曲がるとすぐに左に折れる狭い道があったので、そちらに行ってみる。

すると……、あった!

立ち入り禁止になっているが、ここが紛れもなく五新線跡の高架である。

f:id:aigawa2007:20141015142928j:plain

f:id:aigawa2007:20141015143000j:plain

 

これ以上先には進めないので、さっきの細い道に戻り、国道24号線に向かって歩く。

すると、その途中に高架がハッキリ見える場所があった。

高架は国道24号線を跨ぐ部分が分断されている。

f:id:aigawa2007:20141015134903j:plain

 

f:id:aigawa2007:20141015134856j:plain

f:id:aigawa2007:20141015135110j:plain

f:id:aigawa2007:20141015135013j:plain

 

こんな無用の長物を、工事がストップしてから30年以上も経った今でも残しているとは、歴史を大切にしているというか、行政の怠慢というか……。

だが、そのおかげで歴史的建造物を目の当たりにできたのだから、これからもずっと残してもらいたい。

 

五條市の中心部は、和歌山から橋本・五條を通って奈良・京都に抜ける国道24号線、金剛山を越えて河内長野から大阪へ行く国道310号線、紀伊山地を縦断し太平洋岸の新宮へ至る国道168号線が交差する、昔からの交通の要所だ

f:id:aigawa2007:20141015143307j:plain

 

国道24号線を横断すると、高架の下に狭い路地が通っているので、そこを歩いてみた。

f:id:aigawa2007:20141015135239j:plain

 

しばらく歩くと、高架は途切れてしまった。

途切れた先には、吉野川が流れている。

吉野川奈良県での名前で、4kmぐらい西に流れると和歌山県に入り、紀の川と名前を変える。

f:id:aigawa2007:20141015135448j:plain

f:id:aigawa2007:20141015135613j:plain

 

分断されている付近の高架に貼られている、五新線の説明書き

f:id:aigawa2007:20141015135506j:plain

 

吉野川の対岸には、橋ゲタのみが残されていた

f:id:aigawa2007:20141015140057j:plain

 

ここで五新線跡の探検は中断、吉野川を渡る前に、五條の中心街である五條新町を散策することにした。

五新線跡の高架を東に行けば、そこはもう五條新町である。

五條新町とは、江戸時代初期に松倉重政が整備した城下町だ。

雰囲気としては大阪・富田林の寺内町に似ている。

 

江戸時代にタイムスリップしたような街並み

f:id:aigawa2007:20141015135725j:plain

f:id:aigawa2007:20141015140654j:plain

 

テレビでも紹介されていた「餅商一ツ橋」。その名の通り、餅を中心とした和菓子屋さん。この近くで絵を描いている人が何人もいた

f:id:aigawa2007:20141015141026j:plain

 

五條新町散策を終え、五新線跡の探検を再開。

そのためには、まず吉野川を越えなくてはならない。

吉野川を渡って堤防を歩くと、さっき対岸から見た橋ゲタがあった。

f:id:aigawa2007:20141015145749j:plain

 

橋ゲタから回れ右すると、路線跡らしき砂利道がある。

f:id:aigawa2007:20141015145808j:plain

 

堤防を降りて狭い路地を歩き、民家の脇を通ると細い道に出た。

そこには、分断された路線跡があったのである。

f:id:aigawa2007:20141015145426j:plain

 

もうこれ以上は進めないので、車で国道168号線を通り、バス専用道の入口まで行った。

上手くいけば、路線跡を望めるはずである。

バス専用道の入口付近に着くと、近くで工事をしていた。

工事用の砂利の山を登ってみると……、あった!

吉野川方面に伸びるのは、間違いなく五新線跡に違いない。

 

土手のように続く五新線跡。後方にそびえるのは金剛山

f:id:aigawa2007:20141015144456j:plain

 

回れ右をすると、当然の如く向こうに見えるのはそう、バス専用道だ!

写真ではわかりにくいが、途中の国道168号線を跨ぐ部分は分断されている。

f:id:aigawa2007:20141015144439j:plain

 

小さな川を跨ぐ五新線跡の高架

f:id:aigawa2007:20141015144753j:plain

 

国道168号線に戻ると、五新線跡は分断されていた。

車を運転していると、高架が分断されていることにはなかなか気付かないだろう。

f:id:aigawa2007:20141015144021j:plain

 

少し五条駅方向に戻ってみると、分断されている五新線跡と、その左側にあるバス専用道が見える。

バス専用道の看板には「市有地につき一般通行禁止」と書かれているが、9月30日以前は「ここはバス専用道です」と書いていた。

f:id:aigawa2007:20141015144116j:plain

 

9月30日以前の看板

f:id:aigawa2007:20140929165543j:plain

 

五新線跡(五條新町編)の探訪はこれでおしまい。

ここから先は、バス専用道で城戸まで続く。

五新線跡の続きは「サヨナラバス専用道」をご覧いただきたい。

 

 

関連項目

サヨナラバス専用道

サヨナラバス専用道~幻の五新線(城戸~阪本編)