ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

地元放送局

今日のプロ野球、西武×阪神戦は関西のサンテレビでも放送されていたが、制作はテレビ埼玉だった。
つまり、いつもの阪神ビイキ放送ではなく、西武ビイキだったのである。


サンテレビでも以前は横浜(大洋)主催のゲームをTVKテレビ神奈川)制作の放送をそのまま流していたが、最近はビジターどこへでも出かけ自局制作で放映し、他局UHF制作の放送を流さなくなってしまった。
だが、交流戦ではテレビ埼玉千葉テレビなどの独立UHF局の放送が見られて、これがなかなか楽しい。
なるほど、相手チームのファン心理はこういう形でゲームを見ているのかと、野球の見方を再確認できるのである。


そして、ルービック・キューブ風のスコア表示が秀逸!
上にランナー表示、左にスコア、右ににボールカウントを立方体にして表示しているのである。
このデザインを考えた人に、テレビ埼玉はボーナスを出すべきだろう。


今日の試合は西武が勝ったが、もちろんヒーローインタビューも放送されていた。
サンテレビ制作だと阪神が負けたらヒーローインタビューを流さないが、今日はテレビ埼玉だからタップリと時間をとってインタビューを放送していた。


'80年代前半、TVKアナの忘れられない実況がある。
当時は横浜スタジアムでの大洋×阪神戦は、TVK制作でサンテレビでも放映されていた。
その大洋×阪神戦で、阪神大量リードのまま9回裏、大洋最後の攻撃を迎えていた。
打席に向かうのはハマの大砲、田代。
ここでTVKアナは言った。


「今日、たとえ大洋が負けても、ここで田代がホームランを打てば、浜っ子のファンは家に帰って『お母ちゃん!今日、田代がホームランを打ったよ!』と言えるわけです」


しかし、田代はあえなく凡退。
次のバッターは、この年にロッテから移籍してきたレオン。
TVKアナウンサーは続ける。


「今年の浜っ子ファンは『田代がダメならレオンがいるさ』と言うこともできるわけです」


映画「メジャーリーグ」でも演じられていたヒイキ実況、地元放送局によるヒイキとはこうありたいものです。