ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

天王寺〜和歌山(阪和線)※紀州路・関空快速

今回のダイヤ改正で困ったのが、和歌山着が6分も遅れたことだった。
これにより、和歌山駅での乗り換えが僅か7分しかなくなった。
それぐらいどうってことはないと思われるかも知れないが、和歌山駅阪和線和歌山線のホームが結構離れているので、乗り換えが結構慌ただしいのである。
今回の行程で、駅弁を買える乗り換え駅は和歌山駅ぐらいしかないので、それが難しくなった。
和歌山駅は立ち食いうどんやそばもあるのだが、それも不可能になってしまった。
やむをえず、天王寺駅のコンビニで食料とビールを買い込んだ。


このバカバカしい旅に参加する6名が天王寺駅に集まり、8時49分発の紀州路・関空快速に乗り込んだ。
三連休の中日とあってか、結構混んでいる。
座席に座ることはできなかった。
この快速電車は京橋発なのだが、京橋駅から乗れば余裕で座れただろう。
でも、京橋駅からこの紀州路・関空快速に乗れば大阪環状線内回りを通ってしまい、路線が重複してしまうので、ルール違反になる。
ところが、京橋駅から参加した人は、ルールに則ってこの紀州路・関空快速には乗らず、大阪環状線の内回り電車に乗って天王寺入りしたのだ。
しかも、「120円で近畿一周したい」という執念からか、ルール違反ではないのにわざわざ天王寺駅で一旦改札口を出て、そこから120円切符を買い直して、この旅に参加したのである。
なんと素晴らしいフェアプレー精神の持ち主だろうか。


天気予報は雨だったが、まだこの時間では晴れていた。
紀州路・関空快速阪和線をどんどん南下し、大阪市内から大和川を越えて堺市内に入る。
都会風景から田舎風景に変わっていき、関空線と分離する日根野駅に着いた。
ここで紀州路・関空快速は分離し、前4両は関西空港に、後4両は和歌山に行くことになる。
我々は後4両の紀州路快速で、和歌山に向かった。
景色は急速に片田舎となり、やたらとトンネルがある。
国境の長いトンネルを抜けると、そこは紀伊国だった。