カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

下赤阪の棚田ライトアップ

f:id:aigawa2007:20161112173324j:plain

大阪府で唯一の村・千早赤阪村

人口は約5千人で、大阪府下ではもちろん最も少ない。

そんな千早赤阪村が1年で最も輝くのは「下赤阪の棚田ライトアップ」の日である。

今年(2016年)は11月12日に行われた。

なお、正式名称は「金剛山(こごせ)の里 棚田夢灯り&収穫祭2016」だ。

 

下赤坂の棚田」は、日本の棚田百選に選ばれている。

場所は、楠木正成が根拠地として鎌倉幕府軍と戦った下赤阪城跡

そこから見下ろす棚田に、ロウソクを並べてライトアップするのである。

 

筆者も今年、初めて行ってみた。

下赤阪城跡は、千早赤阪村立中学校のすぐ近くにあるのだが、その運動場には屋台が数多く並んでいた。

年に一度のライトアップとあって、凄い人出である。

間違いなく、千早赤阪村の人口を超えているだろう。

 

凄い人出の屋台

f:id:aigawa2007:20161112170506j:plain

 

下赤阪城跡では、地元中学生による雅楽の演奏もやっていた

f:id:aigawa2007:20161112170115j:plain

 

それでは、棚田がライトアップされていく様子を、下赤阪城跡から時系列で見てみよう。

 

初夏の頃、昼間の棚田

f:id:aigawa2007:20160420124803j:plain

 

晩秋の午後4時58分、ライトアップされた棚田

f:id:aigawa2007:20161112165835j:plain

 

2分後の午後5時ちょうど、棚田はこうなった

f:id:aigawa2007:20161112170038j:plain

 

その23分後、午後5時23分の棚田

f:id:aigawa2007:20161112172336j:plain

 

さらに7分後、午後5時30分の棚田

f:id:aigawa2007:20161112173049j:plain

 

その12分後、午後5時42分の棚田

f:id:aigawa2007:20161112174255j:plain

 

同時刻、別の角度から

f:id:aigawa2007:20161112174248j:plain

 

14分後の午後5時56分、日は完全に暮れた。左上の空に輝くのは宵の明星・金星

f:id:aigawa2007:20161112175650j:plain

 

今年のライトアップはもう終わりだが、来年も催されると思うので興味がある方はぜひ行ってもらいたい。

毎年11月の第二土曜日に開催されている。

場所は、近鉄長野線富田林駅から金剛バスに乗り「千早赤阪中学校前」停留所を下車。

車利用の場合は、赤阪小学校村民運動場に臨時無料駐車場があり、そこから無料送迎バスが出ている。

 

雅楽が演奏されていた場所では、かがり火が焚かれていた

f:id:aigawa2007:20161112175808j:plain