読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

2016年夏、高校野球で最も弱かった高校は?

野球 ネタ

f:id:aigawa2007:20140819122133j:plain

第98回全国高等学校野球選手権大会作新学院(栃木)が優勝した。

つまり今年の夏、高校野球で最も強いチームは作新学院、ということになる。

 

では、一番弱い高校はどこだったのだろう?

それを調べるには、地方大会の初戦で敗れたチーム同士で、負け進んで行く逆トーナメントをするしかないが、もちろんそんな大会を開催する主催者がいるわけがない。

 

そこで、地方大会初戦で敗れた高校に勝った高校が次の試合で敗れて、その高校に勝った高校がまた次の試合で敗れて……、という形で「一番弱い高校」を選定するしかない。

もっとも、だからと言ってそんな方法で一番弱い高校を指定できるわけではないが、そこはご容赦いただきたい。

なお、昨年夏の最も弱かった高校はこちら

(昨年の記事を読めばわかるが、今回の記事は校名以外はほとんど去年のコピペだ。なお、一昨年の記事も同様)

 

地方大会から調べていくと大変だが、甲子園の決勝戦から逆算していけば、容易に探り当てることができる。

 

甲子園大会

決勝戦  ○作新学院(栃木)7-1北海(南北海道)●

準決勝  ○北海(南北海道)4-3秀岳館(熊本)●

準々決勝 ○秀岳館(熊本)4-1常総学院(茨城)●

三回戦  ○常総学院(茨城)7-4履正社(大阪)●

二回戦  ○履正社(大阪)5-1横浜(神奈川)●

一回戦  ○横浜(神奈川)7-1東北(宮城)●

 

つまり、夏の甲子園で最も弱かった高校は東北ということになる。

なんと、大魔神・佐々木やダルビッシュといったメジャー・リーガーを生み出した東北が甲子園最弱校というわけだ。

だが、前述したように、本当に最も弱いというわけではないので、関係者の皆様はお気を悪くなさらないように。

そして、東西の両横綱と言われた横浜と履正社に勝ったチームは、次の試合でことごとく敗れているのも意外だ。

 

さて、東北は宮城代表の高校なので、日本一弱い高校は宮城県にある。

では、今夏の宮崎大会を見てみよう。

 

宮崎大会

決勝戦  ○東北5-0利府●

準決勝  ○利府3-1東陵●

準々決勝 ○東陵6-1登米

四回戦  ○登米7-5塩釜●

三回戦  ○塩釜4-2富谷●

二回戦  ○富谷8-4宮城工●

一回戦  ○宮城工8-1仙台東●(8回コールド)

 

というわけで、今夏の日本一弱い高校は仙台東と決定した。

くどいようだが、本当に日本一弱いというわけではないので、そこはお許しいただきたい。

まあ、この学校に勝った高校は、次の試合では必ず負けるのだから、弱いというよりは呪いをかけられた、と言った方が適切な気がするが。

 

では、仙台東とはどういう高校なのか?

調べてみると、1987年に開校した比較的新しい男女共学の県立校で、正式には宮城県仙台東高等学校という。

頭に「宮城県」と付くのは、宮城県立高校の特徴だ。

 

野球に力を入れているわけではなく、歴史が浅い高校だけに他の卒業生にも特に有名人はいない。

ウィキペディアで調べてみると、卒業生の著名人には熊谷大(くまがい・ゆたか)という、大学名のような前参議院議員がいるだけだ。

 

う~む、特に書くべきことがないので困った。

今までの「高校野球最弱校」には、意外な発見があって面白かったのに。

でも仕方がない。

これが現実なのだから。

 

ちなみに、仙台東の今年度の戦績を見てみると、昨年秋季大会の宮城県中部地区予選では、聖和学園に1-24で5回コールド負けするなど0勝2敗で敗退。

今年の春季大会では、宮城県中部地区予選で3勝3敗と健闘するものの、敗者復活戦でことごとく敗れて惜しくも県大会進出はならなかった。

 

そして今秋の新チーム、秋季大会の宮城県中部地区予選ではいきなり初戦で強豪の仙台育英と対戦、2-9で7回コールド負け。

しかし敗者復活一回戦では、宮城広瀬に延長11回の末4-3でサヨナラ勝ち、来春のセンバツ出場に望みを繋げた。

仙台東の健闘を祈りたい。