カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

プロレス検定

先日、ラグビー専門のSNSにプロレスコミュを立ち上げたところ、なんと人気ナンバー1コミュになってしまった。
そこで我が国では、プロレス検定試験を行う。
このプロレス検定は、我が国の国家公務員試験と言っても過言ではない。


だが、プロレスには謎も多く、いろいろな説もあるので、正解を一つに絞るのは難しい。
そこで正解は、伝説のプロレス漫画プロレススーパースター列伝」に書かれている説を採用する。ただし、「列伝」の中にも複数の説があるので、そのときには問題の最後に「○○編から引用」と書いている。
それでは受験生諸君、プロレス検定に挑戦してくれたまえ。


第1問
アブドーラ・ザ・ブッチャーはどうやって空手を覚えたのでしょう。
A.子供の頃は柔道を習っていたが、中学を卒業する頃、空手を習い始めた。
B.マス大山との運命的な出会いがあった。
C.リングネームがゼーラス・アマーラだった頃、東南アジア遠征でコンフーの達人だったキム・ウォンに惨敗し、キムの師匠であるシンガポールのガマ・オテナにコンフーを習った。


第2問
スタン・ハンセンはプロレスラーになる経緯は次のうちどれでしょう(ハンセン編から引用)。
A.ウエスト・テキサス大学を卒業後、プロ・フットボーラーを目指し、だが一軍に上がれず教職にも就いたことがあったが、ザ・ファンクスに誘われてプロレスラーになった。
B.ウエスト・テキサス大学を卒業後、親友のブロディと共に卒業後の進路に悩んでいたが、契約金はデカイが稼げる期間が短いプロ・フットボールよりも、長く稼げるプロレスラーの道を選んだ。
C.高校卒業後、ただちに地元のプロモーターの元に駆け込み、ドラム缶を抱え潰す腕力を買われてプロレスラーになった。


第3問
ミル・マスカラス×ザ・デストロイヤーの覆面世界一決定戦の顛末は?
A.デストロイヤーの突進をかわすためにマスカラスが飛び越えようとしたところ、デストロイヤーの頭がマスカラスの金的に当たり、試合続行不能になってデストロイヤーの勝ちとなった。優しいデストロイヤーは、マスカラスを熱心に介抱した。
B.両者リングアウトで決着つかず。
C.マスカラス人気を妬むデストロイヤーはマスカラスの空中殺法に対し、頭突きでマスカラスの金的を狙う作戦を敢行。これが見事にはまってマスカラスを金的地獄に陥れた。


第4問
ザ・ファンクスの父親であるドリー・ファンク・シニアがプロレス入りする前にしていたスポーツは?
A.空手
B.野球
C.ボクシング。ヘビー級ボクサーを目指していたが、ヘビー級としては体重が足りずアマチュアで経験を積んだが、後にプロのヘビー級世界チャンピオンとなるジム・ブラドックにKO負けし、そのときに顎の骨が砕かれてボクシングを続けられなくなったため、プロレスラーになった。


第5問
タイガー・ジェット・シンの、アントニオ猪木倍賞美津子夫妻新宿襲撃事件の真相は?
A.猪木やミスター高橋が仕組んだギミック。実はこの直後、シンはタクシーにはねられそうになった。
B.シンは倍賞美津子のストーカーだった。
C.シンは勝手に来日して新日本プロレスに売り込み(というより押し売り)、猪木を怒らせて挑戦を受けるように仕向けるために、猪木夫妻を襲った。この事件に対してベテランのプロレス記者である鈴木庄一氏は「世に悪役レスラーの数は多いが、シンとブッチャー、この二名だけは商売用の悪役ではなく人間を心底から呪っている悪魔だ!!」と称した。


第6問
アンドレ・ザ・ジャイアントがプロレスラーになる前にしていたスポーツは?
A.サッカーやボクシング、レスリング。
B.新体操
C.スポーツではないが木こり。15人力と呼ばれ、次々と木がなぎ倒される光景を見たパリの金持ちが、プロレスのプロモーターにアンドレを紹介した。


第7問
豊登道春とアントニオ猪木が旗揚げした東京プロレスで起きた「板橋焼き討ち事件」の真相は?
A.興行を担当していたオリエント・プロモーションのギャラ未払いが続き、猪木が選手を足止めしたため板橋大会が突如中止、怒った観客が放火をした。
B.板橋大会は寒かったため、観客が焚き火代わりに火をつけ、火災となった。
C.観客数があまりにも少なかったため、豊登が「こんなに客が少なければ照明代も出やせんし、試合をやって腹が減っても焼肉も食えん。やるだけ損だ」と言って試合中止を決定し、怒った観客が放火をした。


第8問
タイガーマスク(いわゆる初代)がタイガーマスクになる前の若手時代、メキシコでのリングネームは?
A.サトル・サヤマ
B.クイックキック・リー
C.最初は白覆面のサミー・リーだったが、メキシコの老記者によってティグレ・エンマスカラド(タイガーマスクという意味。これは全く偶然)と改名し、覆面を脱いだ後は目にクマを塗ってミスター・カンフーを名乗り、その後は同じリングネームでイギリスに転戦した。なお、メキシコ時代には劇画「タイガーマスク」に出てくる「虎の穴」のような地獄のレスラー養成機関を卒業した。


第9問
ハルク・ホーガンはロック・ギタリストを目指していたが、なぜプロレスに転向した?
A.バンドのオーディションにやってきたベーシストがホーガンよりもギターが巧く、ホーガンはベーシストに転向させられ、ギタリストの道を諦めた。
B.ギターを持つよりもバーベルを持つほうが面白くなったから。
C.元々はモハメド・アリに憧れてヘビー級ボクサーを目指したが、体が大きすぎたためにボクサーの道は閉ざされた。その後はロックバンドでギターを弾いていたが、猪木×アリ戦を観て防戦一方だったアリの姿に憤りを感じ、打倒猪木を誓ってプロレス入りをした。


第10問
ブルーザー・ブロディのプロレス入りの経緯は?
A.ウエスト・テキサス大卒業後(後輩にスタン・ハンセンがいた)はNFLワシントン・レッドスキンズに入団するものの膝の故障で引退、その後は新聞社でスポーツコラムニストとなるが、フリッツ・フォン・エリックにスカウトされてプロレスラーになった。
B.オクラホマでハンセンに対し「きさまか、首折り技のスタン・ハンセンてえのは!?」と吼えていた。
C.苦労してブロディを育てた両親はブロディのプロスポーツ入りを望まず、紳士的な職業に就くことを望んでいた。親友のハンセンはプロレス入りを決めたが、ブロディはスポーツ好きと紳士的な職業を両立できるスポーツ記者となった。しかし記者には向かずにまもなくクビ。プロレスよりも紳士的という両親の勧めでNFLワシントン・レッドスキンズに入団するも、膝の故障でリタイヤ。結局、ハンセンの勧めでフリッツ・フォン・エリックに紹介してもらい、プロレス入りが決まった。


第11問
ザ・グレート・カブキ高千穂明久時代、後のカブキに変身する東南アジア遠征とはどんなものだったか?
A.日本プロレス幹部たちと、物見遊山的な遠征。
B.そんな遠征は無かった。
C.大型ではない高千穂は期待されておらず、スター候補生が遠征するアメリカではなく東南アジアに島流しのような形で遠征したが、そこでカンフーの達人であるウォン・チュン・キムに惨敗し、キムにカンフーを習って、後のカブキに変身する基礎を築いた。


第12問
「狂乱の貴公子」リック・フレアーの若かりし頃の姿は?
A.汚い口髭を生やしたデブ。
B.ごく普通の好青年。
C.アマレス時代から美男子で女学生に騒がれ、コーチは「アマレスはプロレスでもロカビリーでもないんだ!」と女学生たちに一喝していた。


第13問
カール・ゴッチレスリングのトレーニングを積んだビリー・ライレー・ジムの通称は?
A.スネーク・ピット(蛇の穴)
B.ドラゴン・ピット(龍の穴)
C.スネーク・ホール(蛇の穴)。カール・ゴッチが来日した際、「タイガーマスク」の原作者である梶原一騎がゴッチに対して「『タイガーマスク』に登場する『虎の穴(タイガー・ホール)』は蛇の穴(スネーク・ホール)からヒントを得たのですよ」と説明し、ゴッチは「オー、スネーク・ホール!よく知っておられる。実に懐かしい……」と感激した。