カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

育児パパ落語

かつてのボ共仲間である元姫路市民さんが先日、サンテレビのニュース番組に出ていました↓


新聞のテレビ欄にはサブタイトルで「育児パパ落語」と出ていたし、ニュースの中でも特集扱いで、しかも10分以上も取り上げられていました。
実際に二度ほどお会いしたことがあるのですが、テレビに大々的に取り上げられたのを見たら、別世界の人間になってしまったような感がありますね(苦笑)。


テレビの中でも言っているように、彼は「ハッピーアドバイスが聞けない育児パパへ」という本を上梓して、以前にここでも取り上げました↓
http://d.hatena.ne.jp/aigawa2007/20090907/1252329688
育児パパ云々よりも、この本を読めば彼の世界観がわかります。


テレビで見ると、普段の喋りでも噺家さんのような口調になってますね(笑)。
落語家として板に付いてきたということでしょうか。
一度、生落語を聞いてみたいです。
ただ、現在は「育児パパ落語」という独自の世界の創作落語をやっていますが、個人的には古典落語にも挑戦してもらいたいですね。


あなたが尊敬する上岡龍太郎師匠も好きだったという「池田の猪飼い」なんてのはどう?元姫路市民さん(笑)。