カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

藤波辰爾がHEAT-UPに登場

f:id:aigawa2007:20190521202659j:plain

 

藤波辰爾がTAMURAとタッグを組み、”ヤマネコ宅急便”こと兼平大介&大谷譲二の挑戦を受けた。

タムラドラゴンの防衛か、ヤマネコ宅急便がベルト奪取なるか!?

 

週刊ファイトにコラムを書きました。
無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓

miruhon.net

「次課・長州の力旅SP」で東京周遊

f:id:aigawa2007:20190519212815j:plain

 

獣神サンダー・ライガー武藤敬司がゲスト。
2時間スペシャルの今回、どんなマニアック事情通が現れる?

週刊ファイトにコラムを書きました。
無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓

miruhon.net

藤井寺のイオンが完成間近

f:id:aigawa2007:20190515123537j:plain

 

世界遺産登録がほぼ確実になった百舌鳥・古市古墳群のある大阪府藤井寺市に、イオン藤井寺ショッピングセンターが今年(2019年)の夏にオープン予定だ。

近鉄南大阪線藤井寺駅と直結しているわけではないが、同駅から徒歩数分と非常に便利な場所にある。

藤井寺駅と言えば、今は無き藤井寺球場の最寄り駅として知られており、現在でも乗降客は、近鉄南大阪線の中ではターミナル駅大阪阿部野橋駅に次いで多い。

 

以前、この場所にはイオンモール藤井寺があり、2014年2月28日に閉店、後に解体された。

藤井寺駅の近くには他にニチイ(後にサティ)があったのだが、イオンモールよりも先に撤退している。

つまり、藤井寺駅付近には大型スーパーが2件あったのにも関わらず、イオンモール閉店以降は5年間も、大型スーパーが藤井寺駅前から姿を消していたのだ。

したがって、周辺住民が大きな買い物をする場合は、電車に乗って大阪市内の阿倍野にある近鉄百貨店へ行くか、車利用なら堺市内の北花田にあるイオンモールあたりへ行かなければならなかったのである。

イオンモール藤井寺は地上4階、地下1階、屋上にはイベント広場もあり、近所の住民は日々の買い物のみならずデパート代わりにも利用していた。

 

イオンモール藤井寺は地上4階、地下1階で、いつも賑わっていた

f:id:aigawa2007:20131220132502j:plain

 

地下の食料品売り場へは、地上から直接行くことができた

f:id:aigawa2007:20131220132640j:plain

 

屋上はイベント広場になっていた

f:id:aigawa2007:20131220131311j:plain

 

屋上と直結の屋内部分は5階扱いでゲームセンターに

f:id:aigawa2007:20131220131219j:plain

 

イオンモール藤井寺の動画。以前はジャスコだった

www.youtube.com

 

イオンモールの跡地に建つ、新しいイオン藤井寺ショッピングセンターは、造りを見る限り地上2階、地下はなさそうだ。

イオンモール藤井寺の地上4階、地下1階に比べると、小振りになりそうである。

ただし、かつては駐車場だった部分も店舗になるので、面積は広くなる。

駐車場は、かつての駐車場の南側に、新たに建設するようだ。

駐車場と店舗は、渡り廊下で繋ぐようである。

駅側の入口から駐車場側までは、かなり遠くなりそうだが。

また、旧イオンモール藤井寺から道路を挟んで南側にはAPTという商業施設があり、イオンとは地下で繋がっていたが、イオンの閉店後にはAPTも閉鎖されていた。

APTの建物は残っているが、イオン藤井寺ショッピングセンターに生まれ変わったら、APTも復活するのだろうか?

イオン藤井寺ショッピングセンターが地域経済の起爆剤となるか、今からオープンが楽しみである。

 

駅側の入口。高さ的にはかなり低くなるイオン藤井寺ショッピングセンター

f:id:aigawa2007:20190515123552j:plain

 

現在は閉鎖中のAPTは、イオン藤井寺ショッピングセンターが開業するとどうなる?

f:id:aigawa2007:20190515123655j:plain


右側がかつての駐車場で、店舗になる。左側が新しい駐車場で、渡り廊下で繋ぐ

f:id:aigawa2007:20190515123815j:plain

百舌鳥・古市古墳群が世界遺産登録へ

f:id:aigawa2007:20130612132111j:plain

 

大阪府南部に広がる百舌鳥古墳群堺市)と古市古墳群藤井寺市羽曳野市)が世界遺産に登録される見通しとなった。

もし正式に登録されれば、大阪府にとって初の世界遺産となる。

 

しかし、生まれた頃からこの地域の近くに住む筆者にとって、古墳のある風景など当たり前。

古墳なんて地上から見れば、ただの小山にしか見えない。

したがって、世界遺産と言われてもピンと来ないのである。

恐らく百舌鳥・古市古墳群は「ガッカリ世界遺産」などと呼ばれるだろう。

 

それでも、墳墓として世界一広い面積を誇る、百舌鳥古墳群大仙陵古墳仁徳天皇陵堺市)はまだいい。

拝所がある正面部分(トップ写真参照)は整備されているので観光客も多く、近くには博物館もある。

 

古市古墳群の方は知名度がないので、大きさでは大仙陵古墳に引けを取らない日本2位の誉田御廟山古墳応神天皇羽曳野市)には、観光客などほとんど訪れない。

近所の人も誉田御廟山古墳を見慣れているので、凄い歴史的価値がある古墳という実感は持っていないのではないか。

誉田御廟山古墳の近くを道路が通っているが、誰も気にすることなく車がビュンビュン走っている。

 

羽曳野市にある、誉田御廟山古墳応神天皇陵)には世界遺産感が全くない

f:id:aigawa2007:20170222150101j:plain

 

大仙陵古墳の方は、地上80mの堺市役所にある21階展望ロビーからなら、まだ立体的に見える。

とはいえ、やはり普通の小山にしか見えないが。

ただ、空から百舌鳥・古市古墳群を観るヘリコプターやセスナ、気球などのツアーは人気を博すだろう。

 

写真中央の右にあるのが、堺市役所の展望ロビーから見た大仙陵古墳仁徳天皇陵

f:id:aigawa2007:20170127114046j:plain



じゃりン子チエとプロレス

f:id:aigawa2007:20190513002618j:plain

 

じゃりン子チエは、やっぱりオモロイ!

プロレス技も存分に堪能できる。

 

週刊ファイトにコラムを書きました。
無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓

miruhon.net

令和プロレスはこうなります!?

f:id:aigawa2007:20190508031949j:plain

 

ブームを呼んだ昭和、厳冬時代を迎えた平成。
さて、令和のプロレスはどうなるのだろうか?

週刊ファイトにコラムを書きました。
無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓

miruhon.net

羊の家、てんしば、天王寺動物園、あべのハルカス

f:id:aigawa2007:20190430154506j:plain

 

平成最後の日、天王寺阿倍野界隈に行ってきました。

大阪以外の人に説明すると、天王寺阿倍野はほぼ同じ場所にあります。

なぜ地名が2つあるのかというと、国道25号線を隔てて北側が天王寺区、南側が阿倍野区になっているからです。

国道25号線の北側にあるのがJRの天王寺駅、国道25号線の真下にあるのが地下鉄(大阪メトロ)の天王寺駅、国道25号線の南側にあるのが近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅、南側のあべの筋にあるのが阪堺上町線天王寺駅前駅(阿倍野区)で、それぞれが乗り換え可能です。

ちなみに、阿野区と大阪阿野橋駅では「」の漢字が違います。

キタ(梅田)やミナミ(難波、心斎橋)に比べると地味ですが、天王寺阿倍野は最近では色々なスポットが誕生して人気のエリアです。

 

◎羊の家

昼頃に阿倍野に着いて、まずは腹ごしらえ。

そこで行ったのが羊の家です。

 

「羊の家」に行ったのは、15年ぶりぐらいかも知れません。

最初に行ったのは、南海高野線堺東駅堺市堺区)近くにある同店舗。

堺東というのは、人口80万人の政令指定都市である堺市の中心街ですが、その路地裏に隠れ家的な存在として「羊の家」がヒッソリとありました。

普通の人は、こんな所に人気店があるとは思わないでしょう。

ところが、店内は非常にオシャレで、ロフトになった中二階に個室があるという、非常に変わった造りでした。

売りは「スイスな料理」と称された、ハイジを思わせるようなチーズフォンデュ中心のアルプス的な料理。

チーズフォンデュなる物を初めて食べたのは「羊の家」です。

その後、阿倍野にも同店舗があることを知り、阿倍野の路地裏を入って「羊の家」に行きました。

 

そして、約15年ぶりに阿倍野の「羊の家」に来たわけですが、昔に行った時とは様変わりしていました。

というのも、阿倍野の再開発によりキューズモールが完成して、路地裏に在った店はキューズモール内にある「ヴィアあべのウォーク」に入っており、「羊の家」もそこに移転していました。

 

ヴィアあべのウォーク」内にある「羊の家」

f:id:aigawa2007:20190430112518j:plain


ゴールデンウィークということで店内は満員でしたが、それを見越して予約を入れておきました。

ちなみに、この日の正午以降は予約で埋まっていました。

それで、11時半に予約を入れておいたのです。

 

それでは、料理を写真で満喫していただきましょう。

いずれもランチ・メニューで、スープと前菜付きです(「羊の家セット」はオードブルが付いているため、前菜はなし)。

 

「羊の家セット」のオードブル。食後のプチデザートとコーヒーor紅茶付き

f:id:aigawa2007:20190430114747j:plain

 

「羊の家セット」のメイン・ディッシュ。パスタとミニフォンデュ

f:id:aigawa2007:20190430115345j:plain

 

「羊の家プレートランチ」は、クリームフォンデュとオムライスのセット

f:id:aigawa2007:20190430115132j:plain


「ハンバーグランチ」はコンパクトに見えるが、実は結構なボリューム

f:id:aigawa2007:20190430115206j:plain

 

「羊の家」は値段も手頃で、若い女性にも人気があり、絶対オススメの店です。

阿倍野、堺東の他に、難波(なんばCITY)にも店舗があります。

 

◎てんしば

「羊の家」を出て、しばらくはキューズモールでウィンドウ・ショッピングを楽しんだ後、雨はやんだし外にも出なきゃあ、と屋外に出て天王寺区の「てんしば」へ。

ちなみにキューズモールは、若い女の子だらけでした。

阿倍野は「大阪の渋谷」になるのでしょうか?(大阪にも池田市に渋谷はあるが、こちらは「しぶたに」と読む。中村紀洋大阪府立渋谷高校出身)。

 

話を元へ戻すと、「てんしば」とは要するに天王寺公園のことで、数年前に整備されて、誰もが楽しめるスポットとなりました。

入園料は無料で、芝生の周りには店舗が立ち並んでいます。

 

キューズモールから「てんしば」へ向かう

f:id:aigawa2007:20190430130846j:plain

 

「てんしば」の入り口

f:id:aigawa2007:20190430131128j:plain

 

「てんしば」の真ん中には芝生が植えられている

f:id:aigawa2007:20190430131747j:plain

 

「てんしば」の周りには店舗が軒を連ねる

f:id:aigawa2007:20190430151506j:plain

 

この日は生憎の天気で、前日からの雨で芝生は濡れていたでしょうが、筆者が行った頃には雨は上がってました。

「てんしば」から、さらに西へ歩いて行きます。

 

天王寺動物園

「てんしば」の西にあったのは「天王寺動物園」でした。

幼稚園の遠足で「天王寺動物園」に行ったのは憶えています。

そして、小学生のときに、父親に連れられて「天王寺動物園」に行きました。

このときは、大阪市立ということで、小学生以下は無料だったと憶えています。

現在では、小学生でも料金を取っているようです(大人500円、小・中学生200円、未就学児0円)。

動物園自体、行くのは30年ぶりぐらいです。

30年前に行ったのは、神戸の王子公園でした。

それでは、以下は動物たちの写真を堪能していただきましょう。

 

天王寺阿部野橋駅側の入口。新今宮駅、動物園前駅、恵美須町駅側からも入場可能

f:id:aigawa2007:20190430151327j:plain

 

天王寺動物園」の象徴・コアラ。しかし、寝ていたのかハッキリ見えず

f:id:aigawa2007:20190430135751j:plain

 

クマがじゃれてる。この中に餌が入っていて、懸命に取り出そうとしているらしい

f:id:aigawa2007:20190430140859j:plain


こちらはホッキョクグマ。なんでカラーコーンを抱いてるの?

f:id:aigawa2007:20190430141303j:plain


アシカが鳴いていた。アウッ!アウッ!

f:id:aigawa2007:20190430141919j:plain


フラミンゴがみんな二本足で立ってる。一本足じゃないフラミンゴは値打がない

f:id:aigawa2007:20190430142633j:plain


デッカイ犬に見えるけど、レッキとしたオオカミ。「ウォー!」まさにサンウルブズ

f:id:aigawa2007:20190430143348j:plain

 

なまけトラ。今年は最下位になったらアカンど(-"-)

f:id:aigawa2007:20190430143743j:plain

 

トラ以上に怠惰なのがライオン。上がオスで下がメス

f:id:aigawa2007:20190430145007j:plain

f:id:aigawa2007:20190430145028j:plain

 

今季好調のワシは、やはり凛々しい

f:id:aigawa2007:20190430144405j:plain


キリンは低い葉っぱを食べてたので、首の長さを実感できなかったのが残念

f:id:aigawa2007:20190430144811j:plain


草食って優勝できるんなら、ヒツジはホームラン王だ(by大沢親分

f:id:aigawa2007:20190430145836j:plain


白ヤギさんからお手紙着いた 黒ヤギさんたら読まずに食べた(ミミナガヤギ)

f:id:aigawa2007:20190430145930j:plain

 

あべのハルカス

天王寺動物園」を後にして、再び阿倍野区へ戻ります。

そして日本一高いビル「あべのハルカス」へ向かいました。

あべのハルカス」はご存知の通り、高さ300m。

しかし、300mの展望台に上がるためには、1,500円の入場料が必要です。

しかも、ゴールデンウイーク中とあって、300mの展望台は満員となっています。

 

そこで、無料でも上がることができる16階で、大阪の街並みを見下ろしました。

あべのハルカス」の高さから言えば3分の1ぐらいですが、それでも通天閣ぐらいの高さです。

16階の庭園は吹き抜けになっており、高さ100mぐらいの風を感じることができました。

 

あべのハルカス」の16階から見た大阪市

f:id:aigawa2007:20190430154514j:plain

 

あべのハルカス」の16階から見ても、通天閣はこんなに低い

f:id:aigawa2007:20190430154723j:plain


「てんしば」から見た「あべのハルカス

f:id:aigawa2007:20190430133133j:plain