カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

第6回ラーメンEXPO2018in万博公園

f:id:aigawa2007:20181214112952j:plain

 

現在、大阪府吹田市万博記念公園で「ラーメンEXPO2018in万博公園」が行われている。

今年が第6回だそうで、つまり5年前からやっていたということだろうが、全く知らなかった。

全国からラーメン屋が集まり、今年は11月30日に開幕したが、毎日やっているわけではなく、金~日曜日の週末を中心に開催している。

第1幕から第4幕まであり、スケジュールは以下の通りだ。

 

第1幕:11月30日(金)~12月 2日(日)
第2幕:12月 7日(金)~12月 9日(日)
第3幕:12月14日(金)~12月16日(日)
第4幕:12月21日(金)~12月25日(火)

 

時間は11時~21時で、雨天決行、荒天中止だ。

第1幕から第4幕まで、出店しているラーメン屋は幕ごとに違っている。

各幕で10店舗ずつ、つまり合計で40店舗が出店しているわけだ。

また、出店しているのはラーメン屋だけではなく、第1幕は「さばEXPO」、第2幕から第4幕までは「ギョーザEXPO」が一緒に行われているのである。

 

筆者は第3幕に行ってみた。

「ラーメンEXPO」は入場無料だが、万博記念公園(自然文化園・日本庭園)に入る入園料が250円必要である。

万博公園に着いた筆者は、重大なミスに気付いた。

いつもは欠かさず持ち歩いているカメラ(正確に言えば、いつもカメラを入れているセカンド・バッグ)を忘れてしまったのである。

しかし、不幸中の幸いというか、買ったばかりのタブレットを持って来ていた。

したがって、今回の記事中に掲載されている写真は、全てタブレットで撮ったものである。

 

だが、本格的にタブレットを使って写真を撮るのは初めてなので、勝手がよくわからない。

何しろスマートフォンと同じく指で直接、画面をタップするので、シャッターを押しても本当に撮れているのかどうかわからないのだ。

実際に、後で調べてみれば、シャッターをタップしても撮れていない写真が何枚もあった。

やはりカメラがないと不便だ。

 

会場は万博公園のお祭り広場で、そこから最も近い日本庭園駐車場(2時間400円)に車を停める。

矢印に沿って歩いて行くと、会場が見えてきた。

後ろにそびえ立っているのは太陽の塔である。

しかも、会場から見えるのは太陽の塔の裏側、黒い太陽だ。

 黒い太陽は、過去を現しているという。

 

「ラーメンEXPO」の会場から見える、太陽の塔の裏側と黒い太陽

f:id:aigawa2007:20181214113644j:plain

 

ラーメンの値段は一律で、まずはチケットを買わなければならない。
チケットは1枚650円、2枚セットだと100円割引で1200円だ。
他にもギョーザ券が売られており(当然、第1幕はさば券だった)、こちらは1枚500円である。

しかし、チケット売り場は日本庭園駐車場から最も離れていた。

これは大阪モノレール万博記念公園駅に最も近い位置に設置されていたためで、仕方があるまい。

 

長蛇の列となっているチケット売り場

f:id:aigawa2007:20181214113845j:plain

 

チケットを買ってラーメンのブースの方に行けば、その匂いが凄い。

様々なラーメンの匂いが入り混じっているので、ハッキリ言うと臭いのである。

特に筆者は九州の豚骨ラーメンが苦手なので、この匂いには参ってしまった。

しかし、豚骨ラーメン好きにはたまらない匂いだろうが。

実際に、第3幕で最も人気があったのは、久留米の豚骨ラーメン「拉麺 久留米 本田商店」だった。

こういうフード・フェスになると、行列の長さで人気店と不人気店がハッキリわかるのである意味、残酷である。

 

「拉麺 久留米 本田商店」に最も多くの人が並んでいた

f:id:aigawa2007:20181214115517j:plain

 

筆者はもちろん豚骨ラーメンは避けて、「紀州ラーメン 麺やたけだ」のラーメンにした。

和歌山ラーメンと言えば普通は豚骨醤油だが(豚骨醤油なら大丈夫)、この「紀州ラーメン 麺やたけだ」は鶏ガラと魚介のWスープ醤油。

麺は太麺で、チャーシューではなく鶏肉が入っており、玉ねぎが入っていたのが変わっていたところ。

なお、このラーメンに限らず、他のラーメンも普通の店で出される量よりも少なめだった(一応、そのことはチケット売り場に書かれていた)。

 

紀州ラーメン 麺やたけだ」は鶏ガラと魚介のWスープ醤油。太麺が特徴

f:id:aigawa2007:20181214120454j:plain



なお、飲食ブースは密封型のテントになっており、暖房も入っているので寒さはない。

外にも飲食スペースがあるので、寒い中で熱いラーメンを食べるのが好きな人は、そちらでもどうぞ。

 

密閉型テントの中にある飲食ブース

f:id:aigawa2007:20181214114445j:plain



外にはステージがあり、時間によってはライブやイベントを行っている。

筆者が行った時間帯では無名のバンドがライブを行っていたが、寒空の下、誰も聴いちゃいない。

どうせなら、フェフ姉さんを呼べばワンサカ人も集まっただろうに。

日によっては漫才もやっているようだが、滑りまくっていれば、本当に寒いだろう。

もっとも、寒くてもすぐにラーメンを食べられる環境にあるが。

 

寒空の下、こんな雰囲気でライブを行うのは、さぞかし辛いことだろう

f:id:aigawa2007:20181214115138j:plain

 

今年の「ラーメンEXPO」で残っているのは第4幕のみ、12月21日(金)~12月25日(火)の5日間、時間は11時~21時だ。

クリスマス・イブはラーメンDEデートなんていかが?🍜



 

 

武藤敬司の長男がアメフトで活躍!?

f:id:aigawa2007:20181217012331j:plain

甲子園ボウル(MVPおよびミルズ杯は「悪質タックル」の被害者、関学大の奥野選手)の前日、青山学院大学がアメフト関東リーグ戦の入れ替え戦で勝利し、創部60年目にして初めて1部リーグに昇格した。

その青学大の選手に、武藤敬司の長男である武藤壮司朗クンがいた。

 

週刊ファイトにエッセイを書きました。
無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓

武藤敬司の長男がアメフトの関東大学リーグで1部リーグ昇格! – 週刊ファイト

鷹の爪大賞2018

f:id:aigawa2007:20181214192931j:plain

 

安威川敏樹が選ぶ、2018年の「鷹の爪大賞」。

東京スポーツプロレス大賞とは一味(というか全然)違うプロレス大賞を、とくとご覧あれ。

週刊ファイトにエッセイを書きました。
無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓

鷹の爪大賞2018~安威川選べばこうなった!?~ – 週刊ファイト

 

他のライターが選んだ「鷹の爪大賞」もどうぞ。

こちらは有料となっております↓

【easypay電子書籍】’18年12月16日号鷹の爪大賞 爆弾小僧Ray追悼 年内最終ONEクアラルンプール Jewels – 週刊ファイト

 

プロレスラーのセカンド・キャリアについて考える

f:id:aigawa2007:20181211225827j:plain

 

プロレスラーが引退した後、どんな職業に就くのだろう。

そして、セカンド・キャリアに関するプロレス界の取り組みは?

 

週刊ファイトにコラムを書きました。
途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。
もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。
僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。
約千円分の電子書籍を無料で購入できます↓

[ファイトクラブ]プロレスラーの第二の人生。プロレス界のセカンド・キャリアとは – 週刊ファイト

コブクロを生んだ大阪・堺

f:id:aigawa2007:20170127114347j:plain

 

今日(2018年12月5日)、コブクロが結成20周年を記念して初のコンプリート・ベスト・アルバムALL TIME BEST 1998-2018」をリリースした。

そのことも関連して先日、MBS毎日放送)の深夜テレビ番組「ごぶごぶ」でコブクロがゲスト出演し、パーソナリティのダウンタウン浜田雅功と共に、大阪府堺市を散策したのである。

 

コブクロ黒田俊介堺市出身。

そして相方(なんていうのかね)の小渕健太郎宮崎市出身だが、サラリーマン時代に堺へ転勤となって、堺に移り住んだのである。

そして、堺で出会った二人はユニットを結成、音楽活動を始めた。

つまり、コブクロを生んだのは堺というわけだ。

ちなみに小渕はサラリーマン時代、22,3歳ぐらいで営業成績はトップクラス、遙か年上を含む大勢の部下を従えていたのである。

それなのに、よくぞミュージシャンの道を目指したものだ。

 

二人が出会った場所は、正確に言えば南海高野線堺東駅周辺(堺市堺区)。

堺東と言えば、80万都市・堺の中心部でもある。

その堺東駅前から伸びる堺銀座商店街で、コブクロ(当時はまだ、ユニット名はなかった)はストリート・ライブを行っていた。

コブクロがライブを行うと、2~300人が堺銀座商店街に集まったという。

 

堺市の中心部・南海高野線堺東駅

f:id:aigawa2007:20121214135155j:plain


コブクロがストリート・ライブを行っていた堺銀座商店街

f:id:aigawa2007:20121214134557j:plain

 

コブクロの二人がアマチュア時代、よく練習していたのが、泉北高速鉄道深井駅近くにある尻戸公園堺市中区)。

泉北高速鉄道と南海高野線は直通運転しており、深井駅から堺東駅までは4駅だが、同じ堺市でも雰囲気はまるで違う。

都会の堺東に対し、尻戸公園の周辺は閑静な住宅街、というよりも田舎風情が漂う。

こんな場所で音楽の練習をすれば、さぞかし近所迷惑だっただろう。

「ごぶごぶ」でも番組冒頭で、コブクロと浜ちゃんは尻戸公園に訪れていた。

 

コブクロがアマチュア時代によく練習していた尻戸公園

f:id:aigawa2007:20181205140646j:plain

 

さらに、深井駅には驚くべきエピソードが。

黒田の父親は鉄工所で働いていたが、深井駅の東側ロータリーにある「躍水」というモニュメントは、黒田の父親が製作したというのだ。

もちろん、デザインをしたわけではないが、黒田の父親はデザイナーの意向を受けてモニュメントを造ったという。

深井という地名は、昔「深い井戸を掘ったから」というのが由来らしく、「躍水」というタイトルからもわかるように、水をイメージしたモニュメントだ。

しかし、デザイナーはこだわりが強く、黒田の父親は「水滴の角度が違う」と散々言われて、何度も造り直したんだとか。

 

黒田の父親が製作したというモニュメント「躍水」。後ろが泉北高速鉄道の深井駅

f:id:aigawa2007:20181205132409j:plain

 

コブクロと浜ちゃんは想い出の地・堺東へ移動した。

そして、堺市役所の前でゲリラ・ライブを行うという。

そして3人で「」と、H Jungle with tの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」を熱唱した(コブクロがバックなのでH Jungle with kと称していた)。

歌う前は「俺は絶対に歌えへんで!」と言っていた浜ちゃんも、歌い終わった後は「気持ちええなあ!」と、ご満悦だった。

余談だが、陣内智則コブクロの曲の中で一番好きなのは、未だに「永遠にともに」らしい。

 

コブクロダウンタウン浜田が「ごぶごぶ」でゲリラ・ライブを行った堺市役所

f:id:aigawa2007:20121214134930j:plain

 

コブクロ「桜」 作詞・作曲:小渕健太郎, 黒田俊介

www.youtube.com

 

奈良・大和高田に商業施設「トナリエ」がオープン

f:id:aigawa2007:20181129115350j:plain

 

奈良県の中西部に大和高田市がある。

奈良県内では最も人口密度が高い都市だ。

市の中心部には高田川が流れており、春になると川沿いの桜が見事に咲き誇る。

www.bus-sagasu.com

 

その大和高田市に大型商業施設「トナリエ」がオープンした。

元々ここは、1975年にオープンしたオークタウン大和高田という商業施設となっていた。

南側には6階建てのダイエーがあり、北側にはセンターモール・ヤンプラという専門店街を構えるという、まさしく大和高田のみならず周辺地域最大のショッピング・センターだったのである。

かつては荻野目洋子や石川秀美渡辺徹らがイベントを行っていたらしい。

 

しかしその後、隣りの橿原市にはイオンモール広陵町にはエコール・マミにスーパーセンターイズミヤ、隣りではないが上牧町にはアピタといった大型商業施設が出店しし、さらにオークタウンの老朽化もあって、客足は減少した。

しかも、ダイエーの経営悪化により撤退し、代わりにライフが入ったものの、2017年にはセンターモール・ヤンプラが閉鎖された。

 

そのセンターモール・ヤンプラの跡地に「トナリエ」が建てられたのである。

それと同時に6階建てのライフも閉店、ライフは「トナリエ」の1階に入った。

なお、トナリエは3階建てだ。

 

大和高田市の中心部とあって、アクセスは抜群。

「トナリエ」の北西には近鉄大阪線大和高田駅があり、駅から歩道橋で直結して徒歩僅か1分の距離だ。

他にも南東にはJR和歌山線高田駅があり、徒歩3分とこちらも近い。

大和高田市にはもう一つ、近鉄南大阪線高田市駅という中心駅があるが、こちらはやや離れている。

さらに駐車場は約500台収容で、入庫から1時間半は無料(以降、1時間100円、24時間で最大1,000円)と車での来場も便利だ。

 

「トナリエ」は駅から直結、歩道橋の向こう側にあるのが近鉄大阪線大和高田駅

f:id:aigawa2007:20181129115355j:plain

 

吹き抜けとなっている「トナリエ」の店内

f:id:aigawa2007:20181129115532j:plain


屋上は小さな子供の遊び場になっている

f:id:aigawa2007:20181129115724j:plain

 

「トナリエ」の南側にある6階建てのライフは既に閉店

f:id:aigawa2007:20181129120449j:plain

 

現在は開店セールを行っており、3階にある「あかのれん」では、メンズの大型サイズのセーターですら300円よりという驚きの安さだ。

開店セール中に、「トナリエ」に行ってみればいかが?

 

メンズの大型サイズのセーターが、なんと300円より!

f:id:aigawa2007:20181129122338j:plain







 

藤原道長

f:id:aigawa2007:20181124004114j:plain

この世をば
  わが世とぞ思ふ
   望月の
    欠けたることも
     なしと思へば


遅くなりましたが、平安時代の貴族、藤原道長(そこのキミ、藤原組長と読まないように)がこの歌を詠んでから、11月23日でちょうど千年目になるそうです。

道長の日記によると、この歌を詠んだのは寛仁2年(1018年)10月16日で、今年の旧暦10月16日は11月23日だとか。
そして天文台によると、千年前の今日(10月16日)も、間違いなく満月だったそうです。

僕にとっての10月16日は、1985年に阪神がリーグ優勝を決めた日だけどね🐯

我が世を謳歌していた当時の藤原氏、その頂点だった道長の眼には、満月も欠けることはなかったわけですね🌕
僕の月は、ずっと新月のままだなあ……🌑

 

まあ、藤原氏の栄華も道長の息子である藤原頼通までが頂点で、その後は武士の世の中になり平家と源氏が台頭して、藤原氏は凋落していくわけですが。

 

写真は、藤原道長がこの歌を詠んでからちょうど千年目の、大阪の満月です。
ちょうどこの日(正確には日付が変わって24日)2025年の万博が大阪に決まりましたが、その頃には大阪もこの満月のように輝くのか、あるいは負債を抱えて藤原氏のように凋落するのか……。