カウンター
ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

ウェブ・エリス・カップ

2019年に日本で第9回ラグビー・ワールドカップが開催される。

現在、その優勝トロフィーが日本中を巡回しており、10月12日にJRの大阪駅、14日には大阪府吹田市の万博記念競技場にやって来た。

 

ラグビーの場合、ワールドカップの優勝トロフィーはウェブ・エリス・カップ、あるいは単にエリス・カップと呼ばれている。

1823年、イギリスのラグビー校でフットボールの試合中、ウィリアム・ウェブ・エリス少年がルールを無視し、ボールを持って走り出したという伝説があるのだ。

これがラグビーフットボールの始まりとされ、優勝トロフィーをウェブ・エリス・カップと呼ばれる所以である。

 

ラグビー・ワールドカップは1987年に始まり、これまでニュージーランドが3回、オーストラリアおよび南アフリカが各2回、イングランドが1回、エリス・カップを手にしている。

ウェブ・エリス・カップは純銀製で表面を金箔で覆っており、重さ4.5kgで高さは47.2cmである。

持ち手にはギリシャ神話のサテュロスとニンフの頭部が施され、また顎鬚のあるマスク、ライオンのマスク、そして全体はブドウの木がモチーフとなっている。

2019年、ウェブ・エリス・カップを手にするのはどこの国か?

 

ウェブ・エリス・カップ

f:id:aigawa2007:20171014132147j:plain