読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

桜が満開、春のうららの高田川

奈良県の北西部に大和高田市という市がある。

全国的にはあまり知られていないが、実は奈良県内では県庁所在地である奈良市を上回り、県下一の人口密度を誇っているのだ。

 

鉄道では、近鉄大阪線大和高田駅、JR和歌山線高田駅近鉄南大阪線高田市駅と、三つも中心駅があり、大阪市内からはすぐに行くことができる。

そのうちの高田市駅から徒歩10分の所に、大中公園がある。

大中公園は高田川の畔にあるのだが、その高田川沿いには見事な千本桜が植えられているのだ。

 

品種が違うので単純な比較はできないのだが、造幣局桜の通り抜けよりも遥かに値打ちがあると言ってもいい。

それほど素晴らしい桜並木だ。

そんな高田川の千本桜を堪能していただこう。

 

見事なまでの桜並木

f:id:aigawa2007:20150402130121j:plain

 

高田川の両岸に咲く桜

f:id:aigawa2007:20150402130054j:plain

 

大勢の人で賑わう高田川。露店も多く出ている

f:id:aigawa2007:20150402130817j:plain

f:id:aigawa2007:20150402130731j:plain

 

大中公園には池があり、その畔では大勢の家族連れが弁当を広げていた

f:id:aigawa2007:20150402132653j:plain

 

鳥谷電気商会って、まさか……。いやいや、彼は東京出身なので、大和高田とは縁がないはず

f:id:aigawa2007:20150402130339j:plain

 

高田川から桜並木を見上げる

f:id:aigawa2007:20150402140503j:plain

 

今の期間中は夜でもライトアップされ、夜桜を楽しむこともできる。

高田川の桜を堪能できるのは一年のうちでも今だけなので、興味がある人は行ってみると良い。

近鉄南大阪線大阪阿部野橋駅から特急もしくは急行に乗って約30分、高田市駅から行くことができる。

前述した近鉄大阪線大和高田駅、JR和歌山線高田駅から行くことも可能だ。

 

桜といえばバラ科の植物。

法律で決められているわけではないが、バラといえばイギリスの国花であり、桜は日本の国花とされている。

どちらも島国という共通点があるが、一年中楽しめるバラと違い、桜は一年で僅か一週間程度の命だ。

まるで花火のような一瞬だけの美しさが、日本人の心情に合っているのであろう。

いくら技術革新が進んでも、桜が春以外の季節に咲くような品種改良だけはして欲しくない。