ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

打席途中での選手交代

甲子園では連日熱戦が繰り広げられているが、高校野球を見ているとよく打席の途中で投手交代や代打が送られることがある。
その場合、記録は誰に付くのか、案外知られていないと思うので、いろんな場面を想定して問題形式にしてみよう。


問1
ボールカウント3−0になった時点でA投手からB投手に交代。
B投手はストライクを2つとって3−2としたが本塁打を打たれた。
被本塁打はどちらの投手に付くか?


問2
ボールカウント3−2になった時点でA投手からB投手に交代。
B投手が初球に投じた球はボールとなり、四球を許した。
与四球はどちらの投手に付くか?


問3
ボールカウント3−0になった時点でA投手からB投手に交代。
B投手が初球に投じた球は死球となった。
与死球はどちらの投手に付くか?


問4
ボールカウント0−2と追い込んだが、A投手が肩の痛みを訴えてB投手に交代。
B投手はボール球を3つ与えて3−2としたが、なんとか三振に打ち取った。
奪三振はどちらの投手に付くか?


問5
打者A選手のボールカウントが3−0になったところでB選手が代打で登場。
B選手はストライクを2つ取られたものの、最後の球がボールになって四球を得た。
四球はどちらの選手に付くか?


問6
打者A選手が初球を空振りしてボールカウントは0−1。
ここでB選手が代打に送られ、ボール3つを選んで3−1となったが、次の球を打ってファウルになり、これが自打球となって負傷退場を余儀なくされた。
ボールカウント3−2で代打に登場したC選手はあえなく見送り三振。
三振は3人の中のどの選手に付くか?


さあ、正解を考えてみてくれたまえ。