ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

想い出のフィールド(60)〜名古屋市瑞穂公園ラグビー場

名古屋市瑞穂公園ラグビー場(行った回数:1回)


f:id:aigawa2007:20110726130147j:image
名古屋市瑞穂公園ラグビー場(以下、瑞穂ラグビー場)は東の秩父宮、西の花園と並ぶ、中京圏におけるラグビーのメッカである。
最近では45,000人収容の豊田スタジアムが使用されることが多くなったが、トップリーグのトヨタ自動車ヴェルブリッツがホームゲームで使用したり、全国大学選手権も行われる。
また、ラグビーのみならずサッカーJリーグが発足した当初は、名古屋グランパスエイトがホームスタジアムとして使用していた。


瑞穂ラグビー場は、現在グランパスのホームスタジアムとなっている陸上競技場や、夏の高校野球愛知大会でも使用される野球場などがある瑞穂公園内に建てられている。
名古屋市郊外の閑静な住宅地にあり、名古屋市営地下鉄名城線瑞穂運動場東駅、あるいは同・桜通線瑞穂運動場西駅からいずれも徒歩約10分と最寄駅が二つもあって、交通の便はいい。


フィールドはもちろん天然芝で、陸上用トラックがない球技専用なので非常に見易い。
ただし、僕が行った時は芝生の状態はあまり良くなかった。
f:id:aigawa2007:20081116163934j:image


収容人員は15,000人と秩父宮や花園に比べて少ないが、ナイター設備がありこの点では花園よりも優れている。
秩父宮にもナイター設備がなかった頃から、瑞穂にはあった。
ただ、スタンドは古く、屋根はメインスタンドに申し訳程度の小さな物が付いているだけである。
さらにゴール裏は芝生席だ。
f:id:aigawa2007:20081116164717j:image


入口はメインスタンド側しかないので、バックスタンドに行くにはぐるりと大回りしなければならない。
売店もメインスタンド側に小さな店が1軒あるだけである(イベントによっては露店も出るようだが)。
スコアボードは磁気表示式だが、選手名は漢字ではなくカタカナ表記だ(見出しでは漢字表記も可能)。
f:id:aigawa2007:20110726142551j:image
f:id:aigawa2007:20110726142540j:image


名古屋市中心部から近いという利点があるが、設備面の老朽化は否めず、愛知県における主要球技場の座は豊田スタジアムに奪われた感がある。
中京圏の聖地として再び君臨するには、設備面の充実が急務だろう。


瑞穂ラグビー場が一番脚光を浴びるのが全国大学選手権の1、2回戦だが、残念ながら地元の大学が登場する可能性は非常に低い。
東海学生リーグで優勝しても、東海北陸中国四国代表決定戦で優勝し(これは大抵、東海代表が優勝する)、その後は関西大学リーグの5位に勝たなければ全国選手権出場できないが、最近では関西の壁を破れず、全国選手権にはほとんど出場していない。
全国選手権の出場校が8校だった頃、中京大が関西3位のチームに勝って全国選手権出場することも多々あったが、出場校数が16校となった現在では関西5位と戦うという好条件にも関わらず、東海のレベルは低下し全国選手権に出場できなくなった。
瑞穂ラグビー場を活性化させるためにも、もう一度東海地区の大学ラグビーのレベルを引き上げることも必要だろう。
地元にはヴェルブリッツといういいお手本があるのだから、中京圏のラグビー人気を上げるために大学チームにも頑張ってもらいたい。


なお最近では、2008年に日本代表×アメリカ代表のテストマッチが、2011年にトップリーグ・オールスター戦が瑞穂ラグビー場で行われた。
ナイター設備があり立地条件もいいラグビー場として、中京圏における瑞穂ラグビー場の存在はまだまだ捨て難い。



2011年に瑞穂ラグビー場で行われた、トップリーグ・オールスター戦のレポート