カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

想い出のフィールド(55)〜アスパ五色

アスパ五色(行った回数:1回)


淡路島で最大のスポーツ施設と言えば、2002年サッカーワールドカップでイングランドのキャンプ地となった淡路佐野運動公園だが、淡路島にはもう一つ「アスパ五色(五色台運動公園)」という運動公園がある。
こちらはサッカー場とパークゴルフ場がメインで野球場はない。
淡路島の中心都市である洲本市にあるが、洲本市街は洲本港のある東海岸であり、アスパ五色があるのは元々は五色町と呼ばれていた場所で、西海岸になる。
それが平成の大合併で洲本市に吸収されたわけだ。


淡路島には鉄道路線が無いから交通アクセスがいいわけもなく、東海岸にある淡路佐野運動公園よりもさらに悪い。
神戸や大阪から高速バスで淡路島入りしても、アスパ五色までのバス路線がなく(最寄りのバス停から坂道を徒歩30分以上、バスの本数も極端に少ない)、公共交通機関を利用しようとすればタクシーをチャーターするしかない。
道路でタクシーを拾おうと思っても滅多に走っていないだろうし、タクシー料金も高くつくから、マイカーで行くのが無難だろう。
もちろん、充分な駐車場は備えてある。


淡路島の北端から五色まで50km位はあるだろうか。
神戸方面から高速道路を利用する場合は、明石大橋からそのまま神戸淡路鳴門自動車道に乗って西淡三原インターチェンジで降り、一般道で西海岸を目指して北上する。
でも僕は高速道路が好きではないので、明石大橋を渡るとすぐ淡路インターチェンジで降りて、「淡路サンセットライン」と呼ばれる一般道を走りたいところだ。
淡路島の東海岸を走る国道28号線と違い、こちらはその名の通り西海岸を走る。
また、淡路島の中心部は東海岸側になるので、サンセットラインは渋滞も少なそうだ。
陽光に映える瀬戸内海・播磨灘を眺めながらのドライブは快適だろう。
f:id:aigawa2007:20081102121104j:image


サンセットラインに別れを告げてかなり山の手に入って行くと、かなりヘンピなところにアスパ五色がある。
僕はこの日、日本女子サッカーリーグであるなでしこリーグの公式戦を観に行っていた。
正確なデータがないので収容人数は不明だが、スタンドは申し訳程度しかなく、失礼ながらこんな所で全国リーグの公式戦が行われているのが不思議なくらいだ。
ただし、芝生の手入れは見事に行き届いており、地方自治体レベルでこの芝生を維持するのは並大抵のことではないだろう。
もちろんサッカー専用場で陸上用トラックなどないので、プレーは非常に見易い。
ただしスコアボードは完全手動という、学校の運動場並みだ。
f:id:aigawa2007:20081102133515j:image
f:id:aigawa2007:20081102122403j:image
f:id:aigawa2007:20081102143301j:image


また、この日は営業していなかったが、売店や食堂もちゃんと存在した。
f:id:aigawa2007:20081102122042j:image
f:id:aigawa2007:20081102150059j:image


ちなみにこの試合を見たのは2008年だったが、今年(2011年)の女子サッカーワールドカップで優勝した、なでしこジャパンの一員である川澄奈穂美(INAC神戸レオネッサ)がこの日ゴールを決めた。
W杯でも大活躍した川澄だったが、この試合でも一際光っていた。
また、なでしこジャパンの守護神であるゴールキーパーの海堀あゆみも、この年にレオネッサに入団していたが、申し訳ないが憶えていない。
この時は控えということで、恐らく試合には出場していないと思う。


施設面では充実しているアスパ五色だが、キャパシティの狭さ、あまりにも悪い交通アクセスを考えると、全国レベルの公式戦を行うには不適正だろう。
ただ、これだけのフィールドを持て余しているのはもったいないので、キャンプ等で積極的に活用してもらいたい施設だ。
それに芝生の管理に関しては、他の競技場も見習うべきだろう。




淡路サンセットラインを疾走する