ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

漢字の発音

明日はいよいよ今季初の伝統の一戦、阪神×巨人戦が甲子園で行われる。
城島を獲得し、強力打線を編成した阪神は開幕ダッシュに成功したものの、苦手の中日に痛恨の三連敗。
一方の巨人は自慢の強力打線が爆発して、このところ四連勝。


そんな巨人打線を抑えるのは、今や事実上の虎のエース・能見しかいない。
昨季13勝の能見は、優勝した巨人に対して4勝2敗、防御率2.62と巨人キラーぶりを発揮した。
明日の阪神の先発は間違いなく能見。
昨季同様、能見には巨人退治をしてもらいたいものだ。


ところで、その能見の名前が「野海」という漢字だったら、かなり違和感を感じるのではないのだろうか。
発音はどちらも「のうみ」なのに、随分違う印象を受ける。
「能見」は「のーみ」、野海は「の・うみ」とイメージして発音してしまう。


だからどうしたと言われても困るが、漢字と仮名文字が混在する日本語では、こういう例が多いような気がする。
たとえば「加藤」と「勝とう」では、どちらも「かとう」だが、同じ発音と認識している人は少ない。
「入れ」と「歯入れ」でも印象は全然違う。


英語の授業で習った発音記号は万国共通だそうだが、これら日本語が持つ微妙な違いを、発音記号ではどう表記しているのだろうか。