ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

ラグビー酒場

実は昨日、このネタを書こうとしたのだが、3分の2まで書いたところでパソコンが突然落ちてしまい、パーになってしまった。
腹が立つし、書き直すのも面倒なので残り3分の1のみ書くことにする。


先日、ラグビー仲間と近鉄花園ラグビー場に行ってきた。
第一試合がホンダヒート×東芝ブレイブルーパス、第二試合が近鉄ライナーズ×神戸製鋼コベルコスティーラーズ
また、目の前の試合を見ながらワンセグで早明戦を見て、それが予想外の好ゲームだったので、なかなか慌ただしかった。


夕方の4時過ぎにラグビー場を出て、仲間たちとテクテク歩いて隣り駅の河内花園駅(ラグビー場の最寄り駅は東花園駅)近くにあるラグビー酒場へ行った。
僕が行くのは初めてで、この日は本来定休日だそうだが、特別に開けてくれているらしい。
店には我々以外のグループもいて、すぐに満員となった。


みんなでワイワイやっていると、近鉄応援団の団長さんが店に入ってきた。
僕は話したことはないが、近鉄の試合には必ず現れる、花園の名物オジサンである。
去年見た時は髪を長くしてパーマがかかっていたが、今日の団長さんはスキンヘッド。
近鉄が不甲斐ない試合ぶりをしたので丸坊主にしたらしい。


その団長さんが凄いことを言い放った。
近鉄のタウファ統悦選手が来るというのである。
統悦とは、トンガ出身のフランカー、あるいはナンバーエイト
もちろん今日の試合にも出場していた。


そして、統悦は本当にやってきた。
f:id:aigawa2007:20091206181328j:image


店にやってきた統悦は客全員と握手をし、写真にも応じている。
こんなこと、プロ野球では考えられない。
阪神戦の試合終了後、甲子園近辺で呑んでいて、その店にブラゼルが入ってきたら誰でもビックリするだろう。


別のテーブルにいた統悦が、なんと我々のテーブルにも来てくれた。
そして我々の質問に、流暢な日本語で丁寧に答えてくれたのである。
さらに、既に酩酊状態の団長さんまでが我々のテーブルに来た。
こうなると統悦への質問は打ち切られ、団長さんの独演会である。


「統悦はな、ホンマにええやっちゃねん。ホンマにワシ好っきゃねん」
「白人はアカン。トンガとかサモア、フィジーの選手はみんな日本に溶け込もうとして、日本語までちゃんと覚えてくれよる」
「近鉄は他のチームには全敗しても、神戸にさえ勝ってくれたらええねん。阪神ファンが巨人にだけ勝ってくれゆうんと一緒や。統悦、阪神と巨人、わかるか?」


団長さんの演説が延々と続く中、我々のグループはお開きとなった。
我々は3時間ほど呑み食いをしたが、会計を聞いてビックリした。
料金は伏せておくが、腰を抜かすほど安い値段である。