ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

記録できないプレー

昨日(16日)、阪神×中日11回戦(甲子園)で、次のようなプレーが起きました。
 
4回表、中日の攻撃。この回先頭打者の1番・井端が四球で出塁、2番・荒木のとき、カウント2−2からの5球目、井端がスタート。
井端の盗塁を読んだ阪神バッテリーはピッチドアウト(投球はボール)、捕手の岡崎が二塁送球。
しかしアウトになると判断した一塁走者の井端は慌てて一塁に戻ります。
岡崎の送球を受けた二塁手の関本が一塁手ブラゼルへ送球、つまり2−4−3と渡ったわけです。
タイミングは完全にアウトでしたが、関本の送球が逸れて井端は一塁に戻り、結局は無死一塁と状況は全く変わりませんでした(カウントは2−3)。
しかし記録上は、アウトにできたのに関本の悪送球により井端が生きたと判断されて、関本にエラーが付きました。
そして井端はセーフになりましたが、エラーがなければアウトになっていたとして盗塁死が記録されました。
この後、井端は3番・森野の犠牲フライで生還しましたが、もちろん自責点は付きません。

スコアブックでは下記のように記録すると思われます。


’CS
2−4E(−3)


「CS」は盗塁死を意味します。
しかし、実際のスコアブックではスペースが狭いので、こんな風に書けばゴチャゴチャになって何のことかわからないでしょう。
したがって「☆4E」と小さく書いておいて、、備考欄に☆印で注釈を付ける方がいいかも知れません。
いずれにしても、備考欄に説明を書いておくべきでしょう。