ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

ダメ外人列伝〜その4

オジー・カンセコ近鉄


野球ファンならその名前を見ただけで目を輝かせる「カンセコ」の4文字。
そう、オジー・カンセコとはあのメジャーのスーパースター、ホセ・カンセコの双子の兄である。


しかし、メジャーに昇格するとすぐに大活躍した弟のホセに対し、兄のオジーはずっとマイナー暮らし。
だが、弟のホセが交通事故で死亡し、弟の遺志を継いで兄のオジーは心機一転努力を重ね、弟に負けぬメジャーのスーパースターとなった、という事実は全くなく、極東の日本に渡り、近鉄と契約。


しかも、当時は一軍外国人枠は二人だったため、第三の外国人として日本でもずっとファーム暮らしだった。
ところが、ラルフ・ブライアントの故障により一軍昇格のチャンスが生まれたが、二軍でも実績を挙げられないカンセコを一軍に上げることはせず、近鉄ジェシー・リードを獲得し、カンセコ任意引退選手とした。
これは解雇という意味ではなく、自由契約にしなかったのはあくまでも来年も契約するつもりだったのだが、カンセコはこの措置に納得せず、そのまま帰国した。
アメリカに戻ってもほとんどマイナー暮らしで、弟とは対照的なプロ野球人生を送った。
もっともそのおかげで、弟のようにドーピング問題で騒がれることもなかったが……。


やはり現実のプロ野球では上杉兄弟のようにはなれなかった。
いや、現実世界でも、ポップコーンの正一・正二は双子揃って野球が上手かったのに……。



また、双子の兄弟がこれだけ違った人生を歩んだということは、生年月日占いがいかにデタラメかということを証明したとも言える。


日本滞在期間約半年。一軍出場なし。