ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

メタボウィング!

今日は「楽苦美愛」国の各首脳約10名と共に近鉄花園ラグビー場でアジア五ヵ国対抗を観戦した。
日本×アラビアンガルフテストマッチである。


アラビアンガルフなんて国、ネタラン国王の朕ですら知らなかったが、中東の国の連合チームらしい。
そりゃ、国王も知らないわけだ。
いずれにしても、ジャパンの敵とは思えないチームだ。


試合が始まると、予想通りいきなりジャパンのトライラッシュ。
これはもう、100点ゲームになりそうだ。


前半でもう試合への興味を失ったところ、国王の目が釘付けになったのは、選手がケガをするたびに現れるアラブ(今後はチーム名をいちいち書くのが面倒なので、こう書く)のトレーナー。
アラブのトレーナーは白人の金髪美女で、スタイルが抜群。

国王はこのトレーナーが現れるたびに、試合そっちのけでこの美人トレーナーのことばかり口にしていた。
楽苦美愛の首脳からは「国王、ご乱心!」とたびたび注意を受けた。


しかし後半、この金髪美女トレーナー以上に国王の目を惹き付ける男がいた。
それはアラブの背番号22番の男である。
22番の男は背が低く、太っていて、しかも腹が異様に突き出ていた。
まさしくミスターメタボである。

この選手の背番号が22番?
22番というのはリザーブのバックス選手の背番号である。
この選手のポジションがバックス??
どう考えても、このメタボ君のポジションはフォワード、しかも第一列だろ!
ラグビーを知らない人に説明すると、ラグビーのポジションは大きくフォワードとバックスに分かれる。
フォワードは体が大きくパワーがあり、バックスは体は小さくてもスピードと技があれば務まるポジションだ。
フォワードの中でもスクラム第一列を組むプロップとフッカーはずんぐりむっくりの体型の選手が多い。
このメタボ君は、どう考えても第一列としか思えない。


そして後半、ジャパン大量リードの中で、遂にメタボ君が登場した。
やはり、バックスの選手のようだ。
しかも、そのポジションはウィングだった。
ラグビーを知らない人にもう一度説明すると、ウィングというのはチームのトライゲッター、最も足の速い選手である。


メタボ君はウィングでどんなプレーを魅せてくれるのか?
国王の興味はこの一点に絞られた。


(ジャパンの攻撃に対して)「よし、そのまま外に廻せ!メタボ君のタックルが見られるぞ!ああー、フォワードで押すなよ。メタボ君のディフェンスが見られないじゃないか」
(ジャパンがオープン攻撃を仕掛け)「よし、いいぞ!メタボ君、タックルだ!あらら、簡単に振り切られちゃってるよ……」
(アラブボールのラインアウトで)「よし、そのままメタボ君までボールを廻せ!ああ……、ジャパンがボールを獲っちゃった。ジャパンもボールを獲るなよ!メタボ君の快走が見れなくなったじゃないか!」


メタボ君ばかり声援する国王に、楽苦美愛の各首脳からは再び「国王、ご乱心!」の声が飛んだ。
結局、メタボ君はボールには触れず、タックルすることもなく、要するに試合には参加できずにノーサイドの笛が鳴った。


結果は、ジャパンが100点差以上をつけて大勝したが、詳しいスコアは憶えていない。
メタボ君の存在が、全ての記憶を消し去ってしまった。
それでは、メタボ君のテーマ曲をここに授けよう。


メタボアローは 超音波
メタボイヤーは 地獄耳
メタボウィングは 空を飛び
メタボビームは 熱光線♪


(上記写真提供:楽苦美愛国首脳・まる@ヤマハファン殿)