カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

復活祭

あかりをつけましょ爆弾に〜♪
ってなわけで、今日は楽しいお葬式、もといっ、ひな祭り。
どーでもいいことだが、今年の西方教会での復活祭の日は国王の誕生日なのだそうだ。
いよいよ偉大なる国王が神へ昇格!?
いや、我が国ではメロン教以外の宗教は認めていない。
うーん、大いなるパラドックスである。


それはともかく、昨日mixi及び楽苦美愛で報告したパソコンの件であるが、なんと今日、戻ってきた!
昨日、ネットカフェから書いたばかりで、当分はネット環境にはいられないと書いたばかりなのに、体裁が悪いではないか。
パソコン販売元に聞いたときには、修理には10日前後かかると言われていた。
なのに、土日を挟んでいるにもかかわらず、一週間もかかっていないではないか。
ひょっとして、近所の電気屋に持ち込んでもすぐに直る修理だったのか?
だとしたら、わざわざネットカフェに行って原稿を書く必要もなかったのに。
クソー!
保証期間以内だから修理費は無料だったが、保証期間内でクラッシュするなよ!
ちなみに、このパソコン販売元とは、先日ラグビー日本選手権早稲田大学を相手にモタついた試合をした会社である。
こんなんだから学生相手に手こずるし、バツベイ近鉄に盗られるのだ!


まあでも、今回の事件を通じて、バックアップの必要性を痛感した。
今のパソコンは滅多にフリーズしなかったので、バックアップが面倒くさくてついつい怠っていたのだ。
前のパソコンのときは、しょっちゅうフリーズしていたので、マメにバックアップをフラッシュメモリに取っていたのだが、新しいパソコンになって安心しているとこんな目に遭ってしまった。


そしてハタと気付いた。
よくよく考えれば、前のパソコンが残っていたのだから、わざわざネットカフェに行かなくても自宅で原稿を書けたのではないか。
ネット環境は無くても、前のパソコンにもワードはちゃんとあるのだから。
そして自宅でプリントアウトすればいいだけの話だった。


こういうことは、いつも終わってから気付くものである。