カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

130m弾!

日本プロ野球もキャンプに突入して10日が過ぎたが、今日は沖縄の名護で日本ハム×阪神の今季初の練習試合が行われた。
この試合の模様は、大阪の毎日放送MBS)で録画中継された。
いつも思うのだが、オープン戦ではない練習試合でも放映権料は発生するのだろうか?


そして、大阪の放送局での練習試合中継といえば当然、阪神一辺倒の番組作りになるのだが、今年は違う。
なぜなら相手チームの日本ハムには、スーパールーキーの中田翔がいるからだ。
そうでなくても大阪桐蔭高校出身の中田、当然MBSにも力が入る。


そして中田の第二打席、阪神のサウスポー・筒井の内角高めのストレートを完璧に叩いた打球は左翼場外へ。
名護湾に飛び込もうかという130m大ホームランで、大器の片鱗を見せた。


大抵の高卒ルーキーは、金属バットから木製バットへの移行に苦しむ。
高卒ルーキーとして最多の31ホーマーを放った清原だって、その年のオープン戦ではホームランを打てず、木製バットへの対応に苦しんだ。
しかし中田は、既に木製バットには対応しているようだ。


だが中田は、プロの投手に対応しているとは言い難い。
今日のその他の打席では全て凡退だった。
今日のホームランだって、「どうぞ、ホームランを打ってください」といわんばかりの超甘い球だった。
それを逃さず打ったのはさすがだが、一軍の投手が公式戦であんな甘い球を投げてくるはずがない。


ただ、パワーに関しては、ただ者ではないと言わざるを得ない。
これからは一流投手と対戦し、失敗を繰り返し己を磨いて、日本を代表する長距離打者になることを望む。