カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

花園への道程

最近はワケがあってこのネタラン国会が停滞してしまった。
国民には非常に申し訳ないと思っておる。


さて、今日はまた近鉄花園ラグビー場に行ってきた。
本当は行く予定は無かったのだが、予定が変わったので行ってみようと思った。
ただ、今日は寒かったので、どうしよっかな〜、と迷っていた。
しかし今日の第二試合はトップリーグ四連覇を狙う東芝と、昨年の雪辱に燃えるトヨタとの戦い。
絶対に見逃せない試合だ。
今から行けば第二試合にはギリギリ間に合う。


そこで国王は愛車のエンジンを吹かし、一路花園へ向かった。
最近はラグビーSNSの人たちと一緒に観戦して、その後は二次会で一緒に酒を呑む習慣が続いていたので、花園には電車で行くことが多かったが、今日は二次会の予定はない。
だったら酒を呑むこともなかろうと、車で花園に行った。


国王官邸から電車で花園ラグビー場まで行こうと思うと、大変な労力が必要だ。
以下のような道程になる。


国王官邸→バス停(徒歩10分)→喜志駅(バス20分。ちなみに、バスの本数は1時間に1,2本)→阿部野橋駅(近鉄南大阪線30分。電車の本数は15分に1本)→鶴橋(JR環状線10分)→東花園(近鉄奈良線準急もしくは区間準急で15分。各駅停車だともっとかかる)→近鉄花園ラグビー場(徒歩10分)


つまり、もっともいい条件でも最低1時間半以上はかかる。
巡り会わせが悪ければ、2時間以上かかることも珍しくはない。
しかし、車だと大阪外環状線により一本で行けるので、遠いという感覚はない。
今日は東大阪付近で渋滞していたにもかかわらず、1時間足らずで花園に着くことができた。
なにしろ、このクソ寒さだ。
電車に乗ってまでラグビーを観に行こうという気は起こらない。


試合開始の午後2時前に到着し、一目散に花園ラグビー場内にあるレストラン(とは名ばかりの、食券方式の食堂)できつねうどんとライスの食券を買った。
昼メシを食うために花園まで来たようなものである。
食い放題の柴漬けをタップリと小皿に盛ってメシを食い、きつねうどんで体を暖めた。


スタンドに入ると、トヨタ東芝は実に重たい試合をしていた。
前半を終わって、東芝ペナルティゴールによる3点のみで、3−0と双方ノートライで東芝の3点リード。
トヨタ東芝といえば、去年のマイクロソフトカップ準決勝を、秩父宮で観ていた。
東芝が有利という下馬評の中、敗れたとはいえトヨタが意外な善戦を魅せた。
今季、四連覇を狙う東芝は、バツベイ近鉄に移籍したりして、去年までの強さはない。
今季のトヨタには充分期待が持てる。


ハーフタイムのときに熱いお茶を飲もうと、スタンド下に行った。
このクソ寒い中、本当は熱燗が呑みたかったのだが、今日は車なので酒は呑めない。
そしたら、ラグビーSNS仲間のCさんと偶然出会った。
Cさんは、タグラグビーをしている愛娘を連れて、花園に来ていた。
Cさんは、でかい図体の国王をいとも簡単に見つけたようだった。


まるで、タイガーマスクに正体を見破られたグレート・ゼブラのような気分だ。


後半はCさん父娘と一緒に観戦した。
Cさんはトヨタの応援にかなり熱くなっていた。
やはり、友人と一緒に観るラグビーは楽しい。
思わず声が出て、応援してしまう。
後半に入って両チームとも前半とは打って変わり、トライの応酬となった。


結局、リードを許したトヨタが終盤にたて続けてトライを奪い、最終的には19−17の僅差で東芝を下した。
これによってトヨタが3位に上がり、マイクロソフトカップ進出に向けて、大きく前進した。


本当に面白いゲームだった。
寒かったけど、観に行って良かったな。