ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

花園の英雄

今日は東大阪市近鉄花園ラグビー場で全国高校ラグビー決勝が行われ、東福岡(福岡)が伏見工(京都)を12−7で破り、悲願の初優勝を遂げた。
個人技とパワーに勝る東福岡に対し、選抜優勝の伏見工は組織力とスピードでボールを支配、ほぼ敵陣でゲームを進めた。
しかし、東福岡は陣地で不利に立ったものの伏見工の一瞬の隙を逃さずに2トライ(1ゴール)を奪い、自陣では堅いディフェンスで1トライ(1ゴール)に抑えて、見事に全国の頂点に立った。
それにしても、高校レベルとは思えない見応えのあるゲームだった。
東福岡の地元では、スポーツ紙が一面トップで報じているようである。↓
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/gougai/20080107/20080107_001.shtml


そんな花園の英雄として忘れてはならないのが橋下徹弁護士。
橋下弁護士はかつて大阪府立北野高校のウィングとして花園出場し、高校日本代表候補にも選ばれている。


その橋下弁護士が、つい最近までレギュラー出演していた「ムーブ!(ABC)」に、久しぶりに生出演した。
もちろん、橋下弁護士と同じく大阪府知事選に立候補している梅田章二氏(共産推薦)および熊谷貞俊氏(民主など推薦)と共に出演である。
この三候補は番組内でそれぞれのマニフェストを主張していた。


そんな橋下弁護士に対し、宮崎哲弥勝谷誠彦重村智計といった海千山千のコメンテーター達が一斉にツッコンだ。
特に、かつての盟友だった宮崎哲弥勝谷誠彦は容赦なく橋下弁護士に切りつけ、府知事選立候補以前まで見られていた蜜月関係は微塵も感じられなかった。
もちろん、司会の堀江政生アナにも。


さすがは「ムーブ!」である。
今年最初の放送がこういう内容とは。
裏番組の「ちちんぷいぷいMBS)」、「ミヤネ屋(YTV)」、「ニュースアンカー(KTV)」のようなヌルい番組では考えられない。
特に勝谷誠彦橋下弁護士が府知事選出馬表明をしたとき、「たとえ彼(橋下弁護士)とは仲が良くても、彼が政界に進出すると宣言した以上、公平な目で彼を批評しなければならない」と公言していた。


報道機関として、コメンテーターとして、本来はこうあるべきだろう、