ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

毎日甲子園ボウル in NAGAI

(ネタバレ注意!今日の試合結果が書かれています)


今日は我が国最高の発行部数を誇るスポーツ紙m☆spohttp://m-spo.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_2ea7.htmlの敏腕記者であるえむすぽ記者とともに、長居スタジアムに行ってきた。
アメリカンフットボール東西学生王座決定戦「毎日甲子園ボウル」を観るためである。
甲子園ボウル」というぐらいだから例年なら阪神甲子園球場で行われるのだが、今年と来年は甲子園改修工事のため、長居スタジアムでの開催となる。


本来なら国王はVIPルームに招かれるはずだが、一般ファンの視点から試合を観てみたいと考え、あえて自由席で観覧した。
自由席はJリーグでいう「サポーター席」で、ゴール後ろのスタンドであり、お世辞にも観やすい席とはいい難い。
第一、どれくらい地域を進めたかがわからない。
ただ、自由席はガラガラだったので、ゆったりと観戦することができた。


その代わりというか、指定席の熱気はもの凄かった。
関西代表の関学側はバックスタンドに陣取りほぼ満員、関東代表の日大側はメインスタンドで、こちら側は記者席が大きくスペースを取っているためスタンド規模は小さいが、それでもほぼ満員。


そう、今日は永遠のライバル、関西学院大学ファイターズ×日本大学フェニックスという、18年ぶりとなる因縁のカードである。


西の関学と東の日大、この両校が常に日本アメフト界をリードしてきた。
青の関学と赤の日大が、甲子園の芝生でお互いのプライドをぶつけ合った。
しかし最近では日大が低迷し、1990年に日大が甲子園三連覇をしてからは17年間、甲子園にその姿を見せなかった。
だが今年は、関東王者に返り咲いて、久しぶりにその勇姿を関西のフィールドに現した。
できるなら、その姿は甲子園で見せて欲しかったが……。
そして、日大のユニフォームは篠竹監督時代の赤ではなく、規定に従ってのビジター用の白いユニフォームだった。
篠竹監督の「フェニックスは赤!」という理不尽なゴリ押しはもう通用しないかも知れない……。


18年ぶりに観る、関学と日大のショットガン対決。
試合は関学が一方的に押していた。
が、点は入らない。
逆に日大はワンチャンスを活かし、自陣からのビッグプレーでタッチダウンを奪う。
関学も地域を確実に取ってタッチダウンを返すも、優勢な試合にもかかわらず日大を突き放せない。
さらに、お互いの気迫が激しすぎたのか、反則を連発し、負傷退場者が続出した。


前半はロースコアゲームだったが、第4クォーターで日大がキックオフリターンからのタッチダウンで逆転すると試合は俄然動き出し、タッチダウンの応酬で逆転また逆転という目を離せぬ攻防となった。
試合終了間際に日大が逆転のタッチダウンを決めて、38−34と日大のリード。
ここから関学が攻めて、残り6秒、4thダウンのゴールラインあと1ヤードまで攻め込んだ。
そして関学は中央突破を図り、見事に逆転タッチダウンを決めて、41−38で日大を下し、大学日本一に輝いた。
ちなみに、関学が日大に甲子園ボウルで勝ったのは30年ぶりである。


大活躍した関学QBの三原にミルズ杯が贈られたが、もう一人のMVPはえむすぽ記者であろう。
実は去年、えむすぽ記者及びコウジ理事長と共に甲子園ボウルを視察したのだが、ネタラン国では「雨の神」と崇め奉られるえむすぽ記者は甲子園に激しい雷雨をもたらし、甲子園ボウル史上初の雷雨中断に持ち込んだ。
今年も雷雨が心配されたが、雨の神は長居に災いを運ばなかったようだ。


それはともかく、えむすぽ記者は試合中、ずっと選手に激を飛ばしていた。
「モールで押せ!」
「オープンにまわせ!」
「ラックの連取で二次攻撃、三次攻撃を仕掛けろ!」
「ここでハイパント攻撃だ!!」
さすが我が国きっての敏腕記者、実に的確な指示である。


試合終了後、国王とえむすぽ記者は阿倍野の高級料亭で、スポーツのみならず政治についても話し合った。
「ネタラン国のナベツネ」と呼ばれるえむすぽ記者、国王を取り込んでネタラン国の政治を牛耳ろうとしているのかも知れない。