カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

安倍首相辞任の真相!?

昨日、我がネタラン国王官邸にも、日本国の安倍晋三内閣総理大臣による辞意表明のニュースが伝わってきた。
参院選には惨敗したものの続投表明をし、安倍内閣を改造して、臨時国会で所信表明をした矢先の辞意表明。
さすがの国王も驚いた。
そんなに気に病んでいたのなら国王に相談してくれたら良かったのに、と思う気持ちもアフター・フェスティバル(後の祭り)。

安倍首相の会見によると、辞任理由はこの二点。


(1)テロ特措法の延長は、自分が総理でいる以上は無理。
(2)そのテロ特措法延長について、民主党小沢一郎代表に党首会談を申し入れたが、断られた。


そして安倍首相の側近が明かしたのがこの理由。


(3)安倍首相自身の体調不良のため。


(1)については理由にならない。
APECのシドニーでの記者会見ではテロ特措法について「職を賭して考えで理解を得ていく」と語っていた。
「職を賭する」のに試合放棄では、意味が無いではないか。


(2)については論外。
対抗勢力に対して、党首会談をしてくれなかったからといっていちいち辞任していたのでは、一国の宰相としては失格と言わざるを得ない。
辞任理由にライバルの名を持ち出すというのは、幼児性が感じられる。


(3)がいちばん有力な説で、体を悪くしていたのは事実らしく、今日、慶応病院で検査を受けて入院した。
余談ながら、この慶応病院は松岡利勝農林水産大臣が自殺して搬送された病院で、もっとどうでもいい情報ではZARD坂井泉水が亡くなった病院でもある。


だが、この体調不良説もちょっと怪しい(体調が悪いのは事実だが)という説も出てきている。


それが今日発売の「週刊文春」9月20日号による、安倍首相スキャンダルの大スクープだ。
ちなみに、時事評論家の宮崎哲弥は先週、大阪のテレビ番組で「週刊文春は安倍内閣崩壊の重大なネタを握っている」と、プチ暴露な発言をしていた。


週刊文春の発売日は今日で、安倍首相が辞任表明をしたのが昨日。
タイミングとしてはあまりにも良すぎる。
その記事の内容を紹介しよう。
ただし、今日発売なので、さすがに週刊文春も、発売日には既に安倍首相が辞任していたということは知らない。


週刊文春の記事によると、安倍首相は「慧光塾(えこうじゅく)」という"宗教"の信者だったらしい。
慧光塾というのは宗教法人ではなくあくまでもコンサルタント業務の株式会社組織だったのだが、「教祖」の光永仁義は「手かざし治療」などの宗教的な治療を行っていて、安倍首相も光永を信頼していたという。
光永と安倍家は、安倍首相の父である安倍晋太郎とも懇意な間柄で、非常に密接な関係だった。


その後、光永の死去で慧光塾は霊能者を名乗るHという女性に引き継がれたが、なんと安倍改造内閣はこのHという慧光塾の代表による「神のお告げ」により人選がなされたというのだ。
週刊文春の記事に書かれている、慧光塾関係者が語っている言葉をそのまま引用しよう。


「何人かの閣僚候補に関して『お告げ』を行ってもらったのです。ひとりひとりの名前を書いた紙をHが霊視する。憑依した政治家の霊が、改造内閣への忠誠を誓ったり、あるいは将来の謀反を匂わす。そうした独自の『身体検査』を経て、洋子奥様(筆者注:安倍晋三の母親のこと)は安倍に推薦する政治家を伝えたのではないでしょうか」


なんと安倍改造内閣は「神のお告げ」によって組閣されたというのである。
まるで奈良時代の政(まつりごと)の感覚だ。
ちょっと信じられないが、話が突飛なだけにかえって信憑性も高い。
だいたい、こんなとんでもない話、ウラも取っていない記事を大手週刊誌が掲載できるだろうか。
その一方で、「大きなウソほど信じやすい」という言葉もあるので、ウソなのかも知れない。


だが、実は「週刊現代」も安倍首相についてスクープ記事を用意している。
こちらはまだ発売されていないが、父の晋太郎に絡む大脱税というもの。
ただし、こちらは安倍首相側は反論し、発行元の講談社に対し、記事を掲載しないようにと忠告している。
ところが、週刊文春の記事に対してはアクションを起こさず、そのまま発売されてしまった。
安倍首相はこの「神のお告げ組閣」を認めたのだろうか。
安倍首相が国会での代表質問前に辞意を表明し、慶応病院に入院したのは、野党党首からの質問を逃れるだけでなく、この「神のお告げ組閣」の質問から逃れるためではなかったのか?
それとも、国会会期中という大事な時期に辞意を表明したのは「神のお告げ」だったのか?
阪神タイガースを裏切ったマイク・グリーンウェルじゃあるまいし。


週刊文春では慧光塾以外でも、安倍首相及び自民党関係者とあらゆる宗教団体との繋がりを書いているが、話が煩雑になるのでここでは割愛する。
興味がある方は週刊文春を読んでいただきたい。


それにしても、この週刊文春の記事が本当だとすれば、日本は世界中の笑い者である。
カルトに染まった人物が、一国の宰相だったなんて。
なによりも喜ぶのが北朝鮮である。
我が北朝鮮を非難してきた国のリーダーは、こんなバカげたことを信仰している人物だったのですよ、そんなプロパガンダを展開するだろう。


日本国の与党は、宗教団体にどっぷり浸かっている自民党と、創価学会が母体の公明党である。
政教分離」が大原則である政治の世界で、こんな違法行為が堂々とまかり通っている。
これが安倍首相の言う「美しい国」の実態なのか。


さて、我がネタラン王国は「汚い国づくり」に邁進しようか。
こんな欺瞞に満ちた「美しい国」ならば、「汚い国」の方がよっぽどマシである。