ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

宿命のライバル

宿命のライバルと呼ばれる者たちがいる。
宮本武蔵佐々木小次郎長嶋茂雄村山実ジャイアント馬場アントニオ猪木栃錦若乃花
彼らは互いに切磋琢磨し、腕を上げて伝説を作った。


では、史上最高のライバル関係とはどんな者たちだろうか。
僕はカブトムシとクワガタではないかと考える。


カブトムシとクワガタ、どちらが強いか(あるいは好きか)、男子ならば一度は考える永遠のテーマだろう。
昨日、NHK教育テレビで、そんな趣旨の子供番組を放送していた(なんと国王は、他国の公共放送の受信料を払っている)。
カブトムシ派、クワガタ派、真っ二つに分かれるところだろうが、僕は昔から断然クワガタ派だ。
僕は№2が好きで、東京よりも大阪、巨人よりも阪神、ライオンよりもトラ(ライオンが№1かどうかは知らないが、一応百獣の王だから)、主役よりもそのライバルが好きだった。


しかし、昔からテレビ番組でも本でも、いつもクワガタがカブトムシに負けていた。
僕は特にノコギリクワガタが好きなのだが、コイツはいつもミジメなほどカブトムシにピョーンと飛ばされていた。
これを「噛ませ犬」と言わずして何と言おう。
学研の「昆虫のひみつ」でも、クワガタは当然負けていたし、「ビーファイター」でもカブトが主役でクワガタが二番手だった。
いつかはクワガタがカブトムシを負かすシーンを見たいと思っていたが、昨日の番組ではミヤマクワガタがカブトムシを大アゴで挟み、痛がったカブトムシが痛がって逃げ出してしまった。
まるで阪神が巨人に12−0で大勝し、大阪が首都になったような快感だった。


さて、あなたはカブトムシとクワガタ、どちらが好き?