カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

メジャーの卵を手玉に取った桑田

今日、パイレーツの桑田真澄がカージナルズ戦に中継ぎ登板し、無失点の好投を見せた。
残念ながらメジャー初勝利には到らなかったようだが、渡米してからの桑田の活躍は見事である。


桑田は巨人のエースに君臨していた頃からメジャー志向が強かったが、いつごろからメジャーを意識していたのだろうか。
僕は桑田が高校一年の頃からメジャーを意識していたのではないかと考える。


桑田が高校一年生のとき、エースとしてPL学園を全国制覇に導いた。
そして、全日本高校選抜チームに一年生としてただ一人選ばれた(清原は選ばれなかった)。
この年、全日本はアメリカに遠征し、カリフォルニア州高校選抜と4試合、ハワイの高校チームと2試合行い、3勝3敗のイーブンだった。
特に注目されたのがカリフォルニア州選抜との試合で、このチームにはメジャーからドラフト指名されていた選手もいた。

この年の全日本の三年生選手は、投手が水野(池田→巨人)、野中(中京→阪急)、三浦(横浜商→中日)、野手では池山(市尼崎→ヤクルト)、加藤(PL学園→早大近鉄)という、いわゆる40年会の、錚錚たるメンバーだった。
日本プロ野球予備軍とメジャー予備軍の激突である。
全日本のエース格は水野。
甲子園ではPL学園に打ち込まれたものの、それ以外の試合では重い速球を武器に他校をきりきり舞いさせていた。


しかし、対カリフォルニア選抜第一戦で先発した水野は、メジャー予備軍の選手にホームランを浴びてKO。
全日本は第一戦を落とした。


負けられない第二戦は野中を先発に立てるが、カリフォルニア選抜打線に早々とつかまりKO。
全日本も負けじと打ち返すが、リリーフに出た三年生投手がことごとく打ち込まれて、7回を終わったところでなんと15-15のラグビースコア。
ここで全日本は第三戦先発予定の桑田を8回からマウンドに送った。
するとどうだろう、三年生投手たちを面白いように打ち込んでいたカリフォルニア選抜打線が、ウソのように沈黙。
弱冠15歳、桑田の速球とカーブの前にメジャーの卵たちは手も足も出なかった。

さらにその裏、勝ち越しのチャンスに打席が廻ってきた桑田は「投げるよりも打つほうが自信があった」と勝ち越しのタイムリー。
甲子園さながらの投打に渡っての活躍で、1勝1敗のタイに戻した。


第三戦は三浦がKOされて、1勝2敗に。
そして第四戦は桑田が先発。
桑田はここでも4回まで強力なカリフォルニア選抜打線を無失点に抑えるが、5回にピッチャーライナーをモロに受けて無念の負傷退場。
桑田をリリーフした水野、三浦が大炎上し、またもや乱戦となったが、池山と加藤がホームランを打って全日本打線が大爆発。
19−10で全日本が勝ち、2勝2敗のタイにした。


それにしても、後にプロで活躍する三年生投手が通用しなかったのに、一年生の自分がメジャー予備軍を手玉に取ったことで、桑田はメジャーを意識したのではなかったか。
このときのカリフォルニア選抜の平均得点は10点強である。


この年は1983年、まだ日本人メジャーリーガーが一人もいなかった時代だ。
「日本人メジャーリーガーなんて夢また夢」と思われていた頃の15歳の少年がメジャーの卵を撫で斬り、39歳になった現在では実在のメジャーリーガーを討ち取る。
なんとも息の長いアメリカン・ドリームの実現ではないか。


ちなみに、このときのカリフォルニア遠征では、選手たちはアメリカ人の家庭にホームステイしたが、もっとも英語が上手かったのは一年生の桑田だったという。
ひょっとして、高校入学時からメジャーを意識していたのではあるまいね!?