カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

夏の夜の野球

今日はボールパーク共和国の国民仲間である元姫路市民さんと浪速ファイターズさんとでスカイマークスタジアムに行ってきました。
(ネターランド王国の国王がなぜボールパーク共和国の国民なのかって?国王は多重国籍保持者なのじゃ。だからボ共には「ネタ」という税金を払っておる)
オリックス×東北楽天の最下位攻防戦で、楽天の先発はマー君。
いい日に観戦できました。
マー君は変化球主体のピッチングでやや不満でしたが、7回3失点で見事8勝目を挙げました。
特にローズから3三振を奪う力投ぶり。
そのローズとホームラン王を争う山崎武司(*注)がやってくれました。
ローズを突き放し、マー君を援護する、左翼場外への超特大34号ホームラン。
今日の入場料はなんと安いことでしょう。


スカイマークに来たのは2年ぶりですが、何度来ても素晴らしい球場です。
内、外野の美しい天然芝。
視界を遮る物がない、実に野球が観やすいスタンド。
山手にあるので、夏でも涼しい風が吹いており、真夏のナイターにはもってこい。
都心からやや離れているのが難点ですが(三宮から地下鉄で約20分)、駅からは近いし、広大な駐車場を備えているのでさほど気になりません。
こんな素晴らしいボールパークが、準本拠地であるなんて本当にもったいない。

何度も引き合いに出して申し訳ないのですが、オリックスの正本拠地である京セラドーム大阪とは大違い。
無機質な人工芝に閉鎖感満点のドーム球場
野球を観させないために造ったのかと思えるほどの、死角だらけのスタンド。
いい点といえば、雨天中止がないということと、大阪都心部にあってアクセスが良いというくらいでしょうか。


今日のスカイマークは花火ナイターでした。
五回終了時に花火が次々と打ち上がったのですが、その光景は実に圧巻でした。
これもドームでは味わえない魅力でしょう(ドームによっては花火も可能だが、スケールが違う)。

今日、同じ兵庫県南部にある甲子園球場では試合途中に豪雨が降ったそうですが、スカイマークではその気配すらありませんでした。
ちょっと不思議な現象ですが、おかげで花火を存分に楽しむことができました。


スカイマークスタジアムには、真夏の夜の野球観戦の魅力が詰まっています。
また、僕はまだ体験していないのですが、春先や秋のデーゲーム観戦も、実に気持ちがいいものでしょう。

大阪府民の僕としては(ん?ネタラン国王は日本国籍も持っているのか?)大阪に球団があって欲しいのですが、この素晴らしい球場が準フランチャイズという中途半端な状態に置かれているのが、かえすがえすも残念です。



*注:「山崎武司」の「崎」の字が文字化けしたため、常用漢字にした。