カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

アキレス腱だらけ内閣

ネターランド王国の国王として他国の政治問題について言及するのは大きなお世話だということは重々承知しているが、今日は日本国という国の政治問題について語りたいと思う。

日本国(以下、日本)の安倍内閣政権は発足以来、数々のスキャンダルにまみれてきた。

虚偽報告大臣や女性を産卵機械と思い込んでいた大臣、さらにナントカ還元水を飲んでいた大臣が自殺するなど、安倍内閣はトンデモ閣僚のオンパレード。
さらに社会保険庁の大失態に加えて、国の防衛を司る大臣が「原爆を落とされてもしゃーないやん」発言。
まさに安倍内閣はアキレス腱だらけである。

なにしろこの防衛相、最初は「別に大したことは言っていない。罷免(あるいは辞任)の必要なんてない」と語り、安倍首相も「防衛相の発言に問題はない」と言っていた。
ところが世論が批判を始めると突然、安倍首相は防衛相に「厳重注意」を与えた。
発言に問題がないのなら、なんで厳重注意するの?

このことに関し、防衛相は「脇が甘かった」と反省した。
どうやら「安倍内閣」という体には、脇にもアキレス腱があるらしい。

それでも「野党が罷免要求?そんなことはよくあること」とまるで反省したとは思えない発言を繰り返していた防衛相だが、今日になって突然辞任した。
それで反省したと思いきや、「選挙前だから仕方がない」「安倍首相や自民党には迷惑をかけた」「公明党にも影響があるだろう」という言葉が並ぶのみ。
ひょっとして、政府与党にはすまないと思っていても、被爆者や国民に対しては謝罪の感情などないのでは?
結局安倍首相は防衛相を罷免できず、辞任という形で防衛相の顔を立てている。

正直言うと、防衛相の辞任にはビックリしたが、このまま防衛相の地位に置いておくと参院選でマイナスになると思い、安部首相が辞任を待っていたからだと思える。
これで参院選に向けて、閣僚に責任を取らせるというイメージアップを図ろうとしているのはミエミエだ。

だが、それ以上に大きいのは公明党の存在だ。
この防衛相の発言で、公明党(というより創価学会)」からソッポを向かれる可能性が高い。
今の自民党では、創価学会の力がなければとても政権政党の維持はできない。
防衛相は当然そのことは知っていたので、自ら身を引いたのではないか。
あるいは自民党内に圧力があったのか。

安倍内閣が参院選の期日延長してまで国会会期延長して、数々の法案を強行採決するのは、もはや参院選での負けを覚悟しているのではないのか。
参院選で負ければ、間違いなく安倍内閣は崩壊する。
安倍首相も内閣総辞職を覚悟していると思われる。
そこでイチかバチかの賭けに出て、参院選を一週間先に延ばした。
その間に社保庁問題を国民が忘れるかも知れないし、夏休みで投票率が下がるかも知れないし、民主党のスキャンダルでも見つけたらまさしくメッケもの。

でも、日本の有権者はそこまでバカかどうか。
いかに忘れっぽい日本人でも、これだけの不祥事を忘れるとは思えない。

7月29日、安倍内閣という重病患者は、参議院選挙という名の晋三(心臓)手術が国民の手によって施される。