カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

週刊ファイト

難しいレスラーの引け際

▲飛龍二世が力道山三世にドラゴン・スクリュー! 獣神サンダー・ライガーと中西学が引退。プロレスラーの引け際について考えてみる。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

2020年の初夢

2020年代の幕開けとなる初夢、どんな夢を見た?やはり東京オリンピックに関することか?? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

国王の記事が炎上!?

国王の書いた記事が炎上しかけました。もっとも、噛み付いてきたのは1人のプロレス・ヲタク学生のみですが(^_^;) その件に関するオフレコ対談です。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただける…

プロレス界にも体重別の日本チャンピオンとランキング制度があった、ってホント!?

世界中にチャンピオンがいるのに、なぜか日本チャンピオンはいないプロレス界。ところが63年前、ボクシングのようにプロレス界にも体重別の日本チャンピオンとランキング制度が存在した! 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、…

師走には大事件がプロレス界に起きる!?

忙しい年末はプロレス界も忙しい。暮れになると大事件が起きる。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと…

チャンピオン・ベルトの統一は可能か!?

チャンピオン・ベルトが何本も乱立するプロレス界。昭和時代は、ベルトを統一する動きがあった!? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕に…

鷹の爪大賞2019

国王が選んだMVPは!?その他、独自の視点からの各賞も続々! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

「クイズ!脳ベルSHOW」秋山準がインテリぶりを発揮!?

秋山準がBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」に出演。専修大学出身・長州力の後輩らしく(?)インテリぶりを発揮! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

アントニオ猪木にとっての「あいつ今何してる?」

アントニオ猪木がテレビ朝日系「あいつ今何してる?」に出演。猪木が気になっていた人物は、ブラジルの「よっちゃん」と、パラオの「エミさん」。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラグビー日本代表の選手たちはプロレスラーの適正あり!

福岡堅樹が、トンプソン ルークが意外なプロレス才能を発揮!?ラグビー日本代表で、プロレスラー向きの選手をピックアップ! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

「笑わない男」稲垣啓太と倉持明日香、そして小橋建太との三角関係!?

熱愛報道があった稲垣啓太と倉持明日香。その間に小橋建太が割って入った!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

スタン・ハンセンが来日、「叩いて被ってジャンケンポン」に挑戦!

年に一度、BSフジで生放送される11時間テレビ、目玉コーナーはプロレスラーたちによる「叩いて被ってジャンケンポン」。暫定王者の長州力に、越中詩郎と前田日明、そしてスタン・ハンセンが挑む! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、ど…

世界一決定戦は格闘技やプロレスでも可能か!?

井上尚弥がWBSSで優勝を果たした。格闘技やプロレスでも、同様の大会は可能なのだろうか。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

蝶野正洋、レスラー以外の相手でもクイズで優勝できるか!?

蝶野正洋が「クイズ!脳ベルSHOW」に挑む!以前、同番組に出演した蝶野は優勝したが、相手は全員レベルの低いプロレスラーだった……。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

日本戦以外でも盛り上がるラグビー・ワールドカップと、昭和プロレス

ラグビー・ワールドカップでは、日本戦以外でも高視聴率をマークし、会場も満員の盛況だった。日本人選手がいなくても盛り上がるのは、昭和プロレスのファンが最初だったかも知れない。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に…

ブレイブ・ブロッサムズと龍原砲

ラグビー・ワールドカップで素晴らしい感動を与えてくれた日本代表。その精神は、龍原砲に通ずるものがあった。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ドラフトとプロレス

プロ野球ドラフト会議が行われ、佐々木朗希投手や奥川恭伸投手は1位指名された。しかし、今回のドラフト指名された中で、10年後もプロで生き残っている選手は、ほんの一握りだろう。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に…

ラグビーにおける、レフリーの歴史

元々ラグビーには、レフリーがいなかった!?ラグビーと似た競技がプロレスである。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラグビー・ワールドカップとプロレス

ラグビー・ワールドカップにおけるファン・サービス。これがプロレスにも反映されるか? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラグビーと三沢光晴

ワールドカップで沸き返る日本列島。日本代表と三沢光晴に共通点があった!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

明治大の重戦車FW、「前へ」最後の世代・鈴木KENSO

明治大ラグビー黄金時代の最終世代・鈴木健三。卒業後は「前へ」突き進み、プロレスラーとなってKENSOに変身した。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

巨漢ながら俊足のロック、グレート草津

グレート草津は昭和30年代最強を誇った八幡製鐵のLO。現在だったら世界最高峰のWTBだった!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ラガーマン:阿修羅・原

阿修羅・原はどんなラガーマンだったのか?ラグビーの解説付き! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

「テレビ野郎ナナーナ」に藤波辰爾が声優出演!

滑舌の悪いマッチョ・ドラゴンに声優が務まるのか!?あの迷セリフ「お前、平田だろう!」まで飛び出す! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

甲子園強豪校からプロレスラーへ

プロレスラーの出身校には、甲子園強豪校が案外多い。 あの高校は、こんなレスラーを生み出していた!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

50歳で定年!?

新日本プロレスでは50歳定年制を推進しているという。果たして、プロレスにサラリーマンのような定年が必要なのか!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

“美獣”はフランス語の『ビジュー(bijou)』で、まさしく宝石だった

“ミスター・プロレス”“美獣”ことハーリー・レイスが現地時間8月1日に亡くなった。 レイスはNWAプロレスの申し子、古き良き時代のプロレスラーだった。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

「世にも奇妙な物語」を法律で見ると……

若手レスラーに獣神サンダー・ライガーの魂が乗り移り、奇跡の逆転勝利を挙げたが、この若手レスラーは死亡。「世にも奇妙な物語」では美談になっていたが、法律に照らし合わせるとどうなるのか!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どな…

東京プロレス「板橋放火事件」

京都アニメーションに対する放火事件があったが、プロレス界でも50年以上前に放火騒ぎがあった。 若かりし頃のアントニオ猪木をエースとした「東京プロレス」で起きた事件である。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読…

爆笑!プロレス・ドラマ

かつて、プロレスを題材にしたドラマが数多くあった。 ホントに笑えるドラマばかり(^_^;) 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net