カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

週刊ファイト

藤波辰爾がHEAT-UPに登場

藤波辰爾がTAMURAとタッグを組み、”ヤマネコ宅急便”こと兼平大介&大谷譲二の挑戦を受けた。 タムラドラゴンの防衛か、ヤマネコ宅急便がベルト奪取なるか!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

「次課・長州の力旅SP」で東京周遊

獣神サンダー・ライガーと武藤敬司がゲスト。2時間スペシャルの今回、どんなマニアック事情通が現れる? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

じゃりン子チエとプロレス

じゃりン子チエは、やっぱりオモロイ! プロレス技も存分に堪能できる。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

令和プロレスはこうなります!?

ブームを呼んだ昭和、厳冬時代を迎えた平成。さて、令和のプロレスはどうなるのだろうか? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

10年ごとの平成プロレスMVP3人+3

平成を10年ごと3代に分けて、それぞれのプロレスMVPを選出。 さらに、レスラー以外の裏MVPも3人選んだ。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

昭和の終わりと共に昭和プロレスも終わり、平成元年に平成プロレスが始まっていた

今年の5月1日で平成が終わり、令和が始まる。 歴史を振り返ると、昭和が終わった年には確かに昭和プロレスも終わり、平成元年と共に平成プロレスも始まっていたのだ。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後…

ショーケン、金曜夜8時の大戦争を生む

ショーケンとこ萩原健一が亡くなった。 ショーケンが「マカロニ」刑事役を演じた「太陽にほえろ!」、これにより金曜夜8時の大戦争が勃発した。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

イチローよりも偉大だったジャイアント馬場

先日、引退を表明したイチロー。 そのイチローは、自分の部屋にジャイアント馬場のポスターを貼っていた! 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのな…

プロレス界一のインテリ棚橋弘至がクイズ王になれるか!?

棚橋弘至が「クイズ!脳ベルSHOW」に登場した。立命館大学法学部出身の棚橋がクイズ王を目指す! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

追悼:ザ・デストロイヤー

▲ランディ・バースにヘッド・ロックをかけられるザ・デストロイヤー 先日、4の字固めでお馴染みのザ・デストロイヤーが亡くなりました。プロレスだけではなく、バラエティー番組で和田アキ子らと共演していたので、憶えている人も多いと思います。 今回、週…

1局独占放送が当たり前だったプロレス中継

プロレス中継は、特定の団体を特定のテレビ局が放送する、というのが当たり前だった。 今後、このビジネス・モデルはどうなっていくのか? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要で…

プロ野球の乱闘を武藤敬司が解説!

日本テレビの『OBvs.現役 プロ野球好珍バトル2019春』という番組に、武藤敬司が出演した。 そこで武藤は、プロ野球選手に乱闘の仕方を伝授!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

小橋建太、1年ぶりの「クイズ!脳ベルSHOW」

小橋健太が「クイズ!脳ベルSHOW」に、1年ぶりに登場した。前回は3位、そして先週はキューティー鈴木が週間チャンピオンになっているだけに、プロレスラー勢2連覇を果たしたいところだ。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自…

探偵!ナイトスクープおよびサザン年越しライブに登場した、前座時代の金本浩二

先日、残念ながら逮捕された金本浩二。その金本は前座時代、関西のオバケ視聴率番組「探偵!ナイトスクープ」や、サザンオールスターズ年越しライブの生中継に登場していた! 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため…

キューティー鈴木、クイズ王なるか!?真壁刀義も参戦

真壁刀義とキューティー鈴木がBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」に出演した。プロレスラー悲願の週間チャンピオンになるか!? 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

藤原組長が安達祐実のママと熟年結婚!?

”組長”こと藤原喜明がBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」に出演した。しかし組長は、クイズそっちのけでウイスキーを呑むわ、安達祐実の母親である安達有里とイチャつくわ、やりたい放題だった。 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも…

吹けよ風、呼べよ嵐!”黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーの想い出

2月19日『ジャイアント馬場没20年追善興行』で、“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニーが行われた。 ブッチャーはなぜ、人気絶頂の頃に全日本プロレスから新日本プロレスに移籍したのか!? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中ま…

桑田佳祐は語った。「ロックンロールはプロレスだ!」と

平成の初め、サザンオールスターズの桑田佳祐が音楽雑誌で、21ページにもわたってプロレス論を展開するという掟破りの暴挙に出た。 団体のトップだったレスラー達を、ザ・ビートルズに例えたのである。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料…

アジャ・コングのクイズ脳が覚醒!?

アジャ・コングがBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」に出演、週間チャンピオン大会の進出を目指す。クイズとは無縁と思えるアジャ・コング、しかし意外なクイズ脳を発揮、快進撃が始まった! 週刊ファイトにコラムを書きました。無料記事のため、どなたでも自由…

近鉄にキダ・タロー……。濃すぎる大阪文化!

大阪は日本でも特殊な場所、治外法権。 こんな大阪に、横浜出身の高田延彦はついて来れるのか? 週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

ABC「ナイトinナイト」では2夜にわたりゲイシャガールと居酒屋リングサイド!

「Aさんの話」には、KENSOに振り回されたゲイシャガールが登場! 「今ちゃんの実は……」では、筆者も行った大阪「観光プロレス居酒屋リングサイド」を紹介! 週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.net

全日本プロレスが、新日本プロレスの東京ドーム大会に殴り込みをかけた!

亡くなって早や20年となるジャイアント馬場。 今から29年前、平成の始まりにそれまでは犬猿の仲と言われた全日本プロレスと新日本プロレスが、リング上で相対したことがあった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記…

川田利明が乃木坂46に、ラーメン屋転向の秘密を暴露!

川田利明がフジテレビ「私の働き方〜乃木坂46のダブルワーク体験!〜」に出演した。 全日本プロレス四天王の川田がなぜ、ラーメン屋に転向せざるを得なかったのか!? 週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ mir…

ブル中野が「クイズ!脳ベルSHOW」で極悪殺法炸裂!?

ブル中野がBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」に出演、週間チャンピオン大会の進出を目指す。 しかしブル中野は珍解答を連発、しかも極悪同盟時代の愚痴まで語る!? 週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも自由に読めます↓ miruhon.n…

渕正信がクイズ王と結婚の二冠をゲット!?

渕正信がBSフジ「クイズ!脳ベルSHOW」に出演、週間チャンピオン大会に進出した。 クイズ王を目指す64歳独身の渕、しかしクイズそっちのけで女子アナと「おしん女優」を口説く!? 週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたでも自由…

力道山の息子と孫がタッグ!

新年早々、力道山の息子である百田光雄と、その息子である力(ちから)がタッグを組んだ。 かつて「6時半の男(いつも前座の第1試合に登場するため)」と呼ばれた百田光雄は、御年70歳! 週刊ファイトにエッセイを書きました。無料記事のため、どなたで…

想い出の「週刊ファイト」ローラン・ボック特集号

西ドイツでアントニオ猪木を破り「地獄の墓堀人」と呼ばれたローラン・ボック。 今から37年前、ローラン・ボック特集が「週刊ファイト」で組まれたが、それが筆者にとって初めて買ったプロレス書物だった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは…

TBSの年末特番で故・G馬場夫人特集

TBS系列の年末特番「爆報!THE フライデー~昭和の大スター!禁断の2時間SP~」で、今年の4月14日に78歳で亡くなった故・ジャイアント馬場夫人の馬場元子さんが特集で取り上げられた。 G馬場の死後、元子さんはなぜG馬場の遺体を隠そうとしたのか…

1987年の暮れ、ベイダー日本デビュー戦での両国暴動

1987年12月27日、両国国技館にビートたけしが興したプロレス団体TPGがビッグ・バン・ベイダーを連れて乱入! プロレスにお笑いを持ち込んだことに腹を立てた新日ファンは暴動を起こした。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読…

武藤敬司の長男がアメフトで活躍!?

甲子園ボウル(MVPおよびミルズ杯は「悪質タックル」の被害者、関学大の奥野選手)の前日、青山学院大学がアメフト関東リーグ戦の入れ替え戦で勝利し、創部60年目にして初めて1部リーグに昇格した。 その青学大の選手に、武藤敬司の長男である武藤壮司…