ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

芸能

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」に見る、日本の問題点

テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」という番組がある。 メイン・パーソナリティが太川陽介と蛭子能収、そしてマドンナと呼ばれる女性ゲストを加えた3人で路線バスを乗り継いで行くという、一種の旅番組だ。 「土曜日スペシャル」という枠の番組…

「坊っちゃん」はなぜ成功しないのか

今年(2016年)1月3日、フジテレビ系列でドラマ「坊っちゃん」が放送された。 言うまでもなく夏目漱石の小説「坊っちゃん」をドラマ化した番組である。 これまでも何度も「坊っちゃん」は映画化、ドラマ化されてきた。 しかし、そのどれもが成功作とは…

「相棒13」最終回

注:今回の日記はドラマの内容が含まれますので、これからドラマを見る方は読まないでください。 テレビ朝日系列で放送中の人気ドラマ「相棒 season13」が最終回を迎えた。 警視庁特命係の警部・杉下右京(水谷豊)の三代目相棒である甲斐享(=カイト、成宮…

金八とカンカン

現在、CS放送で「3年B組金八先生」の第一シリーズと第二シリーズの再放送をしている。 第一シリーズといえば杉田かおるが中学生ながら妊娠し、第二シリーズでは「腐ったミカンの方程式」による校内暴力がテーマだったが、放送開始から35年ぐらい経つの…

ゴジラvsティラノサウルス

今年の6月7日(土)、ゴジラがまた日本に上陸するようだ。 まだ上陸もしていないのに予測できるのも変な話だが、ゴジラが初めて日本にやって来たのは1954年だから、日本は60年間もずっとゴジラの恐怖に怯えていたことになる。 なるほど、日本国首相…

スクール☆ウォーズ

あのドラマはどこまで真実か?↓ http://menzine.jp/trivia/schoolwars0428/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

吉本と松竹

吉本と松竹↓http://menzine.jp/lifestyle/yosimotosyoutiku4037/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

「スクール☆ウォーズ」と「101回目のプロポーズ」

先日、CS放送でドラマ「スクール☆ウォーズ」を一挙放送したと書いたが、そのドラマで納得できないシーンがあった。 ラグビー部の女子マネージャーだった岩崎良美が、ラグビー部員の松村雄基と、岩崎良美に想いを寄せる鶴見辰吾が決闘すると聞き、岩崎良美…

厳しい修行

落語家の修行というのは厳しいらしい。 師匠にとっても他人のお子さんの人生を預かるわけだから、実の親以上に厳しく躾ける。 では、実の子を弟子にすると、どうなるのか。 これは他の弟子の手前上、甘やかすわけにはいかない。 相撲界の若貴兄弟と同じく、…

昼ドラ新番組

優しい嘘と残酷な沈黙 USO通信社のジャーナリスト・徹と結ばれた美代子は、幸せな結婚生活を送っていた。 そう、あの女が現れるまでは……。 魔性の女・久仁子と出会った徹は次第にその魅力の虜となり、美代子からは心が離れていった。 しかし、美代子は徹…

新喜劇のコラボ

3月3日から京橋花月で公演する吉本新喜劇に、松竹新喜劇の代表兼座長である三代目・渋谷天外がゲスト出演する。 松竹新喜劇の団員が吉本新喜劇に登場するのは初めてで、その逆も例がない。 吉本興業と松竹芸能と言えば、お笑い界における宿命のライバル。 …

負けざる者たち

クリント・イーストウッド監督の映画「インビクタス〜負けざる者たち」を観た。↓ http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus/ 率直な感想を言えば、非常に面白い映画だった。 日本公開から20日近くも経って言うのも恐縮だが、ぜひ観てもらいたい映画である。 …

同時上映

最近、映画のロードショーで「同時上映」という言葉を聞かなくなった。 したがって若い人は同時上映という言葉すら知らないかもしれない。 同時上映と言っても、一つの劇場に二つのスクリーンがあって、二つの映画を同時に上映するわけではない(そんなこと…

ぴったんこカンカン

テレ朝でやっていたマジックショーを見た後、TBSにチャンネルを替えて「ぴったんこカンカン」を見ました。 宮根誠司を見たかったからですが、宮根誠司とTBSアナの東京の店案内は間もなく終わり、宮根誠司とは関係ないスタジオ収録に切り替わりました。…

まえだが泣いてるぞー!!

松坂の女房

先日、GAORAでセンバツプレイバックという番組をやっていた。 第70回センバツの準々決勝、横浜×郡山の対戦。 この年の横浜は春夏連覇を達成した。 ということは、横浜のエースは現・レッドソックスの松坂大輔。 この年、横浜の主将であり松坂の女房役…

胡散臭いCM2

○アリコ(各種保険) 前回紹介した「やずや」のCMより、圧倒的に胡散臭いのが外資系保険会社の「アリコ」のCM。 保険のCMはどれもこれも胡散臭いが、「アリコ」は全てのCMが胡散臭いということで群を抜いている(「アメリカンホームダイレクト」も相…

胡散臭いCM

そもそもCMとは胡散臭いものなのだが、その中でも群を抜いて胡散臭いCMがあったので、それを紹介しよう。 ○やずや(発芽十六雑穀) 昼食時に主婦Aの家にお邪魔した主婦B。 主婦Aの家で昼メシを食っていこうという魂胆らしい。 主婦A「お昼、昨日の残…

偏見実況生放送

昨日の日テレの「深イイ話」は巨人×阪神戦形式になっていて、江川卓と掛布雅之も出演していた。 話題となった、江川と小林繁が共演した「黄桜」のCM紹介の時、島田紳助が言った。「関西ではねえ、子供の頃から『江川は悪いヤツや』という教育を受けてるん…

宇宙最強の星

といえば、誰が何と言おうとヴァルナ星である。 ヴァルナ星のウルフアタッカーにかかれば、白色彗星もゴルバも目じゃない。 う〜ん、カッコいいオープニング。 ヒデ夕樹さんの渋い歌声が聴かせる。 宍戸錠さんも若いねえ。 ……つか、今とあんまし変わらん気も…

24時間テレビ

毎年、この番組は見たことがないので、やろうがやるまいがどっちゃでもいいが、昼頃に10チャンネル(よみうりテレビ)に合わせてみると、関西ローカルの内容だった。 24時間テレビは全編全国ネットだと思っていたので、ちょっと意外だった。 せっかく昼…

さくらのごとく

今日は我が国きっての敏腕記者であるえむすぽ記者と共に阿倍野まで演劇を観に行った。 FA企画「さくらさくらカンパニー」による公演である。 FA企画のURLはこちら↓ http://fakikaku.com/ 今回の出し物は、「さくらさくらカンパニー」十八番の新撰組ネ…

おバカさんはIQが高い!?

今日のフジテレビ系「IQサプリ」では、同じ系列の人気番組「ヘキサゴン」の名物おバカキャラが集結、両番組の対決となった。 結果はホームチームのIQサプリが勝ったが、ヘキサゴンのおバカさんたちが意外な健闘を見せた。 最強のおバカギャルコンビ・里…

11月5日ネタランニュース

ネタランニュースの時間です。 昨日、日本国の名女優である時任歩さん及び各国の首脳が我がネターランド王国を訪れました。 さしもの名女優も、偉大なるきんぐ国王と対面するとあって緊張した面持ち。 しかし、初めて見るというネタラン名物のグレコの看板や…

こうして歴史は捏造される

来月18日に大阪市長選挙が行われるが、以前ある新聞が、橋下徹弁護士が出馬か!?とスッパ抜いた。 この報道に対し橋下弁護士は、朝日放送の「ムーブ!」という番組で「500%ありえない」と全面否定した。 ところが数週間後、またもや出馬疑惑(別に悪…

絵を写真にする

今日、映画「キャプテン」を観てきた。 「キャプテン」と言えば、故・ちばあきお先生が描いた野球漫画のバイブルと言っていい作品である。 小学生の頃、僕はこれをリアルタイムで夢中になって読んでいた。 当時の野球漫画といえば水島新司先生の「ドカベン」…

人生双六

ライバルの存在が成長の糧になるとよく言われるが、関西でのライバル関係といえば吉本興業と松竹芸能だろう。 お笑いの本場・関西において両者は切磋琢磨し、関西お笑い界のレベルを上げて、日本の他の地域を寄せ付けない水準の高さを誇ってきた。 そしてそ…

河内長野に芸人が集結

今日、河内長野でお笑いイベントがあり、それを観に行った。 タダ券をもらったからである。 河内長野へは我が家から車で約30分。 手軽に行ける距離だ。 大阪以外の方に説明すると、河内長野は大阪の南東部に位置し、新大阪からは電車を乗り継いで約1時間…

だんだん、だだんだん

二日続けてCMネタ。 今、気になるCMといえばこちら。↓http://www.youtube.com/watch?v=8neWKjkgiiA&NR=1歌のリズムの良さがなんともいい。 これは私企業のCMではなく、「板硝子協会」という団体のCMだそうです。 我が国にも日本国のCMの電波が勝手…

礼二と好みが同じ!?

先日、mixiの日記で、ウナコーワクール「もろこしヘッド」のCMの女の子(北乃きい)が気になると書いたら、中川家の礼二も全く同じように思っていたそうだ。 まさか礼二が僕の好みと同じだったとは。 しかも、きいちゃんの父親は僕よりも若いそうだ……(泣…