ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

漫画

プレイボール2

2017年4月5日(水)発売のグランドジャンプ№9(集英社)で「プレイボール2」の連載が始まった。 言うまでもなく、1970年代に大ヒットした野球漫画「キャプテン」「プレイボール」の続編である。 「キャプテン」は墨谷二中の野球部を舞台に、各年…

「あしたのジョー」で見える、時代の変化

ボクシング漫画の金字塔と言われる「あしたのジョー(原作:高森朝雄、作画:ちばてつや)」。 1968年(昭和43年)の1月1日号から1973年(昭和48年)の5月13日号まで約5年間、週刊少年マガジンで連載された。 これはどんな時代だったかと…

東洋の神秘

「”東洋の神秘”ザ・グレート・カブキ自伝(ザ・グレート・カブキ:著、辰巳出版)」という本が上梓された。 ザ・グレート・カブキと言えば、1980年代に大ブームを巻き起こしたレスラーである。 当然のことながら、不朽の名作プロレス漫画「プロレススー…

野球漫画名勝負

野球ファンなら、思い入れがある野球漫画の一つや二つはあるだろう。 野球漫画に名勝負は付き物。 みなさんは野球漫画で最高の名勝負と思うのはどの試合だろうか。 「ドカベン(水島新司:著)」だと明訓高校が唯一敗れた「明訓×弁慶」、「タッチ(あだち充…

がんばれ!!ヤスダくん!?

ヤスダ投手の魔球と、ヒロオカ監督とのやり取りが好きでした↓http://menzine.jp/trivia/yasuda0626/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

「ドカベン」悲運の投手

野球漫画の金字塔と言われる「ドカベン(水島新司:著)」。 主人公のドカベンこと山田太郎の豪打と、ライバルの投手たちとの対決に主眼が置かれている。 特に山田の明訓高校(神奈川)時代には数多くのライバル投手が現れた。 不知火守(白新・神奈川)、土…

プロレススーパースター列伝

伝説のプロレス漫画↓ http://menzine.jp/trivia/puroresuretsuden0402/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

矢吹丈が現代のボクサーだったら

ボクシング漫画と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「あしたのジョー」だろう。 今から45年も前に始まったにもかかわらず、未だに根強い人気を誇るボクシング漫画の金字塔だ。 この漫画の人気の秘密は、主人公の矢吹丈(ジョー)の生き様や「打たれても打たれ…

漫画「キャプテン」のような全国中学野球大会はあるのか?

漫画「キャプテン」のような全国中学野球大会はあるのか?↓http://menzine.jp/trivia/kousiennyobigun4774/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

Space Battleship YAMATO vs Mobile Suit GUNDAM

1974年(昭和49年)、画期的なテレビアニメの放送が開始された。 「宇宙戦艦ヤマト(よみうりテレビ系)」である。 しかし、裏番組が「アルプスの少女ハイジ(フジテレビ系)」という超強力番組であり(当時、日曜夜7時半のフジテレビ系列は「カルピ…

半年で去ったドラフト1位

10月25日、日本プロ野球(NPB)ドラフト会議が行われた。 メジャーリーグ(MLB)挑戦を表明していた160km/h男の大谷翔平(花巻東高)を日本ハム・ファイターズが強行指名、去年は日本ハム入団を拒否した菅野智之(東海大)は相思相愛の読売ジャ…

フォークボール

今週号の週刊ベースボールは「史上最強の変化球」という特集だった。 1位に選ばれたのは野茂英雄と佐々木主浩の、いずれもフォークボール。 同じフォークボールというだけではなく、野茂も佐々木も日米を通じて活躍したという点でも興味深い。 日本人で最初…

水島野球

野球漫画の第一人者と言えば水島新司先生をおいて他にいないだろう。 それまでの野球漫画といえば、「巨人の星」や「侍ジャイアンツ」など、とても野球とは思えない実行不可能なプレーのオンパレードだった。 しかし水島先生の描く野球漫画はリアリティ溢れ…

臨時代走の代走

梅雨が明けると高校野球の季節となるが、高校野球独特のルールに「臨時代走」というものがある。 高校野球はベンチ入り人数が少ないため(甲子園では18人)、死球や走塁中で負傷した場合、その選手に代わって代走を出してしまうと戦力が著しく落ちるため、…

「ルールブックの盲点」に打点は付くか?

かつて、野球漫画「ドカベン」で「ルールブックの盲点による1点」という伝説のプレイが起きた。 どんなシーンだったか振り返ってみよう。 山田太郎が高校二年生時の夏の神奈川県大会三回戦、明訓×白新の試合でのこと。 0−0で迎えた延長10回表、明訓は一…

ルールブックの盲点

センバツ二回戦の履正社×九州学院でこんなプレーがあった。 九州学院の攻撃で一死満塁のチャンス。 ここで打者の放った打球はレフト前へ、ヒットになるかと思われたがレフトが好捕。 三塁走者はタッグアップして本塁へ向かうが、二塁走者が飛び出していて既…

「わびすけ投法」使用禁止!?

4月11日に阪神甲子園球場で行われた阪神×ヤクルト三回戦で、阪神の金本知憲がレフトポールに当たる「ミスター越え」の通算445号本塁打を放った。 しかしこのメモリアルアーチは一筋縄ではいかず、最初はフェンスに当たったインプレー(二塁打)として…

独裁者

宇宙世紀0079年、ジオン公国が地球連邦政府に宣戦布告し、一年戦争と呼ばれる独立戦争が始まったことは国民諸君も世界史で習った通りだ。 泣く(79)子も黙るコロニー落とし、という語呂合わせで年号を覚えた受験生も多いだろう。 ジオン公国の公王は…

ワイはなあ……

先日、mixiで「マンガの中で博士キャラはなぜ『○○じゃよ』という話し方をするのか」という内容の日記を書いていたマイミクがいた。 この方によると、こういう言葉を「役割語」というのだそうだ。 そういえば、テレビで外国人が喋っているときは 「♂ どうして…

小さな巨人の複雑な家庭事情

「小さな巨人」と言えばオロナミンC、ではなく里中智を連想する人が多いだろう。 明訓高校から千葉ロッテマリーンズ、そして現在は東京スーパースターズに所属するアンダースロー投手だ。 高校時代、里中は 「いつのころからか、人は俺を小さな巨人と呼んだ」…

もしも、宇宙世紀の住人が日本の政治家だったら……

○シャア・アズナブル→麻生太郎 「認めたくないものだな、自分自身のバカさ故の大敗というものを」 ○ギレン・ザビ→鳩山由紀夫 「フフフ、圧倒的じゃないか、我が党は」 ○キシリア・ザビ→鳩山邦夫 「意外と、兄上も甘いようで……」 ○ブライト・ノア→舛添要一 「何を…

お休みなさい

横浜ベイスターズは大矢明彦監督に対し、休養を言い渡した。 今後は「オバQ」こと田代富雄二軍監督が監督代行として指揮を執る。 なお、田代監督代行の顔は高橋尚子とは似ても似つかない。 大矢監督はなぜこのタイミングで休養を命じられたのか。 「戦力が…

ローテーション

1973年8月10日、酷暑の多摩川グラウンドに巨人ナインが集結していた。 この日の夜から後楽園球場で巨人×中日の三連戦が行われる予定になっていたのである。 前年まで8連覇、この年は9連覇を狙う巨人だったが、この時点で4位と低迷、V9絶望の声も…

悪霊と科学

野茂英雄がメジャーリーグに挑戦したのは1995年のことである。 今でこそ日本人選手のメジャー挑戦など年中行事であるが、当時は驚天動地の出来事だった。 日本人選手がメジャーに通用するなどあり得ない、と思われていたのである。 野茂がメジャー挑戦し…

ライバル対決

毎週水曜日に「野球少年の郷(ふるさと)・墨谷―『キャプテン』『プレイボール』の秘密―」を連載しているが、野球漫画で好きなのが「ライバル対決」である。 これは主人公とライバルとの対決ではなく、「打倒!主人公」を目論むライバル同士の対決のことだ。…

大晦日

本年もいよいよあと1日を残すのみとなった。 12月31日と言えば、歴史的にも大きな意味を持つ日である。 宇宙世紀0079年12月24日のクリスマスイブ、ジオン公国軍の宇宙要塞ソロモンを地球連邦軍は新兵器ソーラ・システムにより攻略、ソロモン陥…

ニュータイプ

「人は変わっていくのね。私たちと同じように」 「そ、そうだよ。ララアの言う通りだ」 「アムロは本当に信じて?」 「し、信じるさ!君ともこうしてわかりあえたんだから!人はいつか、時間さえ支配することができるさ」 「ああ、アムロ。時が見える……」 人…

ジャパン初勝利の地

宇宙世紀0079年、ジオン公国が地球連邦政府に対し独立戦争を挑んできた。 宇宙世紀とは、増えすぎた地球人口を宇宙空間に建設したスペース・コロニーに移住した時代を言い、その宇宙移民開始年度を宇宙世紀元年と呼ぶ。 ただし、宇宙世紀0001年が西…

アリンコ球団

毎週水曜日、ここで「野球少年の郷(ふるさと)・墨谷―『キャプテン』『プレイボール』の秘密―」を連載しているが、僕が初めて読んだ野球漫画は「キャプテン」「プレイボール」(共にちばあきお・著)ではない。 「はじめに」でも書いているが、初めて読んだ…

悲運のライバル

毎週水曜日に「野球少年の郷(ふるさと)・墨谷」という、野球漫画である「キャプテン」「プレイボール」の研究書を連載しているが、同時代の人気野球漫画「ドカベン」もご多分に漏れず愛読していた。 もっとも、こちらの方は全巻揃えていたわけではなく、友…

阪神の救世主

今日の夕刊に「幻の彗星」と呼ばれるジャコビニ彗星が111年ぶりに観測されたと報じていた。↓ http://www.asahi.com/science/update/0922/TKY200809220051.html 天文に興味がない人で「ジャコビニ」という言葉に反応する人は、おそらく重度の中毒患者だろ…

宇宙最強

地球人類が生み出した最強の戦艦はなにか? それはおそらく、ヤマトかホワイトベースだろう。 ヤマトは波動エンジンを積み、波動砲という強力な武器でガミラス星の侵略から地球を守った。 一方のホワイトベースはヤマトと同じく宇宙戦艦で、ガンダムなどのモ…

プロレス検定2・解答編

第1問アブドーラ・ザ・ブッチャーがプロモーターの目の前で酒の入った瓶に地獄突きを突き刺したとき、プロモーターはどんなうめき声をあげた?A.ウヌー……。B.ヒック、ヒック。C.ガツガツ。正解はBその酒を呑んだわけではないのに、なぜかプロモータ…

プロレス検定2

先日、ここでプロレス検定を行った。 http://d.hatena.ne.jp/aigawa2007/20080218/1203373253 そこでMAX大佐から第二弾をしてほしいという要望があったので、第二回プロレス検定を行う。 今回のテーマは「セリフ、うめき声、叫び声」(要望はちょっと違う…

プロレス検定・解答編

それでは先日行ったプロレス検定の解答を発表する。 第1問 アブドーラ・ザ・ブッチャーはどうやって空手を覚えたのでしょう。 A.子供の頃は柔道を習っていたが、中学を卒業する頃、空手を習い始めた。 B.マス大山との運命的な出会いがあった。 C.リン…

プロレス検定

先日、ラグビー専門のSNSにプロレスコミュを立ち上げたところ、なんと人気ナンバー1コミュになってしまった。 そこで我が国では、プロレス検定試験を行う。 このプロレス検定は、我が国の国家公務員試験と言っても過言ではない。 だが、プロレスには謎も…

日米ワールドシリーズ

今日、アメリカ・アリゾナ州のフェニックス大学スタジアムでプロフットボール・NFLのチャンピオンを決めるスーパーボウルが行われた。 これから録画等で観る人のために結果は伏せておくが、凄い試合だった、とだけ言っておこう。 特に、タッチダウン前の…

続・天才マンガ家

先日、大昔の「ナンバー」で連載されていた蛭子能収さんの続き物4コママンガのことを書いた。↓ http://d.hatena.ne.jp/aigawa2007/20071218/1197975621 どうしてもこのマンガ「スポーツマン太郎」の続きが読みたくなって、「ナンバー」を送ってくれた人に、…

天才マンガ家

二日続けて「ナンバー」ネタ。 今日、取り上げるのは昨日紹介した「ナンバー」の二年後である1984年、奇しくも同じ8月20日号である。 昨日も書いた幻のコーナー「ナンバー・ランド」はまだ健在だったが、その内容は大きく変わっていた。 なんと4コマ…

国王、道徳について説く

今日、日本国で「札幌のゴミおじさん」がゴミを不法投棄している問題で、遂に行政のメスが入った↓ http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071106/crm0711061142008-n1.htm 「札幌のゴミおじさん」は他人の土地に廃自動車などを、他人の土地の400mにわ…

プレイボール

昨日の日記の続き。「月刊少年ジャンプ」で連載されていた「キャプテン」が人気を博し、読み切りマンガしか描けないと思われていたちばあきおにも、連載マンガでも通用する実力があると評判になった。 当時、後発の週刊少年誌だった「週刊少年ジャンプ」に、…

キャプテン

ここ数日は日本国で安倍首相が辞任、自民党総裁選という流れになったため、我がネタラン国会でもそのことが取り上げられていたが、話を元に戻そう。 国王が野球ファンになったきっかけは先にも述べたように故・ちばあきおの描いた野球マンガ「キャプテン」「…

野球ファンになったきっかけ

ここのところラグビーのことをずっと連載してきたが、その間にプロ野球がエライことになってきた。 6月頃は最下位に低迷し、首位巨人と12ゲーム差あった阪神が、なんと怒涛の10連勝でセ・リーグの首位に立った。 しかもこの金土日は全て一点差で巨人に…

絵を写真にする

今日、映画「キャプテン」を観てきた。 「キャプテン」と言えば、故・ちばあきお先生が描いた野球漫画のバイブルと言っていい作品である。 小学生の頃、僕はこれをリアルタイムで夢中になって読んでいた。 当時の野球漫画といえば水島新司先生の「ドカベン」…