読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

下赤阪の棚田ライトアップ

大阪府で唯一の村・千早赤阪村。 人口は約5千人で、大阪府下ではもちろん最も少ない。 そんな千早赤阪村が1年で最も輝くのは「下赤阪の棚田ライトアップ」の日である。 今年(2016年)は11月12日に行われた。 なお、正式名称は「金剛山(こごせ)…

南海電車まつり2016

10月29日(土)、南海電車まつりが開催された。 南海電車まつりとは年に一度、10月下旬もしくは11月上旬に催される鉄道祭である。 主催の南海電気鉄道は、関西五大私鉄の一つに数えられる大手私鉄。 大阪の繁華街・ミナミにある難波駅を拠点に、海沿…

ラグビーマガジンにラグビー・リーグが載った!

ラグビーマガジン(ベースボール・マガジン社)の2016年6月号の98ページに、筆者が撮影した写真が掲載された。 ラグビーマガジン 2016年 06 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社 発売日: 2016/04/25 メディア: 雑誌 この商品を含む…

ラグビー・リーグin大体大

3月13日、大阪府南部の熊取町にある大阪体育大学で、ラグビー・リーグの試合が行われた。 大体大といえばラグビーの名門で、全国大学選手権でベスト4経験がある強豪校だ。 「ヘラクレス軍団」と呼ばれ、鍛え上げられた強力フォワード(FW)が自慢で、…

鼻づまり

先週からクシャミと鼻水が止まらなくなった。 季節は春、遂に僕も人生初の花粉症か!?と思われた。 しかし一昨日ぐらいから喉が痛み出し、悪寒が走り、肩の関節は1試合完投したかのように痛い。 要するに風邪じゃないか。 中でも一番辛いのが鼻づまり。 鼻…

今年、最後の日に起きた恐怖体験

大晦日の今日、伯父から突然「遊びに行かないか」と誘われました。言われるがまま伯父に付いて行き、駅のホームで近鉄電車を待っていました。すると、後ろの方で電話をしている男性の声が聞こえてきました。「車両の一番後ろに座っていてくれ。そこにある男…

六文銭・幸村の蕎麦

和歌山県北東部に位置する九度山町。 今年(2015年)、開創1200年を迎えた高野山の北麓にある、自然豊かな町だ。 北側には大河・紀の川が流れ、川を渡れば和歌山県北東部の中心都市・橋本市がある。 和歌山と言えば海のイメージが強いが、ここは海と…

夏の海の色

中学三年生の国語の教科書、その最後を飾ったのが「夏の海の色(辻邦生:著)」という短編小説だったのを憶えている。 つまり、中学最後の国語の授業が「夏の海の色」だったわけだ。 「私は相変わらず海では泳がず、皆が海に入っているあいだ、濃い青い真夏…

2015関西ラグビーリーグナインズ

8月23日、近畿大学ラグビー部グラウンドで2015関西ラグビーリーグナインズの大会が行われた。 近大ラグビー部と言えば、2015年現在では関西大学Aリーグに所属し、全国大学選手権にも出場したことがある強豪だが、この大会は近大ラグビー部とは関…

クリケット関西学生選手権

現在、阪神甲子園球場では第97回全国高等学校野球選手権大会が行われている。 今年が高校野球(戦前は中等野球)の全国大会が始まってから100年目という節目を迎えており、またスーパー一年生として注目されている早稲田実業の清宮幸太郎選手が出場して…

DRAGON GATE@Kobe

ネタランでは何度もプロレスに関する記事を書いているが、僕は決してプロレスに詳しい方ではない。 というか、僕にとってのプロレスとは「昭和プロレス」であり、「平成プロレス」に関してはほとんどわからないのだ。 いや、全日四天王(三沢光晴、川田利明…

クリケット初観戦

野球の歴史を調べていると、クリケットの存在は無視できない、ということは以前に書いた。 野球のルーツがクリケットではないとはいえ、ベースボールはクリケットを意識して発展してきた、と言えそうだからである。 日本人にはクリケットは馴染みがなく、よ…

”あの人”越え

去る3月23日、僕は一つ歳をとってしまった。 それは、僕が尊敬する作家・山際淳司さんの享年を越えてしまったことになる。 山際さんといえばもちろん「江夏の21球」で華々しくデビューし、スポーツ・ノンフィクションという新たな道を開拓したスポーツ…

ダイ・ハート

2月22日(日)、東大阪市の近鉄花園ラグビー場でラグビー日本選手権準決勝が行われ、ヤマハ発動機ジュビロとサントリー・サンゴリアスがそれぞれ勝って決勝に進出した。 トップリーグのリーグ戦では4位のヤマハ(プレーオフを含めると2位)と5位のサン…

厳寒の正月

我が忠勇なるネタラン国民よ、あけましておめでとう。 今年も我がネタラン国のために尽くしてくれたまえ。 それにしても、今年は正月早々いきなり大寒波に襲われた。 雪の被害が少ない大阪府南部でも、1月2日は猛吹雪に見舞われたのである。 とはいえ、雪…

女子サッカーの現状

今日は総合学園ヒューマンアカデミーのセミナーに行ってきた。 前回はラグビーワールドカップ2019日本大会のセミナーに参加したが、今回は女子サッカーのスペランツァFC大阪高槻の代表取締役社長である横山稔氏を講師に招いての講義である。 実は20…

サヨナラバス専用道~幻の五新線(城戸~阪本編)

「サヨナラバス専用道」、「サヨナラバス専用道~幻の五新線(五條新町編)」に続く「幻の五新線シリーズ」第3弾。 五新線をもう一度おさらいすると、かつて奈良県中西部の五條市にある国鉄(現:JR)の和歌山線・五条駅から、太平洋に面した和歌山県南端…

ららぽーと和泉

10月30日、大阪府和泉市に三井ショッピングパーク「ららぽーと和泉」がグランドオープンした。 「ららぽーと」としては大阪初出店、関西としても「ららぽーと甲子園」に次ぐ2店目である。 最寄駅は泉北高速鉄道の和泉中央駅で、南海電鉄の高野線と直通…

マオリ・オールブラックス

11月1日(土)、ノエビアスタジアム神戸で行われたラグビーの日本代表XV×マオリ・オールブラックス戦を観に行った。 マオリ・オールブラックスとは、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族からなる代表チームのことである。 従って、ニュージーランド…

サヨナラバス専用道~幻の五新線(五條新町編)

先日「サヨナラバス専用道」という記事を書いた。 詳しくは前回の記事を読んでいただくとして、簡単におさらいすると、かつて奈良県中西部にある五條市から、太平洋に面する和歌山県南端部の新宮市まで鉄道で結ぶ長距離路線「五新線」を敷設する計画があった…

阪神、日本シリーズ進出決定!

2014年、日本プロ野球(NPB)のセントラル・リーグは、クライマックス・シリーズ(CS)のファイナル・ステージで、ペナントレース2位の阪神タイガースが同優勝の読売ジャイアンツを4勝1敗(優勝チーム1勝のアドバンテージを含む)で破り、9年ぶ…

サヨナラバス専用道

2014年9月30日、一つの歴史が幕を閉じた。 奈良交通バスの五條西吉野線が廃止になったのである。 それだけなら珍しくもないのだが、このバスはバス専用道路を走る路線なのだ。 それも別に珍しくない? 珍しいのは、このバス専用道は元々鉄道用に造ら…

ラグビーワールドカップ2019セミナー

2019年、日本で第9回ラグビーワールドカップが行われる。 先日、そのマネンジメントセミナーが大阪の心斎橋にある総合学園ヒューマンアカデミーで行われた。 講師を務めたのは伊達亮氏である。 伊達氏は慶應義塾大学卒業後、旅行会社のJTBに勤める傍…

きんぐラーメン

たまにはブログらしいことも書いてみよう。 数ヶ月前に大病(?)を患い、酒とラーメンはなるべく控えていたけど、たまにはラーメンぐらい食べてもいいでしょうと行ったのが、梅田にある金久右衛門という店。 ネットで調べたのだけれど、触れ込みが「なにわ…

高校受験の思い出

今日(18日)、センター試験が行われた。 受験シーズンたけなわだが、高校受験で面白い話がある。 元プロレスラーの前田日明が北陽高校を受験した時のことだ。 北陽は現在でこそ名門私大である関西大学の傘下に入って「関西大学北陽高校」となり、男女共学…

正月三ヶ日

我が忠勇なるネタラン国民たちよ、あけましておめでとう。 本年もネタラン国の繁栄のために尽くしてくれたまえ。 さて、国王は元日に、近鉄花園ラグビー場に行ってきた。 この日は全国高等学校ラグビーフットボール大会の三回戦が行われていたのである。 三…

赤青対決

12月15日、阪神甲子園球場に行ってきた。 アメリカン・フットボールのパナソニック杯毎日甲子園ボウルを見るためである。 かつての甲子園ボウルは東西大学王座決定戦、即ち関東代表と関西代表で優勝を争っていたが、2009年度から全日本大学選手権決…

河田寿司

野球はチームスポーツである。 従って、何よりもチームの勝利が優先されるし、優勝こそが選手にとって最大の喜びであることは言うまでもない。 ところが、プロ野球ではこの原則が当てはまらない。 優勝しても活躍できなければ減俸、あるいはクビになるし、最…

MVP獲得

先日、ネタランに新しいデジカメのことを書いたら、ノジマオンラインで11月度の月間MVPに選ばれました。 http://online.nojima.co.jp/front/contents/shop/1/campaign/reviewPT/ 上記のサイトの中頃にある「お客さまのブログに書き込み」のところに、1…

4代目デジカメ

突然、デジカメが動かなくなった。 僕は焦った。 なぜなら、2週間後にはラグビーの試合での写真を撮影しなければならなかったからだ。 メーカーに問い合わせると、修理代に最低でも12,600円もかかると言う。 しかも、場合によってはちょっと時間が掛…

2度目の淡路島

地獄のダブルヘッダー↓http://menzine.jp/trivia/kousikikirokuinturai6681/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

公式記録員

淡路島は辛かった……↓http://menzine.jp/trivia/kousikikirokuin8927/ 記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

地球上にもうひとつの違うラグビーがあった

かつて、ヤクルト・スワローズに在籍したボブ・ホーナーは「日本のベースボールは『野球』という名の別のスポーツだ!」と言い放った。 来日した外国人のラガーマンで「日本のラグビーは『闘球』という名の別のスポーツだ!」なんて言った選手はいない。 そ…

春の想い出

今年も春のセンバツが開幕した。 「春はセンバツから」と言われるように、桜が咲くこの季節に甲子園での球音を聞くと、春の訪れを感じる。 センバツの正式名称は「選抜高等学校野球大会」という。 ちなみに夏の甲子園は「全国高等学校野球選手権大会」という…

ナゾのグループ

ネタラン国民の諸君、遅れてしまったが明けましておめでとう。 何しろ国王は新年早々ダウンしてしまったりしたので、新年の挨拶が遅れてしまい申し訳ない。 だが、今は回復し、海外旅行へも行ってきた。 日本国近畿地方への、日帰りバスツアーという豪華旅行…

駒田徳広atマスターズ甲子園

11月10日(土)、マスターズ甲子園2012を見に行った。 知り合いで社会人野球のクラブチームの投手だったM君が出場するからである。 M君のことは、以前こちらで書いたことがある。 そう、この時は元近鉄バファローズの投手だった加藤哲郎さんが店長…

遊園地とプール

8月1日、大阪府富田林市で毎年恒例のPL花火芸術が行われた。 今年は残念ながら見られなかったが、日本一とも言われる花火の迫力は圧巻である。 先日ここで、僕は富田林市で生まれ育ったと書いた。 富田林市にはPL教団の広大な敷地があり、その一角にP…

飛び地の謎

僕は大阪府富田林市という所で生まれ育った。 大阪市中心部から南東へ約20km、よく言えば衛星都市、悪く言えば田舎である(下の地図の赤く囲ったところ。黒い車線が大阪市)。 よく知られていることと言えば、高校野球で有名なPL学園、そしてその母体で…

ちちんぷいぷい

国民へ業務連絡。 先日の1月16日(月)、国王はMBS(毎日放送)の「ちちんぷいぷい」という関西ローカルの番組に出演した。 その前日の15日(日)、近鉄花園ラグビー場にトップリーグを観に行って、終わった後に難波で仲間と呑み歩き、2件目の店を…

伝説の甲子園速球王

手許に1冊の古い雑誌がある。 野球ファンにはお馴染みの「報知高校野球」という、その名の通りの高校野球雑誌だ。 ここにあるのは1987年9・10月号だから、今から24年も前の雑誌である。 夏の甲子園が終わり、この号はその総集編となっている。 この…

不意の来客

ここ数日間「想い出のフィールド」シリーズの更新が止まってしまっていたが、実は先週末、朝起きたら突然腰痛に襲われて、長時間座っていられない状態に陥ったからだ。 一時期は物につかまらないと歩くことさえできなかったような有様で、腰というのはなんと…

総評

天王寺から新今宮までは僅か1駅で運賃は120円、距離にして1km、時間にして2分で済む話である。 それを我々は、約11時間もかけたのだ。 総距離:466.7km(大阪〜小田原間に相当) 大阪〜小田原間の普通運賃(急行料金等を除く):¥7,350(…

大阪〜新今宮(大阪環状線)※紀州路・関空快速

大阪駅で、いつもお馴染みの紀州路・関空快速に乗り込む。 というか、そもそもの出発点は、紀州路・関空快速だった。 紀州路・関空快速は、今回の旅の終着駅である新今宮駅に18時45分に到着した。 遂に、120円近畿一周の旅・最長編・コンプリートであ…

近江塩津〜山科(湖西線)〜大阪(東海道本線)※新快速

近江塩津駅で、我々のメンバーの一人が男性に声を掛けられた。 どうやら、敦賀行きのホームに行かないので、不審に思ったらしい。 いや、我々はこのまま新快速に乗って大阪に行くんですよ、と言ったら、その男性は、だったら近江今津駅で前に車両を繋げるか…

草津〜米原(東海道本線)〜近江塩津(北陸本線)※新快速

草津駅から東海道本線の近江塩津行き新快速に乗り込む。 姫路〜神戸〜大阪〜京都〜米原以北を結ぶ、京阪神に住む人にとってお馴染みの電車だが、今まで気にしていなかった点に初めて気が付いた。 新快速には、ドアの開閉ボタンが付いていたのである。 つまり…

柘植〜草津(草津線)

次の草津線の電車は14時31分発と、25分も待たなければならない。 関西本線と草津線の乗換駅ながら、売店もない。 ともかく、もう一度トイレに行っておいた。 このトイレには銘板が貼ってあって、そこには「明治23年」と書かれている。 なんと、明治…

奈良〜加茂〜柘植(関西本線)

関西本線とは、JR難波駅から天王寺駅、奈良駅、加茂駅、亀山駅(三重県)を経て、名古屋駅に向かう路線である。 しかし、この間の直通列車は存在しない。 ちなみに、亀山駅以東はJR東海の管轄となる。 JR西日本では、JR難波駅から加茂駅までを、お得…

高田〜奈良(桜井線)

高田駅からスイッチバックで桜井線に入線すると、また田舎風景に逆戻りする。 とはいえ、3連休の中日とあってか、観光客らしき乗客が多い。 車窓には大和三山の一つである耳成山が見えていた。 桜井線には「万葉まほろば線」という愛称が付いている。 JR…

和歌山〜五条〜高田(和歌山線)

紀州路快速の和歌山入りは3分遅れてしまい、我々はますます焦った。 キオスクに売っている駅弁に目を奪われつつも、「駅弁はどない?」と言うオバちゃんに対して、「ごめん、時間ないねん!」と言って和歌山線ホームを目指した。 なんとか和歌山線9時4分…

天王寺〜和歌山(阪和線)※紀州路・関空快速

今回のダイヤ改正で困ったのが、和歌山着が6分も遅れたことだった。 これにより、和歌山駅での乗り換えが僅か7分しかなくなった。 それぐらいどうってことはないと思われるかも知れないが、和歌山駅は阪和線と和歌山線のホームが結構離れているので、乗り…