カウンター

安威川敏樹のネターランド王国

お前はチョーマイヨミか!?

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 本国の文章や写真を国王に無断で転載してはならない。
第12条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

国王記

羊の家、てんしば、天王寺動物園、あべのハルカス

平成最後の日、天王寺・阿倍野界隈に行ってきました。 大阪以外の人に説明すると、天王寺と阿倍野はほぼ同じ場所にあります。 なぜ地名が2つあるのかというと、国道25号線を隔てて北側が天王寺区、南側が阿倍野区になっているからです。 国道25号線の北…

吉野の桜、そして「駐車料金」と「協力金」

奈良県・吉野山の桜が見頃である。 吉野山には下千本、中千本、上千本、奥千本があるが、そのうち下千本と中千本が満開を迎えた。 上千本と奥千本は七分咲き程度なので、遅れて花見をしたい人はまだ間に合う。 そこで吉野山へ車を走らせたのだが、駐車場はど…

河津桜が満開の奈良・馬見丘陵公園

前は奈良県北西部にある馬見丘陵公園の梅をお伝えしました。 aigawa2007.hatenablog.com 梅の方はほとんど散ってしまいましたが、同じ馬見丘陵公園では河津桜が満開を迎えています。 河津桜と言えば早咲きの桜として有名ですが、本場の伊豆半島の河津桜に比…

馬見丘陵公園の梅(おまけ:クロスモール富田林オープン)

奈良県北中部にある馬見丘陵公園の梅が見頃を迎えました。 桜のような華やかさはないけれど、梅には何とも言えない奥ゆかしさがあります。 もうすぐ春ですね。 多くの人々が梅を見に訪れています。 紅梅だけではなく白梅も鮮やかです。 紅梅を近影。 花札の…

吹けよ風、呼べよ嵐!”黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーの想い出

2月19日『ジャイアント馬場没20年追善興行』で、“黒い呪術師”アブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニーが行われた。 ブッチャーはなぜ、人気絶頂の頃に全日本プロレスから新日本プロレスに移籍したのか!? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中ま…

南海天王寺支線の想い出

南海電気鉄道と言えば関西五大大手私鉄の一つだ。 南海電鉄は大阪ミナミの繁華街の中心地である難波駅を起点とし、そこから南下して海沿いを走り和歌山市まで行く南海線と、大阪南東部の住宅街を通って和歌山県の高野山へ通じる高野線という、二大路線がある…

想い出の「週刊ファイト」ローラン・ボック特集号

西ドイツでアントニオ猪木を破り「地獄の墓堀人」と呼ばれたローラン・ボック。 今から37年前、ローラン・ボック特集が「週刊ファイト」で組まれたが、それが筆者にとって初めて買ったプロレス書物だった。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは…

2019年の所信表明

我が忠勇なるネタラン国民たちよ、明けましておめでとう。今年も我がネタラン国のために忠誠を尽くしてくれたまえ。 今年、2019年はなんと言ってもラグビーのワールドカップが日本国で開催される。 国王としても、非常に楽しみである(まあ、ネタラン国…

「キャプテン」で見た夢

筆者が子供の頃から愛読していたのが故・ちばあきお先生の野球漫画「キャプテン」「プレイボール」である。 本国でも「野球少年の郷(ふるさと)・墨谷―『キャプテン』『プレイボール』の秘密―」を連載していた。 http://neterlands.web.fc2.com/index2.html …

第6回ラーメンEXPO2018in万博公園

現在、大阪府吹田市の万博記念公園で「ラーメンEXPO2018in万博公園」が行われている。 今年が第6回だそうで、つまり5年前からやっていたということだろうが、全く知らなかった。 全国からラーメン屋が集まり、今年は11月30日に開幕したが、毎日や…

国華園の菊花日本全国大会

大阪府南部の和泉市にある国華園に行ってきた。 国華園では、花や農産物などを取り扱っている。 国華園は、とにかく野菜が安い! この日も、花が目当てではなく、野菜を買うために国華園へ行ったのだが、そこで菊花日本全国大会を開催していた。 国華園では…

新生・花園ラグビー場の杮落とし

10月26日、東大阪市花園ラグビー場に行った。 来年(2019年)に花園がラグビーのワールドカップの会場となるため、新装されたのである。 この日が、その杮落としとなった。 行われる試合は、日本代表XV×世界選抜。 ワールドカップでベスト8を目指す…

15年も待って(?)国道371号バイパスの一部区間が開通

大阪府南東部の河内長野市から県境を越えて和歌山県に入り、橋本市を通って本州最南端の串本町に抜ける国道371号がある。 この中でも河内長野~橋本の各市街地間は大阪橋本道路と呼ばれ(大阪側は堺市美原区まで伸びる予定)、大阪府と和歌山県を結ぶ重要…

堺に鮮魚市場が誕生!フードコートもある「街のみなと まぐろパーク」

堺市北区の大阪中央環状線(府道2号線)沿いに、堺中央総合卸売市場がある。 今年(2018年)8月24日、その敷地内に「街のみなと まぐろパーク」がオープンした。 市場の向かって右側に「街のみなと堺本店」が元々あり、さらにその右側にあった家電量…

パキシエルの美味しい食べ方

パキシエル(森永製菓)というアイスバーがある。 中がチョコ・アイスクリーム、外がチョコレートで覆われているアイスバーだ。 食感がパキッと香ばしく、そこが人気のアイスバーで、あるクイズ番組でも取り上げられていた。 何しろ「パキシエラー」というパ…

WWE Live Osakaの舞台裏

8月31日、アメリカのプロレス団体WWEがエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)で興行を行った。 筆者も週刊ファイトのライターとして、WWE Live Osakaの取材に行ったのである。 今回は、週刊ファイトでは書けなかった当日の舞台裏を書くことに…

WWE、カイリ・セインと戸澤陽の凱旋会見

WWE大阪公演の試合前、渡米していたカイリ・セインと戸澤陽の凱旋記者会見が行われた。チャンピオンとなった後輩女子のカイリ・セインが、戸澤陽を上から目線!? 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで…

WWEによる浪華の夏祭り

エディオンアリーナ大阪で行われたWWE LIVE Osakaの取材に行ってきました。 カイリ・セインや戸澤陽が凱旋試合を行っています。 週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし…

ニキビ対策の最強はプロアクティブではない!

「ニキビは青春のシンボル」とよく言われるが、青春時代が遠い過去になった筆者は最近、ニキビに悩まされている。 と言っても顔ではなく、背中ニキビ(というより肩に近いが)だ。 ニキビ対策と言えば、CMでよく見るのがプロアクティブ。 ちょっと前までは…

120円で近畿2府5県一周、完全制覇の旅

JR西日本の初乗り切符、120円分を購入しただけで、近畿2府5県(三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)を一周できるという裏技がある。 それが「大回り乗車」だ。 たとえば、大阪駅から福島駅まで大阪環状線で行こうとすれば、…

ラグビーマガジンとラグビー・リーグ

現在発売中のラグビーマガジン6月号、104ページに僕が書いた文章が載っています。 例によって、ラグビー・リーグに関する記事と写真です。 写真も例によって、プレイ・ザ・ボールの場面ですね。 その写真を使わないと、1枚の写真ではラグビー・リーグと…

夢と現実の見分け方

信じられないことが起きた時、夢かと思って自分の頬をつねって痛かったら、やっぱり現実だった、なんてシーンがドラマなんかでもがあるが、あんなんウソやね。 昨日、夢の中で電気アンマをかけられたら、夢の中でもメチャ痛かった💦

ラグビー・リーグが大阪にやって来た!

3月25日、大阪府枚方市の大阪国際大学・枚方キャンパスでラグビー・リーグの試合が行われた。 関西雷×ウエストミックスの試合である。 関西でリーグの試合が行われるのは年に1回程度。 締め切りが迫っていた原稿そっちのけで、この機会を逃すまいと出か…

桜が満開、日本三大不動尊の一つ・瀧谷不動尊

1週間前、関東地方で雪が積もったのがウソのように、日本列島は春を通り越したような陽気に包まれた。 例年より早く各地の桜が一斉に満開、まさしく春爛漫である。 日本三大不動尊の一つと言われる、大阪府富田林市にある瀧谷不動尊は、毎月28日が例祭と…

今ありて

本日、我が国の国王は大台となる天長節を迎えた。 忠勇なる国民からは多数のメッセージを戴き、国王としても感謝しておる。 三隣亡となったこの良き日だが、国王は絶賛禁酒中のため祝杯すらあげていない そればかりか締め切りに追われて、追証だの強制ロスカ…

怖い夢

初夢ではないが、新年早々怖い夢を見てしまった。 台所に入った国王は、ムカデを発見したのだ。 国王は、ムカデはもちろん虫関係が大嫌いである。 このクソ寒いときになぜムカデが?と思って腰を抜かしつつ、さらに奇怪な生物を見てしまった。 食べようと思…

DOG YEAR

我が忠勇なるネタラン国民たちよ、明けましておめでとう。 今年も我がネタラン国のために忠誠を尽くしてくれたまえ。 さて、本年2018年は戌年である。 そこで、お犬様に関する諺を見てみよう。 犬に論語(有難味のわからないこと) 犬猿の仲(仲が悪いこ…

2017年の5大ワード

2017年も、もうすぐ暮れようとしている。 それでは、国王に関する今年の重大言語トップ5を発表しよう。 ①ハードフォーク ②ブロックチェーン ③ローンチ ④トークン ⑤ローソク足 まるで某東京都知事のように、わけのわからないカタカナ語ばかり並んだが、…

週刊ファイト

このたび国王は、プロレス・格闘技専門サイトの「週刊ファイト」でコラムを書くことになった。 「週刊ファイト」とは2006年に休刊となったプロレス専門新聞だが、2015年にWEB版となって復活したのだ。 国王にとって第1回コラムとなったのが、先…

ラグビーマガジンにラグビー・リーグが載った!②

ラグビーマガジン 2017年 09 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社 発売日: 2017/07/25 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ラグビーマガジン(ベースボール・マガジン社)の2017年9月号の105ページに、筆者が書いた記事…