読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:安威川敏樹」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

真田丸と独眼竜が激突!道明寺の戦い~小松山編

後藤又兵衛、小松山に散る! 詳しい情報はこちらの「バスサガス」から↓ www.bus-sagasu.com

東京都知事選挙とモハメド・アリ

今年(2016年)6月21日、東京都知事だった舛添要一氏が辞任した。 次の東京都知事選挙は7月31日に行われる予定だが、立候補者が誰になるか注目されている。 舛添氏が辞任した理由は政治資金流用問題が泥沼化したからだが、日本中でその問題が騒が…

シュマーク

今、プロレスがブームを迎えているらしい。 特に新日本プロレスが好調で、21世紀初頭から続く暗黒時代から脱し、会場は満員の盛況のようだ(冒頭の写真は新日本プロレスではなく、今年7月のドラゴン・ゲート神戸大会)。 スポーツ総合誌「Number」では1…

ナショナリズム

イングランドで行われているラグビー・ワールドカップで、日本代表は優勝候補の南アフリカ(スプリングボクス)を34-32で破り、世界を驚愕させた。 なにしろ日本代表はこれまで、ワールドカップで1勝21敗2分という惨憺たる成績だったからである。 …

プロレス⇒アマレス!?

「プロレスとはプロのレスリングではない」 かつて、作家の村松友視は自著「私、プロレスの味方です(角川文庫)」でそう書いていた。 プロレスとは「プロレス」としか呼びようのないジャンルの鬼っ子であり、喧嘩にルールを作る過程でプロレスが発生した、…

DRAGON GATE@Kobe

ネタランでは何度もプロレスに関する記事を書いているが、僕は決してプロレスに詳しい方ではない。 というか、僕にとってのプロレスとは「昭和プロレス」であり、「平成プロレス」に関してはほとんどわからないのだ。 いや、全日四天王(三沢光晴、川田利明…

毎日新聞と朝日新聞のプロレス報道

2011年(平成23年)に発行された「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(増田俊也:著、新潮社)」をお読みになった方も多いだろう。 言うまでもなく、1954年(昭和29年)12月22日に東京・蔵前国技館(現在は取り壊され、両国国技館に移…

ラガーマンからヒットマンへ④(望郷編)

<前回からのつづき> 元号が平成に変わった1989年6月5日。 日本武道館では三冠(インターナショナル、PWF、UN)ヘビー級選手権、チャンピオンのジャンボ鶴田と、挑戦者の天龍源一郎とのタイトル・マッチが行われていた。 鶴田は必殺技のバックド…

ラガーマンからヒットマンへ③(龍原砲編)

<前回からのつづき> 全日本プロレスから長州力らジャパン・プロレスの主力選手ほとんどが離脱し、全日本プロレスは外敵を失った状態になった。 このままでは緊迫感のないマットになってしまう、と危惧した阿修羅・原(本名:原進)と天龍源一郎がタッグを…

ラガーマンからヒットマンへ②(国際プロレス~全日本プロレス編)

<前回からのつづき> ラグビー界から引退した1年後の1977年11月29日、原進は国際プロレスに入団した。 当時のプロレス界は、国際プロレスの他にジャイアント馬場率いる全日本プロレスと、アントニオ猪木が発足させた新日本プロレスがしのぎを削る…

ラガーマンからヒットマンへ①(ラグビー編)

今年4月28日、阿修羅・原が68歳で亡くなった。 本名・原進(はら・すすむ)。 戦後まもない1947年1月8日、長崎県生まれ。 阿修羅のごとく生き抜いた男の、波乱に満ちた人生だった。 プロレスラーとして有名な原だが、元々はラグビー選手。 と言っ…

東洋の神秘

「”東洋の神秘”ザ・グレート・カブキ自伝(ザ・グレート・カブキ:著、辰巳出版)」という本が上梓された。 ザ・グレート・カブキと言えば、1980年代に大ブームを巻き起こしたレスラーである。 当然のことながら、不朽の名作プロレス漫画「プロレススー…

鶴龍コンビから鶴龍対決へ

日本マット界史上最高の名勝負だった鶴龍対決↓http://menzine.jp/trivia/tenryu0623/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

馬場vs猪木、エンドレス・ウォーの始まり

馬場×猪木、生涯の対戦成績は?↓http://menzine.jp/trivia/puroresu0604/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

プロレススーパースター列伝

伝説のプロレス漫画↓ http://menzine.jp/trivia/puroresuretsuden0402/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

全日本プロレスにハンセンが乱入

馬場と猪木の確執が生んだ大事件↓ http://menzine.jp/trivia/hansenrannyu0404/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

珍名力士さん、いらっしゃ~い

珍名力士さん、いらっしゃ~い↓http://menzine.jp/lifestyle/puroresusumoutinmei9539/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

女子プロレス最大の功労者

阿部四郎こそ裁判員制度にふさわしい↓http://menzine.jp/lifestyle/kurassyugyaruzusasae1659/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

東スポこそ信用せよ!?

東スポこそ信用せよ!?↓http://menzine.jp/trivia/toosupodensetugohou1877/ 記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

プロレスラーの過去ってどんな職業?

人気ランキングでダントツの1位に輝いたネタです↓http://menzine.jp/trivia/puroresuraakako0028/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

「投げ縄」のルーツ

連日、体罰のニュースがテレビや新聞紙面を賑わせている。 体罰については以前もここで書いたので今回は詳しく触れないが、今回の事件の背景には「体育会気質」というスポーツとは無縁、というよりスポーツ精神と正反対な考え方が日本のスポーツ界に蔓延って…

ガリバーたちの旅~その2

前回「ガリバーたちの旅~その1」では、プロ野球選手の遠征の厳しさについて書いた。 だが最後に、プロ野球選手以上に過酷な移動を強いられる人たちがいる、とも書いている。 それは一体、どんな人たちなのか。 結論から言うと、それはプロレスラーである。…

金網の鬼からマイクの鬼へ

5月24日は、2010年(平成22年)に没したラッシャー木村の命日だった。 木村は大相撲(宮城野部屋)で幕下まで昇進したものの、その後はプロレスに転向し、日本プロレス、東京プロレス、国際プロレス、新日本プロレス、第一次UWF、全日本プロレス…

十三

プロレス黄金期と言われた1980年代。 大阪における新日本プロレスの常宿は日本人組が「ホテル南海(注:現在のスイスホテル南海とは違う)」、外人組は「ホテルプラザ」だった。 当時はまだ日本人×外人の対決が主流で、ホテルはもちろん移動バスも日本人…

伝説の田コロ決戦

1981年9月23日、今はなき東京・田園コロシアム。 この日、新日本プロレスによる興行が行われ、まさしく伝説が生まれた。 最大の伝説は、セミファイナルのスタン・ハンセン×アンドレ・ザ・ジャイアント。 最強外国人同士の激突によるド迫力に、ファン…

ナンバー2のチャンピオン

スポーツ界にはよく「三冠王」というのがある。 有名なのが野球の三冠王だ。 どんなタイトルでも三つ獲ればいいというのではなく、本塁打王、打点王、首位打者を独占した選手が三冠王と呼ばれる。 「オレは盗塁王、新人王、最高出塁率の三冠王だ!」などと息…

悲運のラガーマン

昨秋のドラフト会議から今年の春季キャンプにかけて話題をさらったプロ野球選手と言えば、ドラフト7位で北海道日本ハム・ファイターズに入団した大嶋匠捕手だろう。 なぜたかがドラフト7位の無名選手が注目されたかと言えば、大嶋には硬式野球経験がなく、…

巨人とNWA王者

前回は巨人の黄金期について触れてみたが、今回はもう少し深く掘り下げてみたい。 昭和40年代(1965〜74年)の10年間、巨人が日本一を経験しなかったのはたった1回しかない。 即ち、日本シリーズ9連覇という空前絶後のオバケ記録を達成した時代…

ラグビーvsアメリカンフットボール

異種格闘球技戦? いえいえ、スタン・ハンセンの全日本プロレスでのデビュー戦のことです。 全日デビューと言っても、それより7年前にハンセンは全日マットに登場していましたが、当時は無名のグリーンボーイだったため、有名になってからのデビュー戦とい…

カミカゼ・ミサワ〜その3〜

二代目タイガーマスクから素顔に戻った三沢光晴だったが、スターへの道が約束されていたわけではなかった。 全日本プロレスのレスラーたちが次々とSWSに移籍し、全日本のエースと言われたジャンボ鶴田以外は実績のない若手か、とてもメインを張れるような…

カミカゼ・ミサワ〜その2〜

1984年8月26日、田園コロシアムで二代目タイガーマスクが登場した。 田園コロシアムと言えば、空中殺法を日本に"輸入"したメキシカンレスラー、ミル・マスカラスが活躍し、夏の風物詩と言われた屋外会場である。 デビュー戦の相手は、やはりメキシカ…

カミカゼ・ミサワ〜その1〜

6月13日夜、0時前に関東遠征から自宅に戻った僕は、関東遠征のことをどんなふうにまとめようか、などと考えながらパソコンの電源を入れた。 しかし、僕の目に飛び込んできたのは、関東遠征が吹っ飛ぶような衝撃的なネットニュースだった。 「三沢光晴さ…

最強の称号・チャンピオンベルト物語〜その5

UNヘビー級選手権(United National) 日本プロレス時代、アントニオ猪木はジャイアント馬場に次ぐナンバー2的存在だった。 その猪木が1971年、米ロサンゼルスでジョン・トロスに勝ってNWAが管理・認定するUNヘビー級チャンピオンになった。 「…

プロレス界を変えた男

朝青龍の復活で近年稀に見る大盛況の大相撲初場所だが、昨日のNHK大相撲中継には元横綱・輪島大士と、好角家で知られるデーモン小暮閣下がゲストだったようで、大きな話題を集めた。 残念ながら観ることはできなかったが、デーモン閣下の相撲通ぶりは相当…

最強の称号・チャンピオンベルト物語〜その4

インターナショナル・ヘビー級選手権 1958年、アメリカ合衆国のカリフォルニア州・ロサンゼルス市のオリンピック・オーデトリアムで力道山が「20世紀最強の鉄人」と謳われたルー・テーズを2−1で破った。 力道山は世界最高峰と言われたNWA世界ヘビ…

プロレス中継

先日、日本テレビがプロレス中継「プロレスリング・ノア」を来年の3月で打ち切ると発表した。 日テレのプロレス中継と言えば、力道山時代から担当してきた老舗中の老舗である。 当時は三菱電機という大スポンサーがバックに付き、高視聴率を稼いで日本中を…

最強の称号・チャンピオンベルト物語〜その3

WWF世界ヘビー級選手権(World Wrestling Federation) 現在、全米はおろか世界最大のプロレス団体と言えばWWE(World Wrestling Entertainment)であることに異論を差し挟む者はいまい。 そのWWEも、1960〜70年代は、当時世界最大のプロレス…

最強の称号・チャンピオンベルト物語〜その2

AWA世界ヘビー級選手権(American Wrestling Association) 全米最大のプロレス組織であるNWAから、アマチュア・レスリングの実績充分であるバーン・ガニアをエースに仕立てて独立、ミネアポリスに本部を置くAWAが発足した。 ほぼ全米を傘下に収め…

最強の称号・チャンピオンベルト物語〜その1

NWA世界ヘビー級選手権(National Wrestling Alliance) 現在のプロレス界には「世界王座」と胸を張って呼べるタイトルは皆無と言っていいが、かつてはそうではなかった。 特に戦後の1940年代後半から80年代にかけて「世界で最も権威のある王座」の…

最強のBBMカード

先週号と先々週号、週刊ベースボールのボールパーク共和国で二週連続、優秀国民に選ばれた。 その賞品としてBBMカード(ベースボール・マガジン社が発行するプロ野球選手カード)が今日、2枚いっぺんに送られてきたが、その内の1枚を見て驚いた。 なん…

プロレス検定2・解答編

第1問アブドーラ・ザ・ブッチャーがプロモーターの目の前で酒の入った瓶に地獄突きを突き刺したとき、プロモーターはどんなうめき声をあげた?A.ウヌー……。B.ヒック、ヒック。C.ガツガツ。正解はBその酒を呑んだわけではないのに、なぜかプロモータ…

プロレス検定2

先日、ここでプロレス検定を行った。 http://d.hatena.ne.jp/aigawa2007/20080218/1203373253 そこでMAX大佐から第二弾をしてほしいという要望があったので、第二回プロレス検定を行う。 今回のテーマは「セリフ、うめき声、叫び声」(要望はちょっと違う…

プロレス検定・解答編

それでは先日行ったプロレス検定の解答を発表する。 第1問 アブドーラ・ザ・ブッチャーはどうやって空手を覚えたのでしょう。 A.子供の頃は柔道を習っていたが、中学を卒業する頃、空手を習い始めた。 B.マス大山との運命的な出会いがあった。 C.リン…

プロレス検定

先日、ラグビー専門のSNSにプロレスコミュを立ち上げたところ、なんと人気ナンバー1コミュになってしまった。 そこで我が国では、プロレス検定試験を行う。 このプロレス検定は、我が国の国家公務員試験と言っても過言ではない。 だが、プロレスには謎も…

負けて最強を示した男

今日、ビデオを整理していると、故・ジャンボ鶴田の追悼番組が出てきた。 ジャンボ鶴田といえば、現在でも日本が生んだ最強のレスラーという呼び声が高い。 日本プロレス界は、力道山が設立した日本プロレスで産声を上げた。 力道山の死後は、力道山の弟子で…

不沈艦

先日、花園オフのメンバーの方から、スポーツ総合誌「ナンバー」を数冊戴いた。 僕が野球好きだということで、かなり昔の「ナンバー」から野球特集号を選んで、わざわざ宅急便で送っていただいた。 どのくらい昔かといえば、一番古いもので今から25年前、…

日本最強

1995年10月9日、東京ドームで新日本プロレスとUWFインターナショナルとの全面対抗戦が行われた。 この日、新日のファンが「世界最強、新日本プロレス」というのぼりを立てていた。 世界最強、というのはいささか行き過ぎた表現かもしれないが、既…