カウンター

ネターランド王国

国王:ハードフォーク安威川トークン

ネターランド王国憲法

第1条 本国の国名を「ネターランド王国(英名:Kingdom of the Neterlands)」と言う。
第2条 本国の国王は「禁句゛(=きんぐ)、戒名:ハードフォーク安威川トークン」とする。
第3条 本国は国王が行政・立法・司法の三権を司る、絶対王制国家である。
第4条 本国の公用語は日本語とする。それ以外の言語は国王が理解できないため使用禁止。
第5条 本国唯一の立法機関は「日記」なる国会で、国王が一方的に発言する。
第6条 本国の国民は国会での「コメント」で発言することができる。
第7条 「コメント」で、国王に不利益な発言をすると言論弾圧を行うこともある。
第8条 「コメント」で誹謗・中傷などがあった場合は、国王の独断で強制国外退去に踏み切る場合がある。
第9条 本国の国歌は「ネタおろし」とする(歌詞はid:aigawa2007の「ユーザー名」に記載)。
第10条 本国と国交のある国は「貿易国」に登録される。
第11条 その他、上記以外のややこしいことが起きれば、国王が独断で決めることができる。

プロレス

警察と不思議な縁で結ばれていた力道山

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

年末に聴きたい『オリンピア』。暮れの祭典!世界最強タッグ決定リーグ戦

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

日本のプロレス界はハードフォークの連続

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

ビデオ判定されるプロレス

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

仮想通貨はプロレスだ!

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

恐怖の足4の字固め!「白覆面の魔王」ザ・デストロイヤー

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

馬場と猪木、三途の川で対決

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

アントニオ猪木の生前葬

週刊ファイトでのオフレコ対談です。 途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分…

ノストラダムスはターザン山本だった!?

週刊ファイトにコラムを書きました。途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。 登録しないと、最後のオチが読めません(^^; もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は…

紳士的な大ヒール、タイガー・ジェット・シン

週刊ファイトにコラムを書きました。 途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。 もし登録していただけるのなら、僕にご一報ください。僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円…

大仁田、今度こそホントに引退!?

週刊ファイトにコラムを書きました。 途中までは無料で読めますが、有料記事のため最後まで読むには会員登録が必要です。 登録すれば、僕にご一報ください。 僕からの紹介だと、年間登録の場合は特典があります(月間登録は不可)。約千円分の電子書籍を無料…

週刊ファイト

このたび国王は、プロレス・格闘技専門サイトの「週刊ファイト」でコラムを書くことになった。 「週刊ファイト」とは2006年に休刊となったプロレス専門新聞だが、2015年にWEB版となって復活したのだ。 国王にとって第1回コラムとなったのが、先…

馬場さんはファンの接し方でもジャイアント!

1999年、61歳でこの世を去ったプロレスラーのジャイアント馬場さん。 ネタランでは敬称略が基本だが、この記事の馬場さんに関しては敢えて「さん」付けにさせてもらう。 馬場さんは日本人として初めて、世界最高峰と謳われたNWA世界ヘビー級王座を…

東京都知事選挙とモハメド・アリ

今年(2016年)6月21日、東京都知事だった舛添要一氏が辞任した。 次の東京都知事選挙は7月31日に行われる予定だが、立候補者が誰になるか注目されている。 舛添氏が辞任した理由は政治資金流用問題が泥沼化したからだが、日本中でその問題が騒が…

シュマーク

今、プロレスがブームを迎えているらしい。 特に新日本プロレスが好調で、21世紀初頭から続く暗黒時代から脱し、会場は満員の盛況のようだ(冒頭の写真は新日本プロレスではなく、今年7月のドラゴン・ゲート神戸大会)。 スポーツ総合誌「Number」では1…

ナショナリズム

イングランドで行われているラグビー・ワールドカップで、日本代表は優勝候補の南アフリカ(スプリングボクス)を34-32で破り、世界を驚愕させた。 なにしろ日本代表はこれまで、ワールドカップで1勝21敗2分という惨憺たる成績だったからである。 …

プロレス⇒アマレス!?

「プロレスとはプロのレスリングではない」 かつて、作家の村松友視は自著「私、プロレスの味方です(角川文庫)」でそう書いていた。 プロレスとは「プロレス」としか呼びようのないジャンルの鬼っ子であり、喧嘩にルールを作る過程でプロレスが発生した、…

DRAGON GATE@Kobe

ネタランでは何度もプロレスに関する記事を書いているが、僕は決してプロレスに詳しい方ではない。 というか、僕にとってのプロレスとは「昭和プロレス」であり、「平成プロレス」に関してはほとんどわからないのだ。 いや、全日四天王(三沢光晴、川田利明…

毎日新聞と朝日新聞のプロレス報道

2011年(平成23年)に発行された「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか(増田俊也:著、新潮社)」をお読みになった方も多いだろう。 言うまでもなく、1954年(昭和29年)12月22日に東京・蔵前国技館(現在は取り壊され、両国国技館に移…

ラガーマンからヒットマンへ④(望郷編)

<前回からのつづき> 元号が平成に変わった1989年6月5日。 日本武道館では三冠(インターナショナル、PWF、UN)ヘビー級選手権、チャンピオンのジャンボ鶴田と、挑戦者の天龍源一郎とのタイトル・マッチが行われていた。 鶴田は必殺技のバックド…

ラガーマンからヒットマンへ③(龍原砲編)

<前回からのつづき> 全日本プロレスから長州力らジャパン・プロレスの主力選手ほとんどが離脱し、全日本プロレスは外敵を失った状態になった。 このままでは緊迫感のないマットになってしまう、と危惧した阿修羅・原(本名:原進)と天龍源一郎がタッグを…

ラガーマンからヒットマンへ②(国際プロレス~全日本プロレス編)

<前回からのつづき> ラグビー界から引退した1年後の1977年11月29日、原進は国際プロレスに入団した。 当時のプロレス界は、国際プロレスの他にジャイアント馬場率いる全日本プロレスと、アントニオ猪木が発足させた新日本プロレスがしのぎを削る…

ラガーマンからヒットマンへ①(ラグビー編)

今年4月28日、阿修羅・原が68歳で亡くなった。 本名・原進(はら・すすむ)。 戦後まもない1947年1月8日、長崎県生まれ。 阿修羅のごとく生き抜いた男の、波乱に満ちた人生だった。 プロレスラーとして有名な原だが、元々はラグビー選手。 と言っ…

東洋の神秘

「”東洋の神秘”ザ・グレート・カブキ自伝(ザ・グレート・カブキ:著、辰巳出版)」という本が上梓された。 ザ・グレート・カブキと言えば、1980年代に大ブームを巻き起こしたレスラーである。 当然のことながら、不朽の名作プロレス漫画「プロレススー…

鶴龍コンビから鶴龍対決へ

日本マット界史上最高の名勝負だった鶴龍対決↓http://menzine.jp/trivia/tenryu0623/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

馬場vs猪木、エンドレス・ウォーの始まり

馬場×猪木、生涯の対戦成績は?↓http://menzine.jp/trivia/puroresu0604/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

プロレススーパースター列伝

伝説のプロレス漫画↓ http://menzine.jp/trivia/puroresuretsuden0402/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

全日本プロレスにハンセンが乱入

馬場と猪木の確執が生んだ大事件↓ http://menzine.jp/trivia/hansenrannyu0404/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

珍名力士さん、いらっしゃ~い

珍名力士さん、いらっしゃ~い↓http://menzine.jp/lifestyle/puroresusumoutinmei9539/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。

女子プロレス最大の功労者

阿部四郎こそ裁判員制度にふさわしい↓http://menzine.jp/lifestyle/kurassyugyaruzusasae1659/ ※記事のコピペや引用等はご遠慮ください。